294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−02号

水道事業でのコンセッション方式導入について、国内では宮城静岡県浜松市が検討中と聞いております。国内では、まだ導入実績はございません。また海外では民営化により料金の高騰や水質が悪化したケースが多く、2000年から2016年の間に、世界33カ国の267都市水道事業が民営化から再び公営化されております。特にパリでは、約25年間で料金が3.5倍となり、再び公営化されております。以上です。

糸島市議会 2019-03-20 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2019-03-20

私は、3月11日、建設産業常任委員会行政視察でお世話になりました宮城南三陸町東日本大震災慰霊祭に出席し、その後、復旧現場の視察に行ってまいりました。いまだに復旧作業は続いております。まだ原発事故を含めると5万人以上の方が避難生活を強いられています。復興はまだ道半ばであります。  九州においても、一昨年、昨年は災害が非常に多い年でありました。

直方市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会 (第3日 2月26日)

さらに、全国的な災害では、当本部が救急隊で登録している緊急消防援助隊により、福岡県隊として、平成23年には東日本大震災に伴い宮城職員5名を、平成28年熊本地震では、近場ということもあり、交代で延べ22名の職員を、平成30年西日本豪雨では、被災地の広島県職員3名を派遣し活動を行ってきたところであります。以上でございます。

糸島市議会 2018-12-18 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2018-12-18

宮城石巻市では、「6次産業化の取り組み」をテーマに、水産物の新商品開発やブランド化について、民間事業者に対する市の支援体制や市が委託している事業者の取り組み内容等の調査を行いました。  次に、宮城気仙沼市及び宮城南三陸町では、「商店街の活性化」をテーマに、本市でも課題となっている中心市街地、商店街のあり方等について調査を行いました。  

北九州市議会 2018-12-07 平成30年12月 定例会(第4回)-12月07日−03号

政令市では現在、横浜市では単独で、また、仙台市では宮城と連携して医療用ウイッグの購入費に対する助成をしていると聞いております。  本市といたしましては、医療用ウイッグなどの購入費に対する助成につきましては、事業の目的効果、がん対策基本法に基づく国、福岡県やほかの政令市の動向など、さまざまな視点から研究してまいりたいと考えております。答弁は以上です。 ○副議長(木下幸子君) 38番 浜口議員

久留米市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2日12月 5日)

また、宮城は1978年6月に発生した宮城地震で、小学生ら18人がブロック塀や石垣などの倒壊で命を奪われたことを教訓としています。ひび割れなどがあるブロック塀の撤去費用を助成する事業を開始。危険性の高いブロック塀追跡調査を行うとともに、所有者らを訪問し、指導を続けた結果、2002年度に536カ所だった危険箇所は、17年度に88カ所まで減少しています。  そこで質問です。

行橋市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月11日−03号

塀をつくる場合の基準は、建築基準法に定められており、宮城地震の1981年に建築基準法が改正され、高さ1.2mを超える場合は鉄筋を入れることや、塀を支える控え壁を設置すること、などが規模に応じて決められているようです。  大阪府北部地震の発生後、行橋市として、どのような対応がなされ、また調査の結果、現状の状態、今後の取り組みについて、併せてお尋ねします。

志免町議会 2018-09-11 平成30年第4回 9月定例会-09月11日−03号

健康課長(長谷正実君) ほっこりふれあいプロジェクトにつきましては、東北震災地で、岩手県宮城福島県等で3県で連携といいますか、そういったことでやられている事業でございますけれども、志免町単独としてちょっと考えにくいのかなというふうに思っております。  以上です。 ○議長(大西勇君) 丸山議員

古賀市議会 2018-09-06 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日) 本文

災害の教訓を後世に残していくという趣旨で、国営の追悼・祈念施設東日本大震災被災の3県の各県に1つずつつくることになり、岩手県陸前高田市宮城石巻市福島県浪江町に決まっています。  被災者自身もこれまでは震災の体験などを語ることにちゅうちょがありましたが、後世のために自分たちが語っていかなければいけないと体験を語る人がふえてきているそうです。

