625件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宗像市議会 2019-06-04 宗像市:令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月04日

◯瀧口教育子ども部長  今、埼玉の事例を御紹介いただいて、非常に参考になるといいますか、本市としてもまだまだだなという感想を持たせていただきました。なぜと言われますと、非常に難しいんですけれども、さまざまな要因があるかなと思っています。確かに本市の学習指導の体制がまだまだ不十分なところもあるのかなと思っているところです。関東地方に行きますと、英語に対する意識高さ地域差があるのかなと。

古賀市議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

これ、災害時バンダナといって、赤と緑でつくってあるところは大阪府熊取町、青は埼玉越谷市、黄色は千葉県浦安市のバンダナになっています。それぞれ四隅に、例えば手話ができますとか、お手伝いできます、耳が聞こえません、目が見えませんなどが書かれてあり、その言葉が見えるように肩にかけます。上にあるのが肩にかけた状況になっています。小学校などの避難所防災グッズなどと一緒にしまってあるようです。

宗像市議会 2019-03-20 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日

県でこのために条例をつくられたところが新潟県、御承知のように米どころ、山形県埼玉兵庫県、そして北海道などが制定をされています。  また、この動きは、宮崎県でも種子法廃止にかわる独自の条例制定をこの2月定例会に提出をされています。  また、岐阜県では、超党派の議員提出により条例案が提案をされ、3月議会において、22日に議決をされるという見込みのようであります。  

筑紫野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 2019-03-18

78: ◯7番(宮崎 吉弘君) 埼玉にある嵐山町では、市民の要望など、報道委員会なるメンバーで、新庁舎に見学に来られた市民にインタビュー方式で吸い上げがなされたりしているようです。  ぜひ必要に応じたさまざまな検討を切望し、私の質問を終わります。       ────────────────────────────── 79: ◯議長(横尾 秋洋君) 17番、辻本議員

糸島市議会 2019-03-15 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2019-03-15

そこで、そういった例として、長野県飯田市埼玉さいたま市、この2つの例があるんですけど、飯田市人口は糸島市と同じ規模で10万1,600人、糸島市と同じ規模なんですけど、公共施設の廃止等の数値目標は示さずに、全市的施設地域施設に分類して、地域施設については市民主体的に利用方途を検討、公共施設の削減方向は住民による検討にゆだねる、そういった方法がとられています。

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

〇 平成29年5月19日 行政視察(埼玉)    埼玉における健康長寿埼玉プロジェクトについて視察を行った。    埼玉は平均年齢45.4歳と若く、また、高齢化率も24.8%と低いため、県   民一人当たりの医療費及び介護給付費は全国で最も少ない。    その反面、高齢化のスピードは全国トップで、将来的に医療費及び介護給付   費が増大することが予想されている。

筑紫野市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-18

過去にも2014年、埼玉熊谷市で、職員が誤って別の入居者の薬を飲ませ、80代の女性が死亡。また、愛知県東郷町施設で、60代の男性入居者が車に乗る際、昇降機から車椅子ごと転落し死亡したとの事例が全国で相次いでおります。職員の適切な配置など、事故を防ぐ指導監督が必要だと考えます。  

大野城市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-12-14

早期の安全確保に有効であることから、例えば東京都小平市大阪府茨木市埼玉飯能市入間市静岡県浜松市を初め、複数の市や町に広がっているところであります。名称とこのQRコード情報内容はそれぞれに違いはありますが、このおでかけ見守りシールの活用は選択肢の一つとして検討されてもよいのではないかと思います。  本市としての活用と取り組みについて、お尋ねをいたします。

春日市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018-12-13

これは福岡県を含む、千葉県埼玉など5県の小中学校で導入され、効果もあらわれているというような記事になっておりました。  このようにですね、不登校解消に向けた全国各地の先進的な試みや施策の情報を積極的に収集し、必要なものは具体化していくということも必要だというふうに思います。

糸島市議会 2018-12-13 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-12-13

この措置を受けて、例えば埼玉朝霞市などでは、市内18の小・中学校体育館、武道場の空調設置を順次進めています。  政府は、ことし11月22日の参議院総務委員会で、これは私ども共産党山下芳生議員質問に対して、「緊急防災減災事業債は5,000億円用意しています。市町村にぜひ御活用いただきたい。周知に努めていきます」、そういうふうに答弁をしているわけです。  

春日市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-12

確かに1月に2回の頻度から考えますと、そう捉えられると思いますけども、そこを実施されている埼玉の和光市がありますけども、このような自治体もございますので、ぜひ調査研究していただき、子どもたちの眼の異常の早期発見や治療に努めていただきますよう、この件は要望とさせていただきます。  次に、再質問を4点ほどさせていただきます。  

行橋市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会(第12回)-12月11日−03号

市民参画という点でとらえますと、埼玉所沢市では地元高校の音楽科の生徒によるもの、また栃木県那須塩原市では、地元中学校合唱部によるコンサートなどが行われています。  市民の皆さんの生活に密接なかかわりをもつ、政治議会をもっと身近に感じていただくことのきっかけにつながるということで開催されているようなんですが、本市、行橋市としてもどうでしょうか。そのあたりについて、御所見を伺いたいと思います。

宗像市議会 2018-12-05 宗像市:平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月05日

一つ埼玉の事例なんですけど、埼玉小学校の先生が校内で負担軽減委員会というのを立ち上げました。そこで職場アンケートをとったんですね。その中で、昼休みを使っていた算数の補習の授業を廃止する。それから、校内研究授業指導案の簡略化を求める。それから、授業参観を1年で1日削ると、こういう案をいろいろ出したわけですね、その委員会で。それで、少しずつ先生たちが変わってきたと。