4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野城市議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2016-12-14

小惑星の名「ホシノヤカタ」─春日市立天文台「星の館」から命名」という記事で、春日市の白水大池公園にある市立天文台「星の館」が火星と木星の間にある小惑星帯の中の星の名前になったということです。この命名を依頼された国立天文情報センターの広報室長の山岡さんという方は、九州大学に勤務経験があり、「星の館」のよさを知っていたことから提案し、今年4月22日付国際文学連合から認定されたそうです。

久留米市議会 2011-03-02 平成23年第1回定例会(第3日 3月 2日)

来年度予算案では、減額の方向であった科学技術振興費が土壇場で増額となりましたが、昨年の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還や、ノーベル化学賞の日本のダブル受賞などが追い風になったようです。久留米市には、物づくりの偉大な先人、東芝の創始者である田中久重氏、ブリヂストンの創業者石橋正二郎氏などを輩出してきた歴史があります。

古賀市議会 2011-02-28 2011-02-28 平成23年第1回定例会(第1日) 本文

初めに、昨年、国内では小惑星探査機はやぶさの帰還や日本人科学者のノーベル賞受賞など、科学技術の分野における華々しいニュースがもたらされるとともに、サッカーにおけるワールドカップでの決勝トーナメント進出や先日のアジアカップ優勝など、スポーツの分野では若者の活躍に心踊らされました。その一方、学生の就職難を初めとする雇用問題や円高、デフレによる景気低迷など、将来に不安を感じる1年でもありました。

  • 1