511件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

主な事業といたしましては、直方市ハートフル奨学として360万円、子どもの才能の芽を育む事業、これは音楽制作などを行うコドモネアカデミーですけども、これにつきまして193万円、グローバル人材育成事業、これはインターナショナル・サマーキャンプを実施しておりますが、141万5,134円などが主な事業となっております。以上です。

大野城市議会 2019-06-17 令和元年第4回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-06-17

福岡市は、4月から民間保育所で働く正規雇用保育士を対象に、奨学返済支援を始めたそうです。福岡市は大卒が月1万5,000円、短大・専門学校が月1万円を上限に、最大180万円程度を助成、既に就職して返済を始めてある方でも、返済期間の半分以上が残っている人は対象となるそうです。7月ごろから支給開始予定ということです。しかし、企業主導型保育事業所を含む認可保育士は対象外だそうです。  

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

次に、奨学の問題について質問します。  私は青年の要求実現を掲げて、草の根で活動する民主青年同盟福岡県委員会仲間とともに、市内の大学で対話宣伝に取り組んできました。その中で、学費を下げてほしい、給付型奨学をつくってほしいなどの答えが数多く返ってきました。お金の心配なく教育を受けられるように、奨学は欠かすことのできない制度であります。  

岡垣町議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会(第2回)-06月10日−02号

平成28年に日本共産党福岡市議団が行った市民アンケートでは、教育子育て行政に望むものとして一番多かったのは、大学学費の値下げ、返済不要の奨学です。2番目が学校給食の無償化ということになっております。このことからも学校給食の無償化というのは、父母の切実な要求となっております。  そこでお尋ねしますが、学校給食費の滞納世帯数、滞納額、どのぐらいになっているのでしょうか。

筑紫野市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 2019-03-22

委員会では、奨学制度がいろいろあると思うが、この奨学制度が果たしている役割はとの質疑があり、執行部からは、国の奨学、県の奨学などを申請したが、それでも不足する場合の補完的な役割を持っているとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  

大野城市議会 2019-03-06 平成31年予算委員会 付託案件審査 本文 2019-03-06

奨学資金費の19節負担金補助及び交付金につきましては、奨学給付金を15万円減額いたしております。これは、奨学の奨学生内定者の辞退があったことによるものでございます。  また、25節積立金を1,030万2,000円増額いたしております。これは、奨学資金を目的として寄附をいただいたことから、奨学資金等基金に積み立てを行うものでございます。  

直方市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会 (第6日 3月 4日)

28年度実績で主な事業としまして、給付型奨学のハートフル奨学、これに362万5,600円、それから、夏休み期間中に実施しておりますインターナショナル・サマーキャンプ、小中学生を派遣しておりますが、これがグローバル人材育成事業として121万8,694円、その他劇団四季による観劇やトップアスリートによる運動指導を行う招聘事業等、総額で686万2,918円を取り崩して事業を開始いたしました。

直方市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会 (第5日 2月28日)

四つ目の教育では、国際交流を通じた学び意欲の向上ということで、国際サマーキャンプへの派遣や、また給付型奨学制度の運用などを行っております。  五つ目の多様な働き方を実現するでは、直方マルシェを中小企業大学校の「ザ・直方デイ」で実施したり、六つ目の働く機運の醸成では、創業支援事業としてN-bizを開設いたしました。

宗像市議会 2019-02-27 宗像市:平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年02月27日

保育士補助を最大180万円、奨学返済の件でありますが、福岡市は、奨学返済額の最大半額を補助する制度を始める。補助額は最大180万円程度になる見込みで全国屈指の好待遇となると書いてあるんですよ。180万円。今、保育士不足というのに近隣の自治体は、大変、大迷惑だと思うんですよね。皆さん方が言いにくいと思いますので、私から申し上げますが、これは大都市の横暴ですよ、私から言わせますと。

福岡市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-02-27

経済的理由で進学を諦めざるを得ない若者をなくすために、市独自の給付制の奨学を創設するとともに、教育振興会奨学希望者全員が借りられるよう改善すべきだと思いますが、答弁を求めます。  就学援助基準については、生活保護基準に連動させないようとの国の通知の趣旨を踏まえ、基準をもとに戻し、さらに拡充すべきではありませんか、所見を求めます。  

宗像市議会 2019-02-26 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日

保育士の確保につきましては、福岡市奨学返済補助として最大180万円の支援をするとの報道が先日ありました。昨年春に福岡市内の保育士養成施設を卒業した有資格者のうち、市内の保育所に就職したのは約2割、また、新規採用された市内保育所保育士のうち4割超が5年以内に退職したとのこともあり、就職と定着の両面で課題があるとのことでした。

福岡市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-02-26

平成31年度は新たに奨学の返済支援を開始するなど、さらなる処遇改善により市内保育所への就職の促進、離職の防止を図ってまいります。  保育所入所ポイント制度については、これまできょうだい児の利用や保育士の子どもの優先度をより高めるなどの見直しを行っており、今後とも、公平、公正で保護者の納得性の高い調整に努めてまいります。  

福岡市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-02-20

また、保育所の整備や企業主導型保育の促進、幼稚園における2歳児の受け入れ促進など多様な手法により、3,000人分の保育の受け皿を確保し、増加する保育ニーズに対応するとともに、新たに新卒保育士奨学返済を支援するなど、保育の質の向上を図ります。  優しさとたくましさを持ち、ともに学び未来をつくり出す子どもの育成のため、小学校などの普通教室にICT環境を整備し、教育活動の充実を図ります。