1443件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

次に、通級学級において、発達に関する困難さを抱えた児童生徒を支援する体制でございますが、その子供に合った個別の教育支援計画を作成し、どのような支援が必要か、どの関係機関と連携が必要かなど組織的支援体制の確認を行い、教育活動を行っております。失礼いたしました。これは通常学級でございます。通常学級では、個別の計画に沿って教育活動を行っております。  

田川市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第3日 6月28日)

教育長(吉栁 啓二 君)  総務文教委員会等でも御説明しましたが、運動場の山の部分の拡張工事が確かに残るんですが、十分、今、安全面さえきちっとした手だてをとれば、日常の運動会等、また体育授業等に差しさわりのあるようなことはありませんので、そういった工事のきちっとした対応さえすれば、日常の教育活動に差しさわりがないということで説明したかと思いますが、そのように考えております。  

春日市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1日) 本文 2019-06-13

また、子どもたちに対しては、人権・同和問題に焦点を当てた社会科や道徳授業を初めとする全ての教育活動を通して、人権感覚や豊かな道徳性の育成に努めてまいります。  今後とも、さまざまな人権問題を解決するため、市民協働し、差別のない心豊かな社会の実現に向けた「人権を尊ぶまちづくり」を推進してまいります。  次に、「男女共同参画社会の実現」についてであります。  

行橋市議会 2019-06-12 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月12日−04号

そのため、社会情勢やニーズをしっかり把握し、各学校の自主的な教育活動を支援し、学校間や学校地域間の連携の橋渡し役であることや、教員意欲を高めていくことが教育委員会の役割であると考えます。  また、今後の教員委員会の在り方ですが、これからさらに少子高齢化グローバル化が進む社会の中で、その社会の要請に応えるべく様々な教育施策を進めていくことが肝要であると考えています。以上でございます。

宗像市議会 2019-06-04 宗像市:令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月04日

◯瀧口教育子ども部長  議員おっしゃるように、学校教育と現在のさまざま御紹介いただいた事業との関係性についてちょっと触れさせていただきますけれども、学校教育においては義務教育でございまして、各学校においてALTを配置したり、さまざまな教育活動を進めておりますけれども、俗に言う社会教育であるグローバルの事業につきましては、みずからで選んでいく自発性が求められる事業でもあると思っています。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

また平成25年度から、神戸市民   の安全・安心を促進するための効果的な啓発や教育プログラムの研究、開発を   支援し、その成果を将来の地域での啓発、教育活動に生かすことを目的とした   「神戸発防災減災プログラム事業」を実施している。これらの取り組み事例   として、神戸学院大学防災社会貢献ユニットの「防災女子」や「117K   OBEぼうさい委員会」がある。    

宮若市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月04日

上から3行目あたりから、教育活動に関して教職員指導力の向上とか、その次の次に民間活力を活用したアフタースクールと、それから、その下の下に、全小中学校学力向上強化指導員を配置します。いろいろ書いてありますけれども、この中で真ん中の民間活力も活用したアフタースクールですか、ここら辺をもう少ししっかり示していただきたいと思います。  

宗像市議会 2019-03-01 宗像市:平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年03月01日

教育活動は成果としてなかなか見える化ができにくいと思っております。そこで改めて第II期の取り組みにおける成果と課題をお伺いいたします。  (2)小中一貫教育を進めるに当たりまして、各学園内の連携はもとより地域家庭をつなぐ役割としても学園コーディネーターの任務が重要と考えますが、その成果と課題はいかがでしょうか。  

田川市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2日 2月28日)

ことし、アンケートを校長たちにその結果を聞きますと、それぞれ学校内の教育課程を焦点化したり、行事の焦点化、それからPTAや地域の活動の縮減、それからいろんな教育活動にPTAや大学、高校の力をかりる等、また丸つけをPTAの応援団に頼む等、また個別の語り込みとか、いろいろな工夫を各校長がしてくれています。

久留米市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日 2月27日)

また、国際理解教育道徳教育など、さまざまな教育活動を通して、全ての児童生徒が、国際社会の一員としての自覚を持ち、共生の意識態度を育むことができるよう指導をしています。  市教育委員会といたしましては、こうした取り組みを丁寧に進め、児童生徒が国籍を問わず、将来の社会で活躍できるよう取り組んでいきたいと考えております。  続きまして、6項目め、道徳教育についての御質問にお答えをいたします。  

直方市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会 (第4日 2月27日)

また、全国学力・学習状況調査及び福岡県学力調査により測定できるのは、学力の特定の一部分であることや学校における教育活動の一側面であることを踏まえていることを初めに申しておきます。  この全国学力・学習状況調査の結果から振り返る直方市の教育について、まず、福岡県内における直方市の全国学力・学習状況調査結果の推移をお尋ねします。  次回からは自席で質問させていただきます。

古賀市議会 2019-01-24 2019-01-24 平成30年第4回定例会(第4日) 本文

また、学校教育においては、一人一人へのきめ細やかな教育活動を堅持するため、原則、全小中学校の35人以下学級や多様な人的配置を継続し、地域においては、通学合宿などを通して、地域が一体となって子どもを育てる環境の整備が必要であると考えております。  3点目についてお答えします。誰もが生きやすく自己実現が図れる社会とは、一人一人の生き方が尊重され、多様性を大切にし、ともに支え合う社会だと考えております。