8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野城市議会 2017-10-04 平成29年第4回定例会(第2日) 名簿 2017-10-04

行政サービスに対する市民満 │ │ 松 田 美由紀 │ る策定方針計画の方 │  足度と今後の優先度を分析した結果、市が目指す │ │         │ 向性について     │  まちづくりをどのように取り組んでいくのか   │ │         │2.子どもと家族と地域の │(1) 小規模保育施設拡充も必要ではないか      │ │         │ 笑顔があふれるまち │(2) 届け

大野城市議会 2014-03-18 平成26年第1回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2014-03-18

本市においては、このうち、保育所緊急整備事業や、認可を目指す認可外保育施設への支援事業を活用し、平成26年度に、保育所老朽化による移転建てかえや、保育所新設届け出保育施設認可保育所への移行のための整備により、3カ所の保育所定員拡充実施することとしています。以上でございます。 14: ◯議長関岡俊実) 松田議員

宗像市議会 2013-06-12 宗像市:平成25年第2回定例会(第2日) 議事日程 開催日:2013年06月12日

│ │(2)昨年、議会の一般質問でも「ファミリーサポートセンター」設置の要望が上がっていたが「本事   │ │  業が提供するサービス民間保育所届け出保育施設などのサービスに大きく充足されている」   │ │  等答弁であった。そこで民間保育所届け出保育施設などで行われている「ファミリーサポー   │ │  ト」的な事業は、どのような点で充足しているのか。

春日市議会 2013-03-21 平成25年第1回定例会(第5日) 本文 2013-03-21

要望ですけれども、外部向け保育者研修市内届け出保育施設に対しても、参加を呼びかけてくださいまして、年に数回、実施していただいておるということでございますが、保育専門性のあるお仕事でございますし、その点からも保育者は、みずからの専門性を絶えず研修によって上げていく必要性が求められるんじゃないかなと私は思っておりますので、より一層、この研修の充実を、あわせて強く要望をいたします。

古賀市議会 2012-09-04 2012-09-04 平成24年第3回定例会(第1日) 本文

短期対策として、届け出保育施設、私立幼稚園も活用し、保育料の差額を保護者に補助する制度を考えている。中期対策として、既存の認可保育所増改築により定員増を図る。花見光、ほづみ、庄ひかり保育園計90人、鹿部保育所30人増。さらに勤労者研修センターでの保育を検討。長期対策として、次世代育成支援計画平成26年度に終了するので、平成27年度以降に新たな計画を立てたい。

大野城市議会 2012-06-08 平成24年第2回定例会(第2日) 質疑・付託 本文 2012-06-08

ただ、問題にしたいのが、3月定例会のときに二つのことで答弁がちょっと引っかかるところがありまして、保育所の一時預かり事業について、ここで市は、届け出保育施設実施されない、市内にあるすべての届け出保育所実施をされないという不公平性、これで皆さんに行きわたる補助金でないという判断から実施はしないという答弁をされています。

大野城市議会 2012-03-22 平成24年第1回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2012-03-22

届け出保育施設の種類は、大きく二つで、届け出保育施設基準適合届け出保育施設があり、ほかにも事業所内保育施設ベビーホテルがあります。基準適合届け出保育施設とは、県の立入調査により認可外保育施設指導監督基準にすべて適合していると確認された保育施設で、そのほかの乳幼児を預かる小規模施設届け出保育施設となります。  

福津市議会 2010-06-11 06月11日-01号

一方、届け出保育施設は、保育に欠ける家庭以外も利用することができ、入所に関する手続きも直接その施設で行われております。届け出保育施設の特徴は、保護者の実情に沿った保育内容にあり、保護者病気等で、家庭での保育が一時的に困難な場合に利用できる一時保育等受け入れ態勢が整っており、これを利用することで、安心して子育てができる。

  • 1