1265件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

具体的には、小学校体育科における「けがの防止」では、けがの防止に対する知識技能の習得や中学校保健体育科における「傷害の防止」では、傷害を未然に防ぐ視点や傷害を負ったときの対応につい学習しております。  また、水泳実技においては、水泳事故防止の心得などを授業で実施しております。また、学期に一度、全校集会で交通事故水難事故等の防止に関する指導を行っております。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

また、本年4月より新たな外国人材受け入れ、在留資格特定技能の創設等が始まり、今後、外国籍の居住者が増加すると推測されます。  現に、3月末の市内にお住まいの外国籍の方は585人でしたが、5月末では、前述のように645人となっており60人、10%以上増加しております。  4月に始まった新たな外国人材受け入れについては、日本人の就労が少ない分野に外国人のお力を借りようというもので、批判もあります。

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

基盤整備が必要だということを私申し上げましたけども、その次は、私、やはりそこに必要な稼ぐ力、所得を上げていくためには、やはりしっかりとした働く場、そしてそこに伴う技術だとか技能だとか、そういった人が必要だというふうに思っておりますので、そういったものに、私はやっぱりしっかりと目配りをしながら投資をしていくということが求められていると。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

そして、市の人口社会動態による減の主な原因である若い人たちにとって魅力ある働く場の創出、とりわけIT産業などを初め、町なかの雇用機会の創出に努めることにより、町なかの昼間人口をふやし就業者の生産性のより高い職種への転換やUIJターンによる高技能を持つ人材の転入につなげ、新しい産業を、稼ぐ力の大きな産業として町なかに活性化をもたらすような取り組みを強化してまいりたいと考えています。  

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 2019-06-24

一般就労を希望する発達障がい者について、例えば職業人としての基本ルールマナーの習得、社会生活の技能向上などが必要になってきますが、その支援体制についてはどのようになっているのかをお尋ねいたします。  以上6点についてお尋ねをいたします。  これで1回目の質問を終わります。御答弁よろしくお願いいたします。 40: ◯議長(松尾徳晴君) 井上市長。

行橋市議会 2019-06-12 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月12日−04号

さらに活動開始後もフォローアップ研修、そういうものを必要としておりまして、これは年2回、定期的に実施しておりまして、実際に活動を行ってみて感じたことなどを情報共有、会員の中で情報共有をしたり、講師を招いての託児実習を行ったり、あとサポート会員の知識技能の向上に、こういうことで努めているというところでございます。以上です。 ○議長(田中建一君)  田中議員

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−02号

こうした流れを受けて、本年4月から特定技能1号の試験が実施をされ、介護、宿泊、外食の3業種を皮切りに、来年3月までに順を追って始まることが予定をされています。  厚生労働省外国人雇用状況の届け出状況まとめによると、日本にいる外国人労働者は、2008年、48万6398人。2011年、68万6246人。

宗像市議会 2019-06-04 宗像市:令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月04日

今後も小中一貫教育を基軸とした外国語教育の円滑な接続を図るとともに、発達段階に即して効果的なALT及び専門性の高い教員の活用を検討することにより、グローバル化に対応した教育環境づくり及び国際理解教育等を推進し、聞くこと、読むこと、話すこと、書くことの4技能、さらに話すことをやりとり、発表に分けた5領域をバランスよく身につけた、英語が使える宗像の子の育成を図っていきたいと考えております。  

糸島市議会 2019-03-20 平成31年 予算特別委員会(第6日) 本文 2019-03-20

161 ◯子ども課長(小嶋智嗣君)  ひとり親就業支援員の業務内容でございますが、大きく5点ございまして、母子家庭を中心にひとり親の就業を支援するため、1つ、就業相談、2つ目に技能講習案内、3番目に就業情報の提供、それから、4番目自立支援計画の作成、5点目として、児童扶養手当現況届出のアンケート調査とその分析などを行ってまいります。  

糸島市議会 2019-03-18 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2019-03-18

66 ◯産業振興部長平野謙二君)  議員、今おっしゃいました監理団体等ということでございましょうが、議員おっしゃいました空調技研工業株式会社、こちらにおきましては空調設備金属プレス作業等の仕事や、また、議員おっしゃいました農作業に従事されるなど、外国人技能実習制度を活用する市内企業はこのごろ多々見られるわけでございます。

筑紫野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 2019-03-18

在留資格「特定技能」の対象となる製造業や宿泊業など、14業種が受け入れられることとなり、外国人労働者はますますふえていくことが想定されます。  外国人労働者にとってなれない生活環境の中で、不安定な就労形態や雇用保険加入などの課題が残る中で、雇用の拡大だけが進んでいくのではないかと危惧しているところでございます。  

糸島市議会 2019-03-15 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 議事日程・名簿 2019-03-15

2.多文化共生の町づくりにおいての市の関わりについて          (1)糸島市多文化共生推進計画を進めるにあたり、外国人市民に対してのこれか             らの市の取り組みについて          (2)外国人留学生等の住居問題について          (3)外国人技能実習生を受け入れる管理団体を市の監督のもとで行えないか。          

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

このように社会変化のスピードが速まる中で、子供たちには新たな時代を切り開くことのできる知識技能思考力、判断力、表現力を着実に育成していく必要があります。また、SDGsの視点を踏まえ、子供たち一人一人に向き合い、寄り添い、更に、本市のさまざまな特性を生かした教育を通して、子供たちにシビックプライドを醸成していくことも重要です。  

春日市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 2019-03-14

今後の英語教育改革においては、その基礎的、基本的な知識技能と、それらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力等の育成は重要な課題とし、また、我が国の英語教育では現行の学習指導要領を受けた進展も見られるが、特にコミュニケーション能力育成について改善を加速化するべき課題も多い。

行橋市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号

その問題点としては、若年労働者の確保、2番目は高齢化及び技術技能の継承、3番目は厳しい経営環境の中での労働条件などがあげられます。  また、地域建設業ですね、戦後地域経済雇用を支えたインフラの維持管理や災害対応等、地域社会の維持に不可欠な役割を担ってきたのも事実であります。そこで現在の地域建設業の位置づけとは、どのようなお考えか。  

行橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月12日−03号

また日産自動車等、大手の企業を退職されたシニア人材、特にマネージャークラスの方が、まだ年齢的にも60歳というふうに若くて、働く意欲を持っているということで、ぜひそういった方々の現役時代に培った専門的な知識と言いますか、技能と言いますか、そういった方々を市内の企業に、私ども行政が橋渡しをやって、活躍の場をつくっていきたいというふうに考えています。以上です。 ○議長(田中建一君)  小坪議員