12153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

先ほど、議員のほうから言われました地域のこと、まだ私は現場は見ておりませんけども、現場を見ながら、今後の対応も考えていきたいというふうに考えております。 以上でございます。 ○議長田中勝馬君) 屏教育長。 ◎教育長屏悦郎君) 子育て支援対策の一つとして、高校生などの通学定期に係る経費を支援できないかとの御質問でございます。 

みやこ町議会 2024-05-20 06月10日-01号

合併後、地方分権改革地方創生への対応、後期高齢者医療制度の創設、マイナンバー制度への対応旧犀川町時代から課題であった伊良原ダムの竣工、学校再編や、頻繁に発生する災害対応するための防災対策強化等、さまざまな課題に取り組んできたところです。 令和の新時代においても、町民の皆様にみやこ町に住んでいてよかったと思われるように、心新たに、日本一元気なまちづくりに努めてまいりたいと考えています。 

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

さらに、不登校の具体的な対応としましては、未然防止早期発見早期対応きめ細やかで継続的な支援といった県の教育委員会が提唱する福岡アクション3の3つの視点に基づく取り組みを行っております。この福岡アクション3につきましては、福岡が不登校を減らす基本的な対応としてまとめたもので、学校における取り組みと家庭での取り組みの2本立てとなっております。 

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

例えばため池や内水のハザードマップ公開など住民地域災害リスクを認識できる情報提供や、地域避難体制指定避難所の整合、短時間の大雨に対応できる避難所開設体制の構築、道路冠水への速やかな対応、避難行動支援者体制をはじめとした機能する自主防災組織体制づくりなど、課題は山積しており、こういった状況対応するのが防災安全課設置目的となっています。 

小郡市議会 2020-12-20 12月20日-06号

近年の災害発生状況を考えると、災害対応予算はしっかり確保していかなければならない。その1つに、災害対策基金があります。今後、さまざまな災害発生時において速やかな対応が必要なときにそこから取り崩すというのであれば一定額基金は確保していく、また財政状況が厳しい中にあってもそのような姿勢が必要であるとの意見が出されました。 

小郡市議会 2020-12-18 12月18日-05号

市としてどのような対応をしていくのか、お尋ねをいたします。 2点目の組織機構見直しについて質問をさせていただきます。 先日の議会連絡会で、機構改革について説明がありました。平成30年7月の機構改革では、大幅な異動現場対応に追われました。異動費用もかさんだことで、財政悪化の一因になったと私は思っております。

みやこ町議会 2020-12-17 12月17日-04号

基地に関する情報公開をし、どう対応するか考えるべきと思います。将来ある子供たちのためにも、平和で安心できる郷土と住民の命をどう守るかが問われています。重要な問題と考え、この問題に対しての対応をお願いをいたします。 次に、包括支援センターの問題についてお伺いをいたします。 介護保険が、2000年4月にスタートをいたしました。

春日市議会 2020-10-21 令和2年地域建設委員会 名簿 2020-10-21

安全安心課長  武 末 克 枝    都市整備部長  渡 邉 一 雄       都市計画課長  平 井 和 哉    用地課長    江 崎 弘 義       道路管理課長  田 中 豊 隆    下水道課長   樺 島 義 隆 ○ 傍  聴  人(0名) ○ 出席事務局職員(1名)    主    任  若 林 幹 浩 ○ 議     題    1 報告事項地域生活部)      台風第10号の対応

北九州市議会 2020-10-01 10月01日-09号

慢性期医療機関は、患者から陽性者が出た場合、院内対応せざるを得ず、院内全体が完全防護対応してきました。ところが、コロナ患者が出ても慢性期病院は5万円です。医療従事者から、なぜ差をつけるのかと怒りの声が寄せられています。感染症対策で頑張っている医療従事者に対し、施策で差をつけ分断してはなりません。 また、県の慰労金予算160億円のうち、執行されたのは8月末で僅か1,100件、11億円です。

北九州市議会 2020-09-29 09月29日-07号

市民文化スポーツ局長久保山雅彦君) 残りの質問に順次お答えさせていただきますが、まず、本市の対応状況を説明した上で個別の御質問にお答えさせていただきたいと思います。 まず、昭和62年から昭和63年にかけまして、国の依頼に基づいて市有建築物石綿使用実態調査を行ったところ、総合体育館では機械室などの壁に吹きつけロックウールが使用されたということが分かりました。

小郡市議会 2020-09-26 09月26日-06号

次に、議案第58号令和年度小郡国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の承認については、主なものとして、まず歳出、1款1項1目一般管理費システム改修委託料837万1,000円の増額は、令和3年3月から開始されるオンライン資格確認対応するためのシステム改修委託料を計上するもので、これにより資格喪失後の受診に伴う事務コスト解消等が期待されています。