4065件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田川市議会 2019-10-04 令和元年第4回定例会(第5日10月 4日)

執行部からは、第1に、子供に関する相談窓口が一本化されたことで、情報の遅延及び錯綜が少なくなったこと、第2に、各小・中学校に子ども支援連携推進担当教員を配置したことで、これまで学校側が担任完結型になっていたものが、当該担当教員を中心に情報交換を行うことで、組織的な対応が可能になったこと、第3に、学校教育課に所属するスクールソーシャルワーカーを当室に配置することで、生活支援課や子育て支援課との円滑な連絡調整

直方市議会 2019-10-04 令和元年 9月定例会 (第8日10月 4日)

本案は、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律、その他2件の政令等の施行に伴い、本条例を改正する必要が生じたことから所要の改正を行うものでありますが、その主な改正点は、本年10月から新たに3歳から5歳までの保育料を無償にする認定を行うことに伴う用語の変更であることから、原案のとおり可決すべきものと決定したのであります。  

筑紫野市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 2019-09-25

本件は、本年10月から実施の幼児教育保育の無償化に伴い、子ども・子育て支援法、特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める内閣府令が改正されたため、副食費の取り扱い等の当該基準を参酌し、条例の一部を改正するものです。  討論はなく、採決の結果、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、報告を終わります。

筑紫野市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4日) 名簿 2019-09-25

…………… 桑野 晋一君   市民生活部長 ……… 八尋  剛君    健康福祉部長 ……… 楢木 孝一君   建設部長 …………… 森下 義明君    環境経済部長 ……… 吉田 浩二君   秘書広報課長 ……… 杉村 真子君    人事課長 …………… 嵯峨 栄二君   財政課長 …………… 鶴川 和宜君    市民課長 …………… 森 えつ子君   国保年金課長 ……… 日野 真幸君    子育て

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

市長の所信表明でもありましたように、子育て教育健康とあらゆる分野での活用が考えられますが、今現在では、まだ活用の方針が出ておりません。今後は戦略的な活用方法について検討してまいりたいと考えております。以上です。 ○教育総務課長(熊井康之)  10款2項4目、小学校のエアコン設置事業です。

田川市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4日 9月20日)

次に、バリアフリーマップ整備事業において、障害者高齢者、妊産婦及び子育て中の方などが、外出時に確認したい施設バリアフリー情報について調査を行い、福岡県が作成しているふくおかバリアフリーマップに市内施設バリアフリー情報を登録するための経費として、委託料44万2千円が計上されております。  

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

同じ場所に居住をする同居ではなくて近い場所に居住する近居に対し、例えば3世代近居手当を出すと、3世代が市内に居住すれば介護子育てといった相互扶助が活性化される可能があります。例えば、感田地区で見ると、湯野原に住まずに星ケ丘に住むという方が湯野原に住もうという方がふえるかもしれませんし、婚姻率や出生率が上がり離婚率がもしかしたら下がるかもしれません。  

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-09-19

政府子育て安心プランという計画では、保育の申し込みをしたが無理だった親の数をもとに、32万人という将来需要を想定していますが、最初から保育希望していたが、諦めて申し込みをしなかった親の数は想定していません。つまり、諦めた人の数、潜在的な待機児童者数は想定していないということです。  

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 名簿 2019-09-19

… 長澤 龍彦君    秘書広報課長 …………… 杉村 真子君   企画政策課長 …………… 中尾 泰明君                          総務課長兼    人事課長 ………………… 嵯峨 栄二君   選挙管理委員会事務局長… 平嶋 顕治君    財政課長 ………………… 鶴川 和宜君   危機管理課長 …………… 八尋 優一君    健康推進課長 …………… 吉武 裕子君   子育て

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

私どもとしては、前の向野市長時代からも子育てをするなら直方という話をしておりましたけれども、なかなかない袖が振れない状況の中で、自治体間の財政力の差に涙を流さざるを得ないような状況があったということも事実でございますんで、何とかいい循環にもたらすためにどこから着手すればいいのか。

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

安倍政権は1億総活躍社会の実現に向けて、希望を生み出す強い経済成長戦略を含む従来の3本の矢を強化、夢をつむぐ子育て支援、安心につながる社会保障、生涯現役社会の構築からなる新3本の矢を一体的に推進し、成長と分配の好循環を強固なものにしようとしております。  さて、直方市に目を転ずれば、大塚新市長誕生2回目の本会議を迎え、市長は投資のないところに成長はないと政治信条を述べられております。

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

本案は、令和元年5月17日公布、令和元年10月1日施行の子ども・子育て支援法の一部を改正する法律、また令和元年5月17日公布、令和元年10月1日施行の子ども・子育て支援法の一部を改正する法律施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令、子ども・子育て支援法施行規則の一部を改正する内閣府令施行に伴いまして、直方市立保育所条例の一部を改正する必要が生じたことから所要の改正を行うものでございます

宗像市議会 2019-09-06 宗像市:令和元年第3回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月06日

1)ひとり親のほか、祖父母や親戚による養育など、多様な世帯を想定した上での子どもの権利保障子育て支援を現在どのように実施していらっしゃるでしょうか。  2)就学や就労への移行など、ライフステージに応じた支援をどのように実施しているでしょうか。  以上、よろしくお願いいたします。

宗像市議会 2019-09-05 宗像市:令和元年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月05日

本市の子育て支援は、他自治体に先駆けて推進してきたと認識しております。他市町村では見られない質の高い子育て支援が行われていると自負をしております。それは、教育者だった原田市長から谷井市長、そして現市長に受け継がれています。これは高く評価をするところです。  本市の子育て支援は、子どもを宿した妊娠期から始まります。

川崎町議会 2019-09-03 令和元年度第5回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月03日

令和元年10月1日から子ども子育て支援法の一部を改正する法律施行により、3歳から5歳の保育園児と住民税非課税世帯のゼロ歳から2歳の保育園児の保育料は無償となりますが、さらなる子育て支援の充実を図るために川崎町独自の政策により、すべての保育園児の保育料を無償とするために、川崎町特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正しようとするものでございます。  

田川市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会(第1日 9月 2日)

10款教育費では、国の保育料無償化施策の一環として、令和元年10月から給付される子育てのための施設等利用給付金を計上いたしております。この給付金は、子ども・子育て支援新制度に移行していない幼稚園保育料を助成するものであります。  なお、この給付金の開始に伴い、従前の幼稚園就園奨励費補助金が廃止となるため、あわせて減額調整をいたしております。  

宗像市議会 2019-09-02 宗像市:令和元年第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月02日

第54号議案は、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律等の施行により、認可保育園等で対象児童保育料が無償化されることにあわせて、大島へき地保育所においても他の保育所と同様に保育料を無償化するため、宗像市立大島へき地保育所条例を改正するものであります。  

筑紫野市議会 2019-08-30 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-08-30

本件は、子ども・子育て支援法及び特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準の改正に伴い、条例の一部を改正するものでございます。  次に、議案第42号筑紫野市地区計画の区域内における建築物制限に関する条例の一部を改正する条例の制定の件でございます。  本件は、福岡広域都市計画地区計画筑紫第3地区の都市計画決定に伴い、条例の一部を改正するものでございます。