4008件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

また、これらの法律とは別に政府は来年4月から私立高校授業料の実質無償化も実施するようであります。こういう状況の中で、みやこ町として町単独町外小中高校へ、また、各種専門学校へ通う子供を持つ親の経済的負担を軽減するための政策をどのように考えておるかお尋ねをいたします。 3つ目ですが、高齢者支援対策でございます。巡回バス計画についてお尋ねします。 

みやこ町議会 2024-05-20 06月10日-01号

子供たちの豊かな学びを実現するための、教材研究授業準備の十分な時間がとれない状況にあります。 さらに、小学校英語教育の実施で苦慮しております。中学校部活動教員の長時間労働につながっていると思います。過労死ラインの月80時間以上の残業など、長時間労働の問題が最近マスコミでも取り上げられております。 福岡県の教員応募者数は、定数の2倍を切っております。それだけ辛い仕事になっておると思います。

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

子どもたちの交流、それから中学校先生小学校に来て教える、中学の先生小学校授業形態を見てやる。それで、1番やっぱり環境変化というのが子どもたち影響を心理的に与えますので、今小学校中学校をごらんいただいたらわかりますけど、非常に学級環境にしてもいろんなところがもう小中一貫した取り組みでできています。

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

小学校では、学級事務授業準備等がございます。また、中学校は、部活動指導の占める割合が大きくありまして、ほかにも生徒指導学級事務授業準備等が大きな要因となっております。 こうした状況改善のためにということですけれども、市では平成30年6月に教職員の働き方改革取り組み指針を作成しております。また、あわせて平成31年3月に部活動のあり方に関する指針を策定しております。

小郡市議会 2020-12-18 12月18日-05号

通級指導教室につきましては、大部分の授業を在籍する通常の学級で受けていながら、一部の時間において障害に応じた特別な指導通級指導教室といった特別な場で行っていくという特別支援教育の1つの形態でございます。文部科学省は1学級当たり13人の在籍を目安としております。 小郡市におきましては、大原小学校内に6つの教室大原中学校に2つの教室を設置しております。

北九州市議会 2020-10-01 10月01日-09号

休校後の分散登校は、クラス人数を半分に分けて授業が行われました。20人程度学級で、子供たち授業がよく分かる。教員子供一人一人と向き合えるなど、少人数学級のよさが改めて認識されました。学びの保障、心身のケアと身体的距離の確保を実現するため、直ちに全学年で35人以下学級を実現し、早期に20人程度学級を目指すべきです。 第2に、教員の非正規問題です。 

行橋市議会 2020-09-25 09月25日-05号

また一方で、教員に対しては、効果的あるいは効率的にICT機器を活用して授業校務が遂行できるよう、ICT支援員全面協力のもと、偏りなく、技術面、及び運用面のサポートを行っていただきたい、との要望が出されております。審査終了後、取りまとめ、採決の結果、議案第62号につきましては、委員、賛成なしで、否決すべきであると決しました。

小郡市議会 2020-09-24 09月24日-05号

授業公開、それから学校説明施設説明をしまして、その学校説明を受けてその施設説明をお聞きいただいて内容を見学いただくというような制度でしております。その後、希望のある方は出していただいて、1月に面接をいたします。事務局職員当該校の校長で面接をいたしまして、そして正式に1月末に決定の通知を出させていただくという手順で進めております。 ○入江和隆議長 大場美紀議員

みやこ町議会 2020-09-20 09月20日-03号

そこで、教育面では人口増を図ることはできないが、井上町長の計らいで外国人英語教師等による授業等も行われております。伊良原小中学校概要書を見せていただくと、顕著に成果が上がっているようです。みやこ町において近隣市町村に先駆けた授業内容の実践、あるいは例え一学校一科目でも高位平準化をした学力の習得を図ることはできないものか、お尋ねいたします。 次に、学校給食における地産地消について質問いたします。 

春日市議会 2020-09-16 令和2年第3回定例会(第4日) 本文 2020-09-16

さらに全ての中学校で、双方向のオンラインによる学習支援や、授業動画の配信による学習支援を行いました。このことにより、休業期間中も途切れることなく児童生徒家庭学習を促すことができたと考えています。課題としましては、今後の感染拡大に備え、オンライン授業動画による学習支援小学校にも広げていくことが挙げられます。  

大牟田市議会 2020-09-15 09月15日-05号

審査の過程で、学習用端末授業への導入については、子供たちも大きな変化を感じ、先生方の大変な努力も必要であることから、クラスを分けての少人数授業先生複数配置をするなど、先生子供たち負担を軽減するよう配慮されたいとの意見・要望が述べられました。 審査の結果、別段異議なく、全会一致をもって、原案どおり承認すべきものと決定いたしました。