52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

その上で、小学校教員中学校教員、それから、特別支援学校教員、養護教員栄養教員、合わせまして前年度の230名を大幅に上回る385名に最終合格を出しております。ただ、結果としまして、受験者数に対する最終合格者の倍率でありますけども、小学校教員では1.6倍、中学校教員では3.1倍、特別支援学校教員では1.4倍、全体では2.2倍という近年では最も低い倍率となっております。  

久留米市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第4日 3月 1日)

このような状況を踏まえ、本市では、平成30年度から2年間、市教育センターにおいて小学校教員指導主事からなるプログラミン教育調査研究班を組織し、調査研究を行うこととしています。本年度は、プログラミン教育指導の手引きとなるスタートブックを作成し、各学校に配布する予定です。  

志免町議会 2018-06-13 平成30年第3回 6月定例会-06月13日−04号

◆14番(末藤省三君) 義務教育法によります小学校教員の1週間の授業の持ちこま数、これは大体何こまぐらいあるんでしょうか。 ○議長(大西勇君) 仲村学校教育参事。 ◎学校教育参事(仲村夏江君) 低学年と高学年により差がございますが、低学年におきましては25から26となります。高学年におきましては、27、28こまほど、学年により差がございます。  以上でございます。

大野城市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-06-13

小学校教員に対する子どもへの暴力防止(CAP)プログラムの研修について伺います。  午前中も報告されましたが、新潟で小学2年生の女児が殺害される痛ましい事件は大きな衝撃を与えました。本市では、日ごろから子どもたちの安全のために、学校保護者とともに登校時・下校時など学校、PTA、区長を中心に地域の皆様が見守り活動に尽力されています。  

川崎町議会 2018-06-13 平成30年度第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月13日

市が実施した17年10月時点の調査では、時間外勤務が過労死ラインの月80時間以上だった小学校教員の割合は16年度比56%に減少。  文部省は、これを参考に18年度予算案で、教員事務を補佐するスクールサポートスタッフの全国配置を始めることになりました。  また、部活は地域へ。

福岡市議会 2018-03-16 平成30年条例予算特別委員会第2分科会 質疑・意見 開催日:2018-03-16

51 [質疑・意見]  中学校英語教科担任が配置されているが、小学校教員からは英語授業に対する不安や業務増加への不満の声がある。英語教育に対する教員への支援について尋ねる。 [答弁]  教員指導力を高める研修も必要である。国際教育礎プランは29年度で3年目になるが、各区に1校ずつ英語基幹校を設置し、授業のあり方への研修を行ってきた。

久留米市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第6日 3月12日)

小中連携の視点等を踏まえた取り組みでございますけれども、初めに、外国語授業の円滑な実施に向けてでございますが、市教育委員会では、新学習指導要領の実施を踏まえ、平成28年度から29年度にかけて、全ての小学校教員を原則対象とし、英語指導方法や教材の活用に関する研修を行いました。  

北九州市議会 2018-02-21 平成30年 2月 定例会(第1回)-02月21日−01号

学力向上に向けた取り組みとして、小学校教員授業力向上を図るため、英語に堪能な日本人指導助手を配置するとともに、放課後などを活用して学習機会を提供する子どもひまわり学習塾を着実に実施します。  また、中学校区と特別支援学校に配置する学校図書館職員等の一層の充実を図るとともに、中央図書館内に子ども図書館を整備するなど、子供の読書活動を推進します。  

志免町議会 2017-12-12 平成29年第5回12月定例会-12月12日−03号

それからもう一つ、先生の問題で英語の、来年度から英語が始まるわけですけども、この最大の問題は英語を教える体制がないまま始める、小学校教員に多大な負担がのしかかってくるのではないかと思うんです。と私は思うんですけど、その辺は教育委員会としてはどのようにお考えでしょうか。 ○議長(大西勇君) 太田学校教育課長

古賀市議会 2017-12-11 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日) 本文

その一つは、小学校教員英語指導力向上研修というふうなものを行っておりますので、古賀市の教職員もそれに参加をしております。それから、それの前段として、県レベルで教職員の採用試験の改善ということで、採用をめざす方にとっては負担増になるわけですけれども、専門教科英語のリスニングテストを追加するようにしております。それから、英会話実技を英検2級程度に変更ということであります。  

久留米市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第5日12月11日)

具体的には、中学生イングリッシュ・キャンプの実施や、市負担による中学3年生全員の英検受験の実施、さらには原則小学校教員全員を対象とした英語指導研修の実施などの新規事業に加え、スクールソーシャルワーカーや、指導主事の増員など、市としても予算面や人員配置の面で積極的な支援を行っております。  

北九州市議会 2017-12-04 平成29年12月 定例会(第4回)-12月04日−02号

小学校教員の81.3%、中学校教員の74.3%が賛成で、どちらかといえば賛成を加えると、小学校96.5%、中学校96.4%でした。教育現場は何よりも少人数学級の実現を切望していることがわかりました。  少人数学級は、児童生徒の授業への集中度を高め、不登校児も減少するなどの効果が全国で報告されています。また、教員意欲を高め、教育の質の向上も報告されています。

北九州市議会 2017-12-01 平成29年12月 定例会(第4回)-12月01日−01号

まず、倍率でいきますと、ことしの小学校教員の倍率が2.3倍でございます。特別支援の教員の倍率は、実は昨年よりもかなりふやしたというところもありまして、1.6倍でございます。やはり教員の採用、倍率が幾らであればというのはなかなか難しいですけども、一定の倍率がなければ、なかなか質の確保という点では課題が出てくるんではないかと思います。  

春日市議会 2017-11-22 平成29年総務文教委員会 本文 2017-11-22

20: ◯学校教育指導主事(清尾昌利君) その割合というのは、具体的には数値としては述べられないんですけども、今小学校教員の皆さんが、やはりどうやってこのプログラミン教育をしていくかということですごく不安になっているところなので、今年度から復活しました春日市のICT活用委員会のほうで、今後検討していこうと思っています。