1759件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

そのことも踏まえ、国はことし1月、国土交通省内に自転車事故による損害賠償のあり方を協議する有識者検討会を発足させました。現在、保険補償内容や自動車損害賠償保険と同様、全国一律で自転車利用者に保険加入義務づけるかどうか検討を行っています。自転車は、子供から高齢者まで幅広い層が利用し、利用頻度や経済力にも大きな差があります。こうした点も踏まえた丁寧な議論も求められています。

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

倉敷市長は国土交通省と携帯電話で連絡をとり合い、川の水位の動向を随時把握、その上で市の基準に達する前に勧告や指示を出したが残念な結果となったと言われておりました。  直方市においても、昨年、災害対策本部が設置され、倉敷市のように市長、副市長も泊まり込みで陣頭指揮をとられたことと思います。感謝いたします。  それでは、本市における国県が管理する河川の整備状況を教えてください。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

次に、手持ち工事量につきましては、国土交通省所管機関工事実績情報システムを用いて、受注状況を確認し、技術者数などを考慮した上で指名を行っております。  次に、指名回数の件についてですが、発注する工事の案件ごとに、指名競争入札参加者の指名選定等に関する要綱で定める選定基準に基づき、適正に手続を行った結果です。  

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

昨年の平成30年西日本豪雨では、7月5日、6日に直方市でも豪雨が降り、遠賀川、日の出橋観測所の水位が6日19時50分ごろには、国土交通省が決めた計画高水位の8メートル46センチを超えて8メートル63センチまで上昇し、いつ堤防が決壊したり、越流による内水氾濫になってもおかしくない状態でございました。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

附則第15条の2の2、軽自動車税の環境性能割の賦課徴収の特例では、当分の間、県が賦課徴収などを行うとされており、第2項は税率の適用の判断は国土交通大臣の認定などにより行うとする規定。  第3項は、偽って不正に国土交通大臣の認定を受けたことを理由に税額不足が生じた場合に、認定の申告を行った者を所有者とみなし、不足額賦課徴収を行うとする規定。  

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

国土交通省からの補助金が当初2分の1から3分の1に変更になって、結局、負担割合が3分の1で、交付決定額が350万、あと市の単費が628万という、こういう計画でございますけども、この計画のもう少し具体的に、先ほど部長が言われましたこのアンケート調査なんかをやってるんですね。18歳以上の市民3千人、特にこのあたりの流れをもう一度述べてもらいたいと思います。   

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日)  資料 開催日:2019-06-24

令和 年 月 日  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣国土交通大臣,  国家公安委員会委員長警察庁長官 宛て                                            議  長  名 ──────────────────────────────────────────────────── 意見書案第3号    教育予算の拡充を求める意見書案  上記の意見書案を次のとおり

春日市議会 2019-06-19 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-06-19

まず、燃費基準等の詳しい情報国土交通省のホームページかという問いだったと思いますが、これは間違いなく国土交通省のホームページでございました。  それから、燃費基準測定方法が二通りあるがどちらを使うのかという問いでございました。27年度基準以降はですね、JC08モードのほうを使用いたします。  以上でございます。 5: ◯委員長(内野明浩君) ありