17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野城市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-03-14

では、小学校といいますと、昨年、2017年3月10日、衆議院文部科学委員の中で、小学校入学前の支給を自治体独自の判断で実施する場合、国庫補助の対象になっていないことは理不尽であると指摘、これに対し答弁に立った文部科学省副大臣は、補助金の交付要綱を改正することにより、国の補助対象とすることを事務方で現在検討、速やかに行いたいと明言されました。

遠賀町議会 2017-06-13 平成29年第 5回定例会−06月13日-04号

2014年の参議院文部科学委員においても、当時の文科省次官が、親孝行や夫婦仲よく、兄弟仲よくなど、今日でも通用するような内容も含まれており、これらの点も着目して、学校で活用することは考えられる、と答弁されております。現在でも、先ほど教育長言われましたとおり、歴史的事実として教育勅語について教えるケースなどが想定されているということです。  

福岡市議会 2016-06-22 平成28年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2016-06-22

このような実態を踏まえ、平成27年6月には衆議院文部科学委員及び参議院文教科学委員会において、教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する決議が全会一致で可決されました。  一人一人の児童生徒へのきめ細やかで丁寧な対応や学びの質を高めるための教育環境を実現するためには、計画的に教職員定数を改善し、少人数学級の推進を図らなければなりません。  

福岡市議会 2016-06-22 平成28年第3回定例会(第5日)  資料 開催日:2016-06-22

このような実態を踏まえ,平成27年6月には衆議院文部科学委員及び参議院文教科学委員会において,教育現場 の実態に即した教職員定数の充実に関する決議が全会一致で可決されました。  一人一人の児童生徒へのきめ細やかで丁寧な対応や学びの質を高めるための教育環境を実現するためには,計画的 に教職員定数を改善し,少人数学級の推進を図らなければなりません。  

みやこ町議会 2016-03-23 平成 28年 第2回定例会( 3月)-03月23日−06号

新たな手引きも地域事情に応じて対応するように周知したいと政府も衆院文部科学委員で表明をしております。また、財務省は、全国の学校を標準規模に統合した場合、約390億円の削減となると言っております。みやこ町にとって、学校への経費削減対策のみになっていないか危惧するところでございます。  

みやこ町議会 2016-03-22 平成 28年 第2回定例会( 3月)-03月22日−05号

また、衆議院文部科学委員においても、この問題について同じように述べています。各地域のコミュニティーの核としての性格を有することを踏まえ、市町村教育委員会義務教育学校の設置に伴い、安易に学校統廃合を行わないよう留意すること。これは、衆参同様でございます。この地域にとっての学校が本当にどのようなものか、ぜひ、認識をしていただきたいと思います。  一旦、教育行政についてはここで終わります。  

福岡市議会 2015-06-30 平成27年第3回定例会(第5日)  資料 開催日:2015-06-30

このような実態を踏まえ,本年6月には衆参両院の文部科学委員 において,「教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する決議案」が与野党全会一致で採択されました。  文部科学省平成22年に実施した「今後の学級編制及び教職員定数の在り方に関する国民からの意見募集」におい ても,保護者の約8割が学級規模は30人以下が望ましいと答えています。

福岡市議会 2015-06-30 平成27年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2015-06-30

このような実態を踏まえ、本年6月には衆参両院の文部科学委員において、「教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する決議案」が与野党全会一致で採択されました。  文部科学省平成22年に実施した「今後の学級編制及び教職員定数の在り方に関する国民からの意見募集」においても、保護者の約8割が学級規模は30人以下が望ましいと答えています。

福岡市議会 2014-12-17 平成26年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2014-12-17

また、衆議院文部科学委員の中で、下村文科大臣は、少なくとも各都道府県に一つぐらいは設置することを考える必要があると答弁しています。さらに、本年8月に閣議決定された子どもの貧困対策に関する大綱でも、義務教育修了者の学齢超過者等の就学機会の確保に重要な役割を果たしている夜間中学校について、その設置を促進するとしています。

川崎町議会 2014-12-10 平成26年度第8回定例会(第3日) 本文 開催日:2014年12月10日

教育長松本 安正君) これは、4月16日の衆議院文部科学委員での議事録なんですが、首長教育長の関係ということで質問があっております。  首長教育長との関係ということで、これは決して部下でなく、任命は首長議会同意を持って任命するけれども、任命された以上は、それは決して部下でないということで、改めましてそういう認識でよろしいんでしょうかという質問に対しまして。

北九州市議会 2011-09-08 平成23年 9月 定例会(第3回)-09月08日−02号

ことし3月25日の衆議院文部科学委員では、小学校1年生に限って35人以下学級とする義務教育標準法改正案の参考人質疑が行われ、放送大学教授小川正人参考人は、教員の業務が増大していることからも、少人数学級学力向上のみでなく、欠席する児童生徒の減少など生徒指導面でも効果があり、学級編制の引き下げは重要な課題と指摘しました。

筑紫野市議会 2011-06-23 平成23年第3回定例会(第4日) 本文 2011-06-23

今回の法改正に当たって、衆議院文部科学委員での参考人質疑では、小川正人放送大学教授は、少人数学級学力向上のみではなく、欠席する児童生徒の減少など、生徒指導面でも効果があると指摘しています。そして、教員の業務が増大していることからも、学級編制の引き下げは重要な課題と述べられています。  

北九州市議会 2007-03-07 平成19年 3月 定例会(第1回)-03月07日−02号

なお、教育につきましては、私も1年前は国会文部科学委員のメンバーでございまして、その中の最後の質問は、なぜフィンランドという小さな国で今学力が世界で一番高い国だと言われておりますけれども、フィンランド学習がなぜ成功したと思うかと、文部科学省の分析を求めたところ、一つは少人数学級、一つは教員の先生方のゆとり、そして、図書館だと言われました。

古賀市議会 2004-03-26 2004-03-26 平成16年第1回定例会(第5日) 本文

補足説明として、過去の文部大臣の経験者連名で総理大臣あてに制度の堅持等の申し入れ、衆参両議院文部科学委員附帯決議の提出、自由民主党公明党決議文、自治体教育関係団体連名による緊急要請文などの説明を受けております。また、制度廃止後に税源移譲された場合、全国の10都府県では多くなるが、他の県では軒並み減少し、財源不足が生じるとの説明でした。  

  • 1