1675件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

日本労働人口の減少もあり、本年4月には改正入管難民法施行され、本市でも外国の方を見かけることがよくあります。この方たちは、日本語が十分に理解できずに災害時に情報弱者になり、どこに逃げていいかわからなかったり、逃げおくれたりするのではないかと考えられます。  本市で働いている外国労働者の方は何人ですか。また、その方たちへの災害情報の伝達についてどのように考えていますか。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

それでは、私は、本日、通告に基づき、市内居住の外国との共生等についてと、地域公共交通の充実についての2題目についてお尋ねいたします。  では、最初の市内居住の外国との共生等についてお尋ねいたします。  かつて、日本では貿易量が大きく、輸入品が多いにもかかわらず、外国の受け入れが少ないのは、いびつな社会構造だと国際的な指摘を受けていました。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 名簿 2019-07-01

│  │      │4.待機児童問題の改善について                 │ │  │      │ (1)待機児童問題の解決に向けて、当市はどのような取り組みを進め │ │  │      │  ていくのか                         │ ├──┼──────┼────────────────────────────────┤ │ 2│(1)   │1.市内居住の外国

田川市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第1日 6月24日)

続きまして、魅力発信事業の委託料の313万円につきましては、外国向けの情報発信、ホームページ等の委託料でございます。  そして、もう1点、山本作兵衛さんのコレクションワールドツアーでございますが、これにつきましては、本市の魅力向上大使である鈴木ナオミさんを通じて、イギリスのほうで山本作兵衛さんの博物館をしてもらう、そのための120万円基金を今年度計上しているものでございます。

行橋市議会 2019-06-20 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月20日−05号

次に、総合政策課では、税金や子育てのことなどを相談するために、市役所へ訪れた外国の方に対し、タブレット端末を用いて解決方法などの提案を行うための、多言語対応型生活・住環境アプリ開発に関する経費が増額補正されております。  続きまして、審査における質疑の主な内容及び意見について、御報告いたします。  

久留米市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第5日 6月17日)

価格の下落や輸出入のあり方、人件費の高騰、特に外国技能実習生や労働者の人件費の高騰などが農業経営を圧迫しているとの声が数多く聞かれます。  いかに労働者不足とはいえ、企業農業との一律的な考え方はいかがなものかと思っております。  大久保市長は12年間、国会議員として御活躍をされてこられましたので、このような現状を踏まえ、国への要望・提言などを行っていただきたいと思っております。  

糸島市議会 2019-06-17 令和元年 第2回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2019-06-17

特に今回の防災会議では、福岡県が実施をいたしました熊本地震の課題等に係る検討結果と、平成29年7月、九州北部豪雨におきます災害対応に関する検証結果を受けまして、男女のニーズの違いや妊産婦、乳幼児、高齢者、障がいのある方、外国などの多様な視点に配慮した避難運営などについて計画に反映をしたところでございます。  

古賀市議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

この道の駅のターゲットと示されているのが、その中に新たなターゲットとして博多港を中心としたクルーズ客を含めた外国観光客とあるが、外国観光客が何を求めて古賀市に来るのかを伺います。5年ほど前は確かにクルーズ客が来て爆買いというふうな言葉が出てまいりました。これは比較的富裕層が来てたんです。今は一般庶民がクルーズ客で来ております。

糸島市議会 2019-06-13 令和元年 第2回糸島市議会定例会(第3日) 議事日程・名簿 2019-06-13

(1)糸島市在住の外国の人数・割合と市役所窓口で相談される内容は何か。          (2)糸島市職員で、外国語が話せる職員は何名か。相談が多い窓口に、外国語が             話せる職員を重点配置しているか。          (3)会話できても相手に理解してもらえないケースがあるのではないか。

行橋市議会 2019-06-12 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月12日−04号

外国の国保についてですね、問題があるよということを7年前から指摘をしてきました。またこれ、国等々に私は様々行きまして、CS放送等々で行って来ました。現行、法改正があったと思いますけど、どういう流れがあったのかと、どういう法改正だったのか、端的にお答えをお願いします。 ○議長(田中建一君)  穴繁市民部長。 ◎市民部長(穴繁利雄君)  お答えいたします。

遠賀町議会 2019-06-11 令和 元年第 4回定例会−06月11日-03号

◎町長(古野修) そういう先進地的な部分は、そこの2市に限らず、数多く存在しているというふうに思っておりますけれども、当然、災害の部分に関してのお話をさせていただきますけども、やはり地域には、当然ながら、災害時に要配慮者、また高齢者、障がい者、妊産婦、乳幼児、病気を抱えている方、また外国だけではなく、要配慮者の介護や看護に関わる人、また子育て中の人、また一人暮らしや一人親等、さまざまな方が避難をしてこられる

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−02号

現在、日本国内に在留する外国は、約264万人。前年比では、2.9%増であり、厚生労働省労働調査会によると、2018年10月ですが、外国雇用している事業数は、21万6348箇所、外国労働者数は、約146万5千人となっており、前年と比べると事業者数は、2万1753箇所で11.2%増加。

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−03号

これは既に室長とも、ちょっとお話しはさせていただいていることではございますが、まず一つ、行橋にいま4月の段階で702人の外国の方がお住まいだということでございますけれども、国籍様々でございますが、これからの時代を見据えたときには、国籍だけではなくて、例えば宗教ですね、宗教といったもので外国の方々をみるということも非常に重要だと思っております。