運営者 Bitlet 姉妹サービス
359件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 古賀市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 夕陽時計があるという看板を目印に、あの松原を抜けたら太陽が沈もうとしております。ほかには何もないです。これこそ古賀には何もない。何もない世界もありではないかと思っております。思い浮かんだイメージを聞かせてください。 もっと読む
2019-02-27 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年02月27日 あるときは、木立から漏れる太陽の光から元気をもらうこともあった。いろいろなことがあったけど、人が見ていようが見ていまいが、ホップ・ステップ・ジャンプと一生懸命努力して、そうやって自分の足跡を残しましたよという意味です。この表現が当たっているかどうかは別にして、退職される方のこれまでの御活躍を称える意味で詠んでみました。  さて、最初の一般質問をさせていただきます。   もっと読む
2018-09-12 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第5日 9月12日) それは、太陽や雨風にさらされて劣化した白いレジ袋でした。この異様な光景に強い衝撃を受けた私は環境問題に関心を持つようになり、マイバッグ運動やポイ捨てされたペットボトルの回収運動を続け、ペットボトルのキャップを地域の皆さんと回収し、世界の子供たちにワクチンを送る運動などにも取り組んできました。  こんな私がことしの夏、くぎづけになったのが「海のプラスチックごみ」という記事でした。 もっと読む
2018-09-07 古賀市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 遊歩道、松林、砂浜、波、太陽、中村市長、長谷川教育長、それぞれ頭に浮かんだイメージを参考までに聞かしてもらえたらと思います。とりあえず制約なしでオーケーです。 もっと読む
2018-06-20 宗像市議会 宗像市:平成30年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月20日 生産者として感じるのは、野菜、生き物を育てていますので、我々人間も含め、太陽、月を中心とした自然の循環、サイクルの中で生きているのを強く感じます。新月や満月に野菜が肥料や水をたくさん吸い、満月に向けて種をまき、乾燥させる野菜は下弦の月から新月に収穫します。有機農法は伝統農芸です。このような古来から引き継がれてきた先人の知恵を使って作物を生産します。   もっと読む
2018-06-14 糸島市議会 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-06-14 運動公園の光熱費を縮小していく上でも、エネルギー効率の高い熱利用を進めることが有効だと考えますが、太陽熱の利用や木質バイオマスなど、再生可能エネルギーによる熱の利用、供給も考えておられるかどうか、お聞きいたします。 もっと読む
2018-03-08 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日) 特に太陽が照ってるときは発電しますが、曇った場合には発電できないと、また、どうしても電力が余るケースもございます。例えば、5月から6月に関しては余るケースがあります。こういったものをどうしていくのか。   もっと読む
2018-02-27 宗像市議会 宗像市:平成30年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年02月27日 これはどういう意味かと申しますと、これまで頑張ってきたことを褒めたたえるように優しい太陽の光が包んでおりますよと。これまでの人生、これからの人生の岐路にも似た谷合いに立ってみると、これまで岩のように立ちはだかった課題、小さな小石を積み上げるように重ねた思い出が光り輝き、これからの幸せな人生を歩むための糧となるだろうと思える。 もっと読む
2017-12-20 小郡市議会 平成29年12月定例会-12月20日−05号 今日は太陽の出も悪いようですが、寒いような、薄ら寒いような感じがします。  私は、一般質問では、9月議会に引き続き国民健康保険の広域化、県への移行に伴い保険料が引き上げられないよう、また国保の累積赤字解消のため、一般会計からの繰入を引き続き実施するように、市当局の考えを問うつもりでございます。  もう1件は、コミュニティバスの運行状況と改善についてでございます。 もっと読む
2017-12-12 糸島市議会 平成29年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-12-12 市としては、この太陽熱の利用についてどのようにお考えでしょうか、今後進めていく考えがありますか、お聞きいたします。 もっと読む