行橋市議会 2018-09-04 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月04日−01号

2018          開会式 7月16日(月) ゆくはしビーチバレーボールフェスティバル2018          閉会式 7月18日(水) 茨城県取手市議会行政視察 7月19日(木) 大阪府富田林市議会行政視察 7月19日(木) 在日米軍再編に係る訓練移転先6基地関係自治体連絡          協議会意見交換会(築上町) 7月22日(日) 福岡県消防操法大会(嘉麻市) 7月23日(月) 宮城名取市議会行政視察

筑紫野市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018-06-21

一方、昨年9月に和牛日本一を決める「第11回全国和牛能力共進会」通称和牛オリンピック」が宮城仙台市で開催をされました。  福岡県は初参加となり、代表として筑紫野市常松の三宅牧場が出場され、第9区(肉牛の部)で一等賞となりました。  さらに、福岡県肉用牛生産者の共励会が、4月、JA全農ミートフーズで開催され、本道寺の平嶋牧場がグランドチャンピオンに、三宅牧場が金賞を受賞されました。  

福岡市議会 2018-06-20 平成30年第3委員会 開催日:2018-06-20

先行事例の仙台空港では独自の協議の場やパートナーシップ協定は設けておらず、出資もしていないが、宮城仙台空港の運営会社は日頃から情報共有し、連携を密にしながら空港運営を進めている。本市としては、市独自の協議の場を立ち上げることで、しっかりとお互いがよりよい空港運営に向けて連携できるものと考えている。

大野城市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-06-13

その他、私の知る限り、奈良県では、子どもを犯罪の被害から守る条例平成17年10月1日施行大阪府では子どもを性犯罪から守る条例平成24年10月1日施行栃木県では栃木県子どもを犯罪の被害から守る条例平成25年7月1日施行宮城では子どもを犯罪の被害から守る条例平成28年1月1日に施行しています。  

志免町議会 2018-06-11 平成30年第3回 6月定例会-06月11日−02号

また、東日本大震災後の東北地方でも電気自動車の導入が盛んで、当時のお話としましては、宮城保健福祉事務所の所長さんが、「生活インフラとして電気が一番早く復旧を要するということが今回よくわかった。電気自動車は初動に役立つことがわかった。」、また仙台市宮城野区保健福祉センター係長、女性の方です、「女性職員みんなが普通の車として運転できました。

行橋市議会 2018-06-11 平成30年 6月 定例会(第10回)-06月11日−02号

まず1つは、ことし4月に仙台高裁、宮城石巻市で起こりました、市立大川小学校の被害に対しまして、被害に遭った遺族が起こした訴訟控訴判決がありました。これも皆さん御存知だろうと思っております。この中で、危険性を予見可能とされていない防災上の取り組みが予見可能というふうに判断された、そういうことで損害賠償ということで支払いが命じられたという判決です。  

筑紫野市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 2018-03-19

ここで自治体の導入例といたしまして、簡単ですけど、御紹介いたしますけど、これはそもそも国家戦略特区、地方創生特区ということでございまして、これに指定されて、先行的にドローンに着手しまして、その活用に積極的な地方自治体では、宮城仙台市における防災に使うドローンとか、そしてまた高知県のほうではドローンによる中山間地域の配送効率化、ドローンによる医薬品の配送許可、そしてまた徳島県那賀町ではドローン推進室

北九州市議会 2018-03-10 平成30年度 予算特別委員会-03月10日−01号

特に、岩手県宮城の犠牲者は、ほぼ津波によるものとすれば、死亡率阪神淡路大震災の約4倍であり、大震災に伴う津波災害の恐ろしさを改めて思い知らされることになりました。更にこの大地震をはるかに上回る南海トラフ巨大地震は、今後30年以内の発生確率が70%から80%とされ、今起きても全く不思議ではない切迫したものだとされています。  

福岡市議会 2018-01-15 平成30年議会改革調査特別委員会 開催日:2018-01-15

浅野知事への対応を迫られた宮城議会、片山知事への対応を迫られた鳥取県議会など、改革派知事への対応の中で、議会自体が非公式の段取り型、事前調整型で仕事をする議会から議場での審議を通して仕事をする議会へと転換を遂げ、こうしたことが議会基本条例の制定に向かっていく原動力となっていった。  3つ目のパターンは、政策力を重視するタイプの議員の登場によるものである。