7991件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大牟田市議会 2060-09-10 09月10日-04号

平成30年度は、福岡県と筑後地域12市町で構成する筑後田園都市推進評議会観光部会において、台湾のインフルエンサーを招聘し、フェイスブックにおいて日本刀の試し切りなどを発信いたしました。 また、福岡県が発行した香港向け福岡県ガイドブック「福岡制覇攻略」への大牟田情報の掲載、佐賀県による台湾メディア関係者招聘事業への対応等を行い、大牟田情報を発信いたしました。 

北九州市議会 2030-12-11 12月11日-04号

そのような状況の中で、それでも今、北九州市が、また日本国の市町村が抱えている問題、これは非常に深刻な問題でございまして、世界3大投資家の一人、ジム・ロジャースは、30年後には日本はなくなるのではないかと、このような意見も述べております。

岡垣町議会 2025-12-10 12月10日-03号

難聴者補聴器所有率は、日本海外を比べてみると、難聴者率に大差がないにもかかわらず、日本は、14.4%、欧米は、30%から50%弱と大きく水をあけられています。欧米諸国の多くで、補聴器の交付に行政が支援し、医師に相談した時点で、国家資格を持つ補聴器と聴覚の専門家耳鼻科医と連携し、補聴器使用の調整などに当たっています。日本には、民間の認定補聴器技能者制度はあるものの国家資格制度はありません。 

北九州市議会 2025-09-13 09月13日-05号

その間、在日歴が長くても日本語をうまく話せない人が目立ち、更に、日本で生まれながら日本語母国語も十分に話せない外国人が成長し、今やその方々が子供を持つようになってきました。 外国人には、そもそも義務教育は適用されず、ましてや高校進学率が98%に達する現在の日本社会にあって、言語や経済的な理由を背景に外国人子供進学率は著しく低くなっております。

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

また、来年2020年は東京パラリンピックオリンピックが開催され、日本全国多くの外国人であふれることでしょう。本町におきましても、中学生の海外ホームステイ事業オリンピック事前強化合宿、留学生との交流事業など、国際化を身近に感じる今日であります。平成29年度には豊前市が、今年度は上毛町がパスポートの発給窓口を設置しました。

みやこ町議会 2024-05-20 06月10日-01号

令和の新時代においても、町民の皆様にみやこ町に住んでいてよかったと思われるように、心新たに、日本一元気なまちづくりに努めてまいりたいと考えています。 改めまして、議員各位の御理解、御協力をお願い申し上げます。 それでは、3月定例会以降の行政運営について、主なものを御報告させていただきます。 まず、ふるさと納税についてです。 

北九州市議会 2023-10-02 10月02日-07号

◆43番(田中光明君) 日本共産党田中です。提出会派を代表して、議員提出議案第30号から第34号について、一括して提案理由の説明を行います。 まず、第30号、選択的夫婦別姓制度導入を求める意見書です。 1996年2月26日に法制審議会選択的夫婦別姓制度導入に関する民法改正を答申して23年が経過しましたが、いまだ改正の見通しは立っておりません。

行橋市議会 2023-09-10 09月10日-03号

◆3番(田中次子君)  日本共産党田中次子です。德永克子議員と分担し、発言通告に従いまして、一般質問を行います。 まず、1件目、子ども医療費助成についてです。現在、全国すべての自治体が実施をしている子ども医療費助成制度の拡充が、年々進んでいます。厚生労働省の2018年度調査では、高校卒業まで助成をしている市区町村は、通院と入院ともに全体の3割を突破しています。

北九州市議会 2023-06-10 06月10日-04号

日本共産党代表、46番 石田議員。 ◆46番(石田康高君) 私は、日本共産党市議団を代表して市長質問をいたします。 最初に、市民に多大な影響をもたらす国政問題への対応について尋ねます。 第1に、消費税10%増税による暮らしと地域経済への影響について尋ねます。 2014年の消費税8%増税により、家計消費世帯当たり年25万円、実質賃金年平均10万円も落ち込みました。

大牟田市議会 2022-12-19 12月19日-03号

そして、日本においても、皆さんも御存じかというふうに思いますが、食品ロス削減推進法というのがことしの10月に施行されました。 この趣旨は、世界には、飢餓など栄養不足の状態にある人々が多数いる中、日本は食料の多くを輸入に頼りながらも、まだ食べられる食品を大量に廃棄をしているとして、食品ロス削減は真剣に取り組むべき課題という認識で、国で今度、推進法が図られたわけでございます。 

北九州市議会 2022-09-27 09月27日-06号

今後は、古城山の景観整備ノーフォーク広場等のライトアップ、観潮遊歩道延伸等に取り組み、両地区を一体とした観光拠点化及び関門連携を強化し、日本を代表する観光地を目指したい等の答弁がありました。 なお、委員から、スペースワールド跡地にアウトレットができれば、地元の百貨店等店舗にも少なからず影響があるため、小売店舗とともに大規模商業施設への対策も検討されたい。 

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

しかし、元号が変わっても災害は毎年のように日本のどこかで起きております。その災害も巨大化する一方で、我が小郡市でも2年連続で大雨による甚大な災害を受けました。来年は東京オリンピックパラリンピックが開催されます。災害がないことを祈るばかりでございます。 そこで、私の今回の質問は、安全なまち小郡、安心なまち小郡災害に強いまち小郡になるためには大切なことと考え、質問をさせていただきます。 

行橋市議会 2021-12-11 12月11日-04号

ことしはスーパー台風と呼ばれる台風19号をはじめ、多くの台風日本列島に多大な被害をもたらしました。一般的には台風日本付近に来て、上陸前には衰弱するというタイプが多かったのですが、最近は衰弱しないままで日本付近に来たり、逆に強まるものまで出てきました。この原因は地球温暖化によるもので、本格的に地球温暖化対策に取り組む必要が生じています。 

岡垣町議会 2021-09-09 09月09日-02号

一年間に出るごみの量は、平成26年度を見てみますと日本全国で4,432万トンであり、1人が1日に出すごみの量は、平均約1キログラムとも言われています。 このうち、家庭ごみ集団回収ごみが約0.7キログラム、お店や事務所のごみが約0.3キログラムとなっています。日本全国ごみの量はふえ続けていましたが、平成12年度を境に減少傾向になりました。