241件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宗像市議会 2019-12-20 宗像市:令和元年第4回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年12月20日

第79号議案 漁業集落排水処理施設事業の地方公営企業適用に伴う関係条例の整備に関する条例について。  宗像市漁業集落排水処理施設事業について地方公営企業を適用することに伴い、関係条例の一部を改正するものであります。  審査内容。明らかになった主な事項は次のとおり。  

宮若市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月10日

2点目の上下水道の課の統合は考えているかということでございますが、上下水道の課の統合につきましては、他市町村の事例等を勘案し、組織体制や職員身分の取り扱い、財務規程等の全てに地方公営企業を適用することが適当であると判断したときが一つのタイミングであると考えております。  

宗像市議会 2019-12-06 宗像市:令和元年第4回定例会(第5日) 議事日程 開催日:2019年12月06日

  第76号議案 市長等の給与及び旅費に関する条例及び宗像市議会議員議員報酬、費                用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について  日程第 5  第77号議案 赤間小学校(第1、第2、第3)学童保育所の指定管理者の指定について  日程第 6  第78号議案 宗像市一般住宅管理条例の一部を改正する条例について  日程第 7  第79号議案 漁業集落排水処理施設事業の地方公営企業適用

宮若市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年12月02日

これらの議案につきましては、簡易水道事業及び下水道事業の会計方式を、地方公営企業財務規定等を適用した公営企業会計に移行することに伴い、関係条例を整備するものであります。  詳細につきましては、水道課長及び下水道課長が説明をいたしますので、よろしく御審議の上、御決定をいただくようお願い申し上げます。  以上です。

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

この残額は、平成31年4月1日より下水道事業について地方公営企業が適用されたことに伴い同法の規定による特別会計へ引き継いでおります。  主な事業内容といたしましては、管渠築造工事等として9億6,061万円を、遠賀川中流流域下水道建設負担金として1億2,105万円を支出したところです。  

大野城市議会 2019-09-02 令和元年第5回定例会(第1日) 提案理由説明 本文 2019-09-02

平成30年度大野城市水道事業会計及び下水道事業会計決算の審査を地方公営企業第30条第2項の規定に基づき、議会選出の岡部監査委員とともに実施いたしました。  水道事業会計下水道事業会計ともに、審査に付されました決算報告書、事業報告書及び財務諸表等は、いずれも関係法令に準拠して作成され、その計数は正確であり、経営成績及び財政状態を適正に表示していると認めました。  

宮若市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月02日

続きまして、認定第2号平成30年度宮若市水道事業会計決算についてでございますが、本議案は、地方公営企業第30条第4項の規定に基づき、監査委員の意見をつけ、議会の認定をお願いするものでございます。  決算の概要につきましては、水道事業会計決算書により説明をいたしますので、1ページをごらんいただきたいと思います。  

筑紫野市議会 2019-08-30 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-08-30

本2件は、平成30年度筑紫野市水道事業会計及び下水道事業会計決算に伴い、地方公営企業第32条第2項の規定に基づき、各会計の剰余金をそれぞれ剰余金処分計算書(案)のとおりに処分をし、あわせて同法第30条第4項の規定に基づき、各会計決算監査委員の意見をつけて議会の認定に付すものでございます。  まず、認定第11号平成30年度筑紫野市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定の件でございます。  

古賀市議会 2019-08-28 2019-08-28 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

平成30年度の公共下水道事業特別会計決算につきましては、この4月から地方公営企業を適用した関係で、平成31年3月末日をもって特別会計を閉じる打ち切り決算となっております。一般会計でいうところの5月末までの出納閉鎖期間に発生した歳入及び歳出は、令和元年度の決算に反映することになります。  3点目についてお答えいたします。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

これは地方公営企業第26条第3項の規定によりまして、平成30年度直方市水道事業会計の新設改良事業及び営業費用の繰り越しを報告するものでございます。  6ページをお願いいたします。  上段は、建設改良費の繰り越しでございます。1款資本的支出1項新設改良事業費では配水設備新設改良事業で1億6,556万4,000円を繰り越しており、全額が請負工事費の繰り越しでございます。  

筑紫野市議会 2019-05-27 令和元年第2回臨時会(第1日) 本文 2019-05-27

本2件に関し、地方自治法施行令第146条第2項並びに地方公営企業第26条第3項の規定により、執行部から報告願います。市長。 84: ◯市長(藤田 陽三君)〔登壇〕 報告第6号及び報告第7号の2件を一括して御説明申し上げます。  報告第6号平成30年度筑紫野市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告の件でございます。  

古賀市議会 2019-03-27 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

本議案は、下水道事業の地方公営企業適用への移行初年度の予算案でございます。これらは昨年10月の市民建産委員会平成30年度から平成39年までの膨大な古賀市下水道事業経営戦略の策定のもとに進行されたものと推察いたしました。変革初年度に当たり、正直この移行に関する内容詳細を今もって私自身も熟知するには至っておりません。

遠賀町議会 2019-03-01 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号

平成31年度から、公共下水道事業、農業集落排水事業の二つの特別会計地方公営企業に基づく下水道会計として一本化し、複式簿記に移行することにより、さらなる透明性の確保、経営の健全化を進めてまいります。  幹線道路の整備。  国道3号今古賀交差点改良事業につきましては、多くの方のご協力により、ようやく立体化が完成致しました。

古賀市議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

8)下水道事業への地方公営企業全部適用を実施し、経営基盤の強化を図るとともに、公営企業の経営効率化と窓口ワンストップサービス実現のため、組織を統合し、上下水道課を創設します。  9)新たな公共下水道事業計画区域の拡大に伴い、青柳・小竹地区の下水道整備に着手します。  10)給水車を配備することで水道水の安定的な供給を確保するとともに、「水の特命大使」を任命し、水行政広報活動を強化します。  

直方市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会 (第3日 2月26日)

最後に、地方公営企業第3条、経営の基本原則には、地方公営企業は、常に企業経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するように運営されなければならないと定められております。水は第一のライフラインです。安易に経済性を優先させるのではなく、安全安心な水道水を安定的に提供し続ける水道事業の健全経営をお願いして今回の質問を終わりたいと思います。

古賀市議会 2019-01-30 2019-01-30 平成30年第4回定例会(第6日) 本文

本案は、古賀市下水道事業に地方公営企業の規定の全部を適用するため、当該事業の設置等に関する事項を条例で定めるもの。  審査内容。明らかになった主な事項は次のとおり。  1、古賀市下水道事業の設置等に関する条例の制定をするとのこと。  2、古賀市公共下水道事業特別会計設置条例及び古賀市農業集落排水事業特別会計設置条例の2条例を廃止するとのこと。