9942件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-27 令和元年 9月定例会 (第7日 9月27日)

5点目、外壁改修設計委託に関して、例年、学校施設にかかわる維持補修工事の補正予算が年度途中に上がってくるという感がございますが、プールの問題同様に学校施設の維持管理の工事は計画的に行っていくべきであると考えております。今回の工事学校施設長寿命化計画に沿ったものなのか教えていただければと思います。

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

ちなみに、平成30年度当初予算で上がっていた2款1項6目13節委託料の内容は、いこいの村蒸気機関車補修管理委託料の20万9,000円、看板作成委託料6万円、ふるさと納税業務委託料6,404万円、グローバル人材育成事業委託料155万9,000円、複合施設整備基本構想策定委託料1,500万円、公共施設長寿命化計画策定業務委託料500万円の計8,586万8,000円でした。  

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

また、居住地の直方市よりも魅力的な点について聞いておりますけども、「公共交通の利便性」と回答した方の割合が約39%、「買い物する場所」が約36%、「飲食店」が約23%、「医療施設」が約21%、「受験できる公立学校の数、レベル」が約19%、「小中学校教育環境」が約17%で、「自然環境」が約16%になっておりまして、「住宅の購入費や家賃の補助制度」と回答された方は、こちらも約4%にとどまっております。

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

それでは、具体的に、これまで本市のどんな公共施設に、いつごろ、どのような調査方法で実施をしてきたのか、お尋ねしたいと思います。 ○総合政策部長(大場 亨)  公共施設の所管が多岐にわたりますので、私のほうから回答させていただきます。最初の調査は昭和63年に公共施設全体を調査しております。当時の規制値は5%超でありました。

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

教育長(山本栄司)  渡辺議員おっしゃられますように、少子高齢化により地域公民館等の施設から子供たちの声が小さくなりまして、高齢者の声が響くようになるなど、社会生活や地域活動というものが大きくさま変わりをしていることは私も同感をしておるところでございます。この傾向は、今後ますます強まっていくと考えております。  

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

本市の公の施設につきましては、道路公園学校文化施設スポーツ施設など、さまざまな施設ございますが、その管理につきましては、平成15年の指定管理者制度創設以降、産業振興施設スポーツ施設文化施設公園及び保育園におきまして指定管理者制度を活用しております。市民サービスの向上と効率的な管理運営に努めているところでございます。  

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

3点目は、地域保育事業者は連携施設を確保しなければならないとされておりますが、連携施設の確保が難しい状況に鑑みて経過措置を5年から10年に延長することとする基準省令が示されたこと。また、連携施設の確保が著しく困難と認める場合であって、連携協力を行う者を確保し、それぞれ役割分担、責任の所在が明確化されていること。

春日市議会 2019-07-16 令和元年広報広聴委員会 本文 2019-07-16

訴えの提起のところで、「若葉台東共同利用施設の隣接地を市が」のところを、「隣接地の所有権取得」ということのほうがよりわかりやすいのではないでしょうかということです。  それから、その説明文に関して、「市が」ということを冒頭に入れて、「春日市若葉台東共同利用施設の用地の一部として管理し」ということを書き始めたらいいと思います。  続けてよろしいでしょうか。

直方市議会 2019-07-11 令和元年 6月定例会 (第6日 7月11日)

の一部を改正する条例について  第11 議案第50号 直方市体育施設条例の一部を改正する条例について  第12 議案第51号 直方市男女共同参画センター条例の一部を改正する条例について  第13 議案第52号 直方市竜王峡キャンプ施設条例の一部を改正する条例について  第14 議案第53号 直方市都市公園条例の一部を改正する条例について  第15 議案第54号 直方市手数料条例の一部を改正する条例

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

その後に一部改正を繰り返しながら現在まで来ておりますので、統一された考え方での作成がなされていないのではないか、そのために現状となっておると考えておりますけれども、各条例を俯瞰いたしますと、主に公共施設使用料、これに関する条例につきまして内税表記が採用されているように思われます。  施設利用の場合、特に今回の議案書で申しますと28ページから30ページ、ここに体育施設使用料が書いてあります。

筑紫野市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第5日) 名簿 2019-07-04

             の制定について   日程第3 議案第28号 筑紫野市税条例の一部を改正する条例の制定について   日程第4 議案第29号 財産(物品)の取得について   日程第5 議案第30号 市道路線の認定について   日程第6 議案第31号 字の区域の変更について   日程第7 議案第32号 筑紫野市森林環境譲与税基金条例の制定について   日程第8 議案第33号 筑紫野市農業集落排水処理施設

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

その上で、保護者には副食費免除通知を行いまして、保育所等の施設には免除対象者の一覧をお渡しするという予定にいたしております。その上で、各施設保護者から徴収するとなったわけですが、主食費は全児童保護者から、また副食費は免除対象者以外の児童保護者から徴収ということになります。各施設と今後調整を進めたいと考えております。以上でございます。

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

さまざまな自治体において施設供用開始当初は、イベント実施等ある一定の注目を集めるものの、その後の利用促進がなかなかに図れず、施設計画時の目的が果たせなかったという事例も多数ございます。こういった状況になれば、施設の維持管理が困難になるだけではなく、経済波及効果等も当然に期待できない状況となってしまいます。  

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

太宰府市に宿泊施設が少ないなら、筑紫野市の二日市温泉と連携すればいい」、この意見にまさに同感しており、全国から観光客や宿泊者を誘致したいと願っております。  新たな観光客や宿泊者を二日市温泉に取り込むためには、温泉施設、宿泊施設の古きよき雰囲気は残しつつ、より満足度を高める環境づくりや温泉街全体の魅力をより強くアピールする必要があると考えております。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 名簿 2019-07-01

にもつながることから検討してはどうか         │ │  │      │2.観光振興に向けた施策の推進について             │ │  │      │ (1)観光客の増加に向けた取り組みとして、観光協会との連携強化に │ │  │      │  ついてどのように考えているのか               │ │  │      │ (2)宿泊者の取り込みを狙い、二日市温泉温泉施設

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

そこで、市の土地であれば、行政財産であれば、ほとんどがその施設に対して保険が掛けてあると思います。その保険からせめて治療費ぐらいは出していただけると、保険で、というようになってると思いますが、この辺につきましてはどうなっているでしょうか。よろしくお願いします。 ○産業建設部長(増山智美)  保険の関係でございますが、市の施設でありませんので市では保険を掛けておりません。以上です。

田川市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第3日 6月28日)

田川市は平成28年の2月に、九州旅客鉄道株式会社から、田川伊田駅舎の施設を購入いたしました。本市は施設の最も有効な活用計画を民間事業者から企画提案を募ることとし、平成28年11月にプレゼンテーションによる選考会を実施をいたしました。その選考会で選定された企画提案に基づきまして設立されたのが、本施設の運営権者である株式会社デザインステーションでございます。