25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

久留米市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第3日 6月13日)

先ほど市長から心強いお言葉をいただきましたけれども、市長は、e‐市役所実現を掲げて、市役所情報処理システムの刷新に向け精力的に取り組んでいらっしゃいますことは、私も十分認識をしております。ただ、やはりまだまだ市役所全体としての意識が高まり切れていないなというふうに感じることも事実でございます。  新しい技術は、普及にかかる時間がどんどん短くなっています。

久留米市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第5日12月11日)

久留米市では、昭和62年から行財政改革に継続的に取り組んでおりますが、特に平成22年度から平成26年度までは、市税等収納率向上職員数削減情報処理システム最適化業務民間委託公共事業コスト縮減などに取り組み総額で約33億円の財政効果を達成したところでございます。  

小郡市議会 2015-03-19 03月19日-03号

また、本市基幹系情報系情報処理システムのサーバーにつきましては市役所内に設置しておりましたが、平成26年12月末にセキュリティー強化災害対策強化を考え、監視カメラ静脈認証システム自家発電装置などを備えたデータセンターへ移設を行ったところでございます。 以上が本市情報処理システム状況でございます。 

久留米市議会 2014-03-07 平成26年第1回定例会(第3日 3月 7日)

まず、行政改革取り組みですが、平成24年度に行いました中間総括後の1年間の実績を見ますと、財政改善では、歳入面市税収納率向上国庫支出金有効活用による財源の確保など、また、歳出面民間委託拡大情報処理システム見直しによる効果の発生などによりまして、約10億3,000万円の財政効果を上げております。

小郡市議会 2013-09-27 09月27日-06号

4つ目に、本市情報処理システムにおいては、現状、その管理体制が余りにも脆弱であるため早急に改善を求めるべきではないかとの意見が出されました。この件につきましては、意見書を作成し、市長へ提出することと決定いたしました。 5つ目に、側溝や道路など長期にわたる生活インフラ整備においては、市はその中・長期計画を具体的に示し情報公開をすべきではないかとの意見が出されました。

小郡市議会 2012-06-18 06月18日-03号

1番目の行政クラウドコンピューティングシステムにつきましては、まず本市における情報処理システム整備現状を申し上げます。 庁舎内においては、住民票や税、福祉などの基幹業務システム財務会計人事給与などの内部情報システム整備し、また教育部関係では、市内小・中学校に教職員事務も含めた情報教育システム図書館システムなどを整備しています。 

久留米市議会 2011-12-02 平成23年第5回定例会(第2日12月 2日)

新しい今回の行革の行動計画では、今申し上げました部分については、学校給食調理業務民間委託拡大で、5年間で新たに2億円、それから新公立保育所再編計画、この推進によりまして、年度あたり1億3,200万、情報処理システム見直し等計画期間中に2億円以上の経費削減などといった目標を具体的に掲げている項目もございます。  

春日市議会 2011-09-13 平成23年第3回定例会(第3日) 本文 2011-09-13

ホストコンピューターシステムとは、集中処理型と定義される情報処理システムのことで、プログラム処理データ管理、これにつきましてはこのホストコンピューターで集中的に行って、窓口で職員が操作する端末機器によってホストコンピューターに対してデータの修整、それから印刷処理などの指示を行うシステムでございます。

大野城市議会 2010-09-13 平成22年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2010-09-13

まず、OA開発費の中で情報処理システム共同研究事業というのが上がっていますけれども、予算書には事業として上がってなかったのですよね。この内容が1件。  もう1点は、目の数値目標で、研修内容を理解した職員の割合を50%としていますが、達成度はBと。実際には何%ぐらいだと評価されていたのか。以上の2点について聞かせてください。

田川市議会 2010-06-15 平成22年第3回定例会(第2日 6月15日)

しかしながら、福岡県は導入経費が高額であることや、情報処理システムの入れかえのタイミングが合わないといった理由によって、県内の自治体参加を希望していないことから、実証事業終了後においても自治体クラウドへの参加を予定していない状況でありますので、本市といたしましては、開発実証事業を実施している6道府県、66市町村の動向についての情報収集をしている段階でございます。  

久留米市議会 2010-03-03 平成22年第1回定例会(第1日 3月 3日)

交付される地域環境保全対策費補助金基金に積み立てる「グリーンニューディール基金積立金」8,780万円、「小学校太陽光パネル設置事業」2億1,840万円、子育て支援教育活動充実として「小学校校舎耐震補強事業」1億7,286万円、「養護学校給食室改築事業」1億5,610万円、「小学校給食室整備事業」1億1,917万円、安全安心実現として「防災活動推進事業」594万円、情報化社会への対応として、情報処理

大野城市議会 2009-10-06 平成21年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2009-10-06

この主な取り組みでございますけれども、OA開発費情報処理システム共同研究事業にかかわる費用でございます。OA推進費ソフトウエアリース料庁内LANなどのシステム保守事業共通基盤システム構築保守事業シンクライアントシステム構築事業オープンシステム移行事業ヘルプデスク委託料事務用パソコン購入費、その他協議会負担金等となっています。

久留米市議会 2007-12-03 平成19年第6回定例会(第1日12月 3日)

そのほか、市内全域に均一の情報提供ができるような情報通信環境整備推進、第三者の専門家の参画による適正な情報処理システム保守業務推進、厳しい財政状況を踏まえた上での厳選な事業採択徹底、市民にわかりやすい行政改革効果額算定方法の検討、管理職職員による非正規職員業務実態把握徹底管理職マネジメント能力向上のための研修充実時差出勤導入等による時間外勤務縮減への柔軟な取り組み市有財産

  • 1
  • 2