1961件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第5日)  資料 開催日:2019-12-18

令和元年12月18日  福 岡 市 議 会   議 長  阿 部 真之助 様      提出者 福岡市議会議員          松 尾 りつ子      綿 貫 英 彦      森   あやこ          倉 元 達 朗      田 中 たかし      近 藤 里 美                被災者生活再建支援法の見直しを求める意見書  北海道胆振東部地震や度重なり九州を襲

福岡市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-12-18

被災者生活再建支援法の見直しを求める意見書  北海道胆振東部地震や度重なり九州を襲った豪雨に続き、今年も台風第19号など、大規模災害による被害が続いています。被災地域では、今なお多くの被災住民が避難所仮設住宅などでの避難生活を余儀なくされており、早急な住宅再建に向けた支援の強化が求められています。  

宮若市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月13日

震災前の平成19年、当時の市長は、今後30年以内に発生することが予測されていた宮城県地震に速やかに対応できる災害後方支援の拠点に遠野市が最適であるとし、遠野運動公園内の遊技場や広場などを、災害時には臨時へリポーターや駐車場、野営場として利用するなど、既存の施設に新たな役割を持たせ、その周りに消防庁舎、給水装置備蓄倉庫などを計画・整備し、一方では、自衛隊とともに大規模な事前訓練を行うなど、災害減災

古賀市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

日本においては、台風に限らず地震、その他多くの自然災害リスクがあり、古賀市においても例外ではなく、備えることが自治体の責務であると改めて認識をいたしました。  2点目についてお答えします。今回の台風19号に限らず、大きな被害を受けた自治体については、罹災証明書発行などに係る事務に支援が必要となります。

遠賀町議会 2019-12-11 令和 元年第 7回定例会−12月11日-03号

近年、九州各地、また、全国的に見ても、台風や大雨、地震など大きな災害が多発しています。本町でも、昨年7月、大雨による避難勧告を出し、避難所の運営も経験致しました。もはや、いつ本町も全町的な大規模災害に遭遇するかもしれないということを想定し、私が所属する委員会でも、今年の10月に益城町に視察に伺いました。今回は、その経験をもとに、まずはお尋ね致します。  

春日市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-12-11

日本は、地震台風、大雨など、自然災害が発生しやすい国と言われております。実際、8年前の2011年3月11日に発生いたしました東日本大震災による災害から、私たちは多くのことを学びました。その後も、3年前の4月14日の熊本地震や、その後、台風、大雨による水害からも、驚きとともに多くの教訓を学びました。  何よりも大切なことは命を守ることであり、また、災害による被害をできるだけ少なくする防災です。

宮若市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月10日

議員(3番 藤嶋 嘉子君) 豪雨対策地震対策等、防災上の観点からも、こういった災害危険性が考えられるというため池は、国と県と連携をして、管理保全に努めていただきたい。私も、この件に関しては、継続して調査を行っていきます。要望の件数は、毎年400件程度ということを回答されました。

福岡市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2019-12-10

日向峠-小笠木峠断層地震を想定した揺れやすさマップや地域防災計画に改定し、活断層の真上にある学校施設を移築するとともに、断層に隣接する施設長寿命化しない方針にすることを検討されたいとの要望。  防災減災、縮災のためには、貯留施設の整備などだけではなく、ハザードマップ地域での活用も必要であり、また、原子力災害対策として安定ヨウ素剤備蓄も進められたいとの要望。  

久留米市議会 2019-12-10 令和元年第6回定例会(第4日12月10日)

ここ数年、地震台風、特に地球温暖化がもたらす気候変動により、豪雨などによる自然災害が全国各地で発生をしております。私たちが住む久留米市においても、例外なく、市内各所で豪雨による家屋浸水や、道路冠水、農作物など甚大な被害が発生していることは、大久保市長も御認識のとおりであります。  特に、8年前の九州北部豪雨以降、毎年のように大雨被害が多発をしております。

久留米市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第2日12月 6日)

近年では、このような頻発する台風地震といった自然災害に対する防災対策の観点から、この無電柱化に対する関心が高まっております。  そこで質問ですが、本市として無電柱化に対するこれまでの取り組みについてお聞かせください。  (2)対象道路の選定について伺います。  無電柱化には、大きく3つのメリットがあると言われております。

宗像市議会 2019-12-05 宗像市:令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月05日

地震災害については、事前に地震の発生について予測することは現代科学ではまだまだ困難性がある課題であります。しかし、この豪雨による災害に対しては、現在、気象観測の進展や予測精度の向上により、事前の予備情報を私どもはかなり得ることができるようになっていると言えると思います。  

宗像市議会 2019-12-03 宗像市:令和元年第4回定例会(第2日) 議事日程 開催日:2019年12月03日

────────────────────────┤ │発言順 6    │4番 笠 井 香奈枝                             │ ├─────────┴───────────────────────────────────────┤ │1 災害時、誰もが安心して避難できる取り組みを                          │ │ 近年、台風や豪雨による風水害や大地震

福岡市議会 2019-10-15 令和元年決算特別委員会福祉都市分科会 質疑・意見 開催日:2019-10-15

なお、平成30年6月の大阪北部地震以降、通学路沿いの693カ所のブロック塀等について、目視による現地調査を行い、そのうち156カ所については、所有者に対して危険であることを文書通知している。また、そのほかに8月末時点で367件の問い合わせがあり、現地調査を行っている。

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-09-19

2016年に発生した熊本地震には、避難所運営を迅速かつ円滑にできるよう、要点を押さえたマニュアルを策定いたしました。  昨年、総務市民常任委員会で視察を行った東京都北区では防災キットを避難所に配付しています。このキットはマニュアルの実用的なもので、避難者、誰でもわかる内容になっております。

大野城市議会 2019-09-19 令和元年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-09-19

その後、数多くの災害日本各地に起こり、近年では平成23年の東日本大震災による、今まで経験したことのない大きな津波による大災害、そして、平成28年4月には九州で発生した熊本地震、これでは阿蘇大橋が崩落し、役場や病院などの防災の拠点自体が損壊したことも記憶に新しいかと思います。