運営者 Bitlet 姉妹サービス
1886件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-27 古賀市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日) 本文 保育所は今定員数をオーバーしている状況で、公的保育の責任を果たしている状況とは言えません。さらに、国が今進める幼児教育・保育の無償化、これは期待されますが、その財源は消費税の10%への増税分を充てるということが問題と考えております。市長が掲げるチルドレン・ファースト、これを支援するならばこの消費税に頼らないような方法を考えていくべきです。 もっと読む
2019-03-20 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日 保育所等の定員増に伴う教育・保育給付費負担金の増、幼児教育無償化に伴う負担金、消費税率改正に伴うプレミアム付商品券事業費補助金等の増により、増額する。  3)市債(前年度比27.2%、9億2,170万円減の24億7,180万円)。  学校教育施設等整備事業債の減、東郷駅駅前広場整備や観光物産館整備事業などの終了に伴う合併特例事業債の減により、減額する。   もっと読む
2019-03-01 遠賀町議会 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号 職員の人事管理につきましては、国の公務員制度改革や「遠賀町人材育成基本方針」に基づき、次代を担う人材の育成に努めるとともに、人事評価制度やメンタルヘルスなどの各種研修をとおして職員の資質や能力の向上を図り、今後も適正な定員管理を行ってまいります。  財政運営の健全化・効率化。   もっと読む
2019-02-28 古賀市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 幼児教育・保育無償化への対応を適切に行うことで、子育て世帯の負担軽減を図るとともに、保育園・幼稚園等と連携し、保育士確保などに取り組むことにより、保育定員・病児保育の増設ニーズにしっかりと応えてまいります。さらに、古賀市子育て世代包括支援センターを開設し、妊娠期から出産、乳幼児期までの切れ目のない支援をワンストップで行ってまいります。 もっと読む
2019-02-27 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年02月27日 平成31年度につきましては、これまでも議会で答弁してきましたとおり、定員数を215人増員いたしまして定員総数を2,042人とし、待機児童がゼロとなる見込みでございます。平成31年度の申込者数は、2月1日現在で1,874人で、総定員数2,042人の中におさまってはいますが、1歳児につきましては、約50人程度、年齢定員数を超過しております。 もっと読む
2019-02-26 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日 31年度に215人の大幅定員増を行うこととしているところです。保育士の処遇改善についても、平成25年度から、国の処遇改善に合わせ毎年対応し、平成29年度で一人当たり24年度比で約10%の改善、さらに30年度からは、さらにキャリアアップとしての手当の改善や、離職防止、質の確保・向上を行ってまいりました。 もっと読む
2019-01-25 古賀市議会 2019-01-25 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 子育て支援の充実については、チルドレン・ファーストを推し進めるため、待機児童対策では施設整備等による保育定員の拡大や保育補助者雇上強化事業を継続実施するとともに、来年度は、新たに保育園・幼稚園等の合同就職説明会を開催し、保育士確保に努めてまいります。   もっと読む
2019-01-24 古賀市議会 2019-01-24 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 保育所の待機児童対策につきましては、私立保育園の施設整備にあわせて、来年度41名の定員増、再来年度に10名の定員増を図ることとしております。 もっと読む
2018-12-14 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-12-14 69 ◯福祉支援課長(山崎一枝君)  就労移行支援と就労継続支援事業所で増減はありますが、全体で定員は18名ふえております。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 365 ◯こども未来局長(小野田勝則) 事業者の報酬である通所給付費の算出方法につきましては、国の費用算定基準である報酬告示に基づき、利用者の定員等に応じた基本報酬を算定し、人員配置基準以上の人員を配置した場合や利用者を車で送迎した場合などの各種加算を合算して算出することとなっております。 もっと読む
2018-12-12 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月12日−03号 ただ、議員がご指摘のとおり、定員適正化計画を実行する中において、また市民ニーズが多様化し事務量が多くなるところによって、職員に対しての負担は多くなってきているのは確かでございます。   もっと読む
2018-12-10 直方市議会 平成30年12月定例会 (第6日12月10日) その分の増額補正ということですが、それでは、これに関しては、現在の利用状況、定員も含めて、それと、改めて利用の申請方法を確認をしておきたいと思います。  次が3款6項2目の国民年金事務費、これもまた電算システム改修の委託料ということでした。説明では、来年4月から開始される国民年金の第1号被保険者の産前産後の保険料の免除制度に伴うシステム改修という説明が行われております。 もっと読む
2018-12-05 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第2日) 本文 2018-12-05 つまり、予定学級数、知的とかあるいは肢体不自由の子供たちのどのような予定学級数があるのか、そして、定員はどうなっているのか。また、国の設置基準というものがあるのかどうか、その辺をお知らせ願いたいと思います。 もっと読む
2018-11-30 直方市議会 平成30年12月定例会 (第1日11月30日) 第1条では、本条例の趣旨といたしまして、介護保険法に基づき各指定介護サービス等の人員、設備及び運営等に関する基準、指定地域密着型介護老人福祉施設の入所定員に関する基準及び事業者の申請の資格に関する事項を定めることを規定いたしております。  第2条では、定義といたしまして、本条例で使用する用語の意義について、介護保険法及び法に基づく厚生労働省令の例によることを規定いたしております。   もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 これまでの対策につきましては、認可保育所、分園の新設、それから既存認可保育施設の再整備に伴う定員増、それから幼稚園の認定こども園化や特定地域保育施設としての小規模保育施設の新設などに取り組んでまいりまして、平成26年4月の定員が730名だったのですけれども、平成30年4月の定員が1,228人と、この4カ年で定員を498名増とさせていただいております。 もっと読む
2018-11-28 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月28日−01号 定員については、認可保育所が950名(平成29年度より20名増)、認定こども園が161名(平成29年度より20名増)、小規模保育所等が117名(平成29年度より7名増)の合計で1,228名である。   もっと読む
2018-09-26 宗像市議会 宗像市:平成30年第3回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年09月26日 扶助費3億3,007万円の増加は、保育定員の増加及び保育単価の改定に伴う保育所・認定こども園保育実施委託料や、サービス量増加に伴う障害者介護給付費等の増加によるもの。また、公債費5億2,980万円の増加は、繰上償還を実施したことによるものである。  2)投資的経費(53億3,702万円、前年度比19億989万円増、55.7%増)。   もっと読む
2018-09-19 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−03号 定員がこれまでの100名から120名にふえ、現在は定員いっぱいだということです。また、今年度から幼稚園と保育所機能をあわせ持つ認定こども園の利用ができるようになりました。待機児童解消に向けた取り組みが進んでいくことを期待いたします。  認知症施策推進事業では、認知症カフェ補助金交付が実行され、平成29年度においては個人、事業所合わせて7カ所が設置され、平成30年度には2カ所ふえています。 もっと読む
2018-09-19 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号 乗車定員の人数については、29人の市バスを予定しておりますので、現状においては乗りこぼしについては想定していないところでございます。  以上でございます。 ◆16番(新井髙雄) 終わります。ありがとうございました。 ○議長(山倉敏明) 暫時休憩いたします。再開は1時半です。よろしくお願いします。            もっと読む
2018-09-18 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月18日−04号 その内容につきましては、普通交付税の合併優遇措置の期限切れが間近に迫り、財政状況が一層厳しくなると見込まれる中、経常経費の削減、中でも組織のスリム化と業務の効率化による人件費の削減が必須であると判断し、それまでの職員定員適正化計画の目標値である職員400人体制から、さらに50人を削減する職員350人体制を打ち出しました。   もっと読む