236件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

本件につきましては、以前にも「公民館仏壇を保管しているのは日本国憲法第20条の「政教分離原則」に抵触する違反ではないか」という御指摘をいただきましたが、弁護士にも相談した結果、その場所で布教や宗教活動を行っているわけでなく、仏壇を保管しているだけであれば、公民館仏壇を保管していること自体は憲法違反には当たらないとの見解をいただいております。 

大牟田市議会 2019-12-20 12月20日-04号

一方で、安倍政権は、憲法9条の解釈を変え、集団的自衛権行使を可能とする閣議決定を行い、憲法違反安保法制によって自衛隊海外戦争に参戦できるようにしました。さらに、憲法9条の改正も狙っています。 市長にお尋ねします。 中村哲さんの活動平和憲法に基づく評価と、安倍政権が狙う憲法9条改正に対する考えをお聞かせください。 以上でこの場所での発言を終わり、以下は質問者席での質問といたします。

大牟田市議会 2019-03-06 03月06日-05号

これは、9月議会でも、私自身としては憲法違反の差別的なやり方だというふうに言いました。ですから、やっぱり保護利用者だけにこういうジェネリックの使用の強制を求めるのは間違いだというふうに思いますし、これについては、国連人権専門家からも強い批判の声が出ているんですよね。これは、非常に社会保障の観点から言って差別的なやり方だという、国連もそういうふうな判定をしているんですよ。 

宗像市議会 2018-09-26 宗像市:平成30年第3回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年09月26日

これは政府関係者、あるいは今の政府を構成している国会議員弁護士の中には、これは憲法違反自衛隊と思ってない人がいるかもしれません。しかし、憲法9条を厳密に見れば、この自衛隊憲法違反だというのは、これは明確であります。ただ、今問題になっているのは、この自衛隊憲法違反かどうかということが問題ではないわけであります。

遠賀町議会 2018-06-13 平成30年第 4回定例会−06月13日-05号

このように、自衛隊については、すでに国民の生活、国防の面からなくてはならないものであり、もし憲法違反可能性があるなら、その存在憲法に明記し、身分を保障すべきと考えます。  なお、日本国憲法制定から70年以上がたち、現在に至るまで一度も改正されていません。ここまで長きにわたり改正されていない国は日本のみであり、国内外の情勢の変化に対応できなくなりつつあります。

北九州市議会 2018-03-01 03月01日-03号

憲法9条に自衛隊を書き込むと、平和憲法は変質し、憲法違反安保法制憲法が容認することとなり、9条で守られてきた日本の平和も自衛隊員の命も奪われることになりかねません。平和なくして国民の暮らしも、地方自治体の役割も守れません。市民の命、安全、平和を守る責務を負い、憲法遵守義務を負う市長は、9条改憲に全市民の代表として異を唱えるべきであります。答弁を求めます。 

福岡市議会 2017-12-12 平成29年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2017-12-12

2016年度は、安倍政権のもとで安保法制、いわゆる戦争法の施行により憲法違反の新たな駆けつけ警護任務が付与され、自衛隊南スーダンで殺し殺される関係に投げ込まれました。また、経済の面ではアベノミクスの推進により、大企業の内部留保史上最高の403兆円にも達する一方で、実質賃金家計消費の低下が続きました。

福岡市議会 2017-10-24 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-24

2017年度は、安倍政権国民の強い反対を押し切って強行させた安保法制、いわゆる戦争法が施行され、戦乱の続く南スーダンで、自衛隊が駆けつけ警護などの憲法違反となる武力行使を伴う新しい任務を負わされ、海外での殺りく現場に派遣される緊迫した事態が発生した。また、熊本で震度7の大地震が発生する中で、安倍政権川内原発即時停止を要望する住民の声を無視し続けている。

筑紫野市議会 2017-06-27 平成29年第3回定例会(第4日) 本文 2017-06-27

また、自衛隊存在役割を明記すべきとの意見がありますが、自衛隊憲法違反だと言っている国民は極めて少数であります。自衛隊に対する評価は大変高く、今すぐ取り上げるべき問題かどうかは、検討の余地があります。その上で、憲法改正に関しては、国会憲法審査会を通じて議論を深めていき、国民の理解を伴いながら合意形成に進んでいくのがあるべき姿ではないでしょうか。  

福岡市議会 2017-06-23 平成29年第3回定例会(第6日)  本文 開催日:2017-06-23

疑惑隠し国民批判が高まり、追い詰められた安倍政権と自民党、公明党は国会最終盤、心の中を処罰する憲法違反共謀罪法案国内外の疑問や懸念、反対の声を無視して、法務委員会での採決を飛ばして、参議院本会議で中間報告を行い採決するという禁じ手を使って強行成立させました。

大牟田市議会 2017-06-20 06月20日-04号

当時、私は射撃中隊長でしたけど、その自衛隊憲法違反となっている認識を部下に見せつけてはいけない。しかし、家に帰れば、やはり新聞報道等であると。 そのあたりが非常に悶々とした時期があったということを紹介をして、次に移らせていただきます。 

志免町議会 2017-06-13 06月13日-05号

今回、組織的犯罪処罰法改正法案は、テロ防止とは何らかかわりのないばかりか、国民を監視し、萎縮させ、基本的人権など民主主義を奪う憲法違反法案であり、断じて認められるものではありません。 よって、本議会は、組織的犯罪処罰法改正案の撤回を求めるものです。 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出いたします。 平成29年6月13日、福岡志免町議会議長大西勇。