2017-12-08 田川市議会 平成29年第5回定例会(第3日12月 8日) これまで占用物件として都市公園内に設けることができる環境への負荷の低減に資する発電施設について、太陽電池発電施設及び地下に設けられる燃料電池発電施設に限定されておりましたが、地下に設けられるエンジンやタービンを活用した熱電併給施設についても、占用を可能とするものでございます。  9点目が、水道施設等を設置することができる都市公園の面積要件の削除でございます。 もっと読む
2017-09-04 志免町議会 平成29年第4回 9月定例会-09月04日−02号 ◆8番(丸山真智子君) 先ほどの同僚議員の質問でもありましたけれども、杉などの植林地は人の手で木を間引く間伐をしないと太陽の光が入りづらくなり、しっかりと地面に根を張ることができないと。 もっと読む
2017-06-23 福津市議会 平成 29年 6月定例会(第3回)-06月23日−04号 それと第1工場といって、須多田の大石下の火事については、今、答弁がありましたように電池によるものだと、日が照っていたもんで、太陽の光がガラスを通して電池の置いているところにあたって、レンズ効果か何かで発火したんじゃないだろうかとそのようなことでした。  それで、第1工場、今、言ったことについては、私も消防署で聞いたら、1年経っても、まだ、原因が分からなかったということらしいんです。 もっと読む
2017-06-20 古賀市議会 2017-06-20 平成29年第2回定例会(第4日) 本文 自由記述の中にも、激しく割れるような頭痛、てんかんの症状、太陽の光がまぶしく感じた方、生理不順があったという症状が出ております。幸いといいましょうか、期間は長く続いたというふうな記述はありませんでしたけれども、不安を募らせてあるかなというふうに思っております。この追跡調査の結果をですね、どのように生かされるか伺いたいと思います。 もっと読む
2017-06-14 宗像市議会 宗像市:平成29年第2回定例会(第5日) 本文 開催日:2017年06月14日 これは、太陽の光がどう当たるかということで範囲が決められているんですけれど、こういう建物が建つ場合に、この赤で示されたところが近隣住民という規定で説明会に参加するようになるんですよね。となると、この建物の道を挟んだここは、この近隣住民から外れることになるんですよね。ですから、どんな建物が建つのかということを知りたいと思っても、今の条例の規定では参加できないようになっているんですよ。   もっと読む
2017-06-14 久留米市議会 平成29年第2回定例会(第4日 6月14日) 樹木や植物が健康であるためには、当然、太陽の光、そして、水、土が特に重要なものになってまいります。  現在の久留米市内の緑地や公園では、樹木が弱り、枯れ枝や枯れ木も目立ち、良好な状況ではない場所も見受けられます。 もっと読む
2017-06-13 行橋市議会 平成29年 6月 定例会(第6回)-06月13日−03号 ということは、ここに太陽交通がありますので、この一体の今の広場が、歩行者、自転車、バイク、車、皆さんが、それぞれ自由に乗り込んでいると言っても過言ではないと思います。  私もよく孫を送り迎えで行きますけども、私たちは、もう高齢ですからバックするときに後ろにカメラが付いた車に乗っていますから、案外楽なんですよね。昔のように若い感覚がないので、そういう車を娘に言って買ってもらいました。 もっと読む
2017-06-05 岡垣町議会 平成 29年 6月定例会(第2回)-06月05日−02号 一つは、灌木を伐採して、そしていわゆる太陽が採光というんですかね、光を当てて、そして松の実生の松が育つ、そういうような取り組みをされておられますので、そういうのがある一定の成果が出てくれば、そういう方向も範囲を決めてやっていただくということも必要だろうというふうに思いますし、そういう三里松原の保全について、町民の皆さん方にお知らせをするといいますか、松の苗植え、それから灌木の伐採、松葉かき、こういうことも もっと読む
2017-03-23 福津市議会 平成 29年 3月定例会(第2回)-03月23日−03号 ◆10番(吉水喜美子) 今の答弁で分かったんですが、師匠田はもう崖だけで土地も崩れて太陽光とか全くできないただの土地でございます。古賀側に向かいますと、舎利蔵側から見る崖はいいんですけど、古賀側に行くとやっぱり傾斜が激しくて、実は上西郷、大森、ヤナイという池がございます。  そこの水路を、1年に1回地域住民が総出で掃除してるんですが、そこの水路に崖から出てくる濁流が池に流れ込んできていると。 もっと読む
2017-02-07 遠賀町議会 平成29年第 2回臨時会−02月07日-01号 そのほか太陽光とか、そのほか空調ございますけども、我々は町内の業者を優先しておりますし、それから北九州市、近隣の業者を優先しておりますので、そういう中で、たまたまこのきたせつなりドーワテクノスというところが受注額が多いというふうに思っております。だから、特に恣意的にここを指名に加えるとか、そういうことはやっておりません。 ○議長(古野修) 尾下議員。 もっと読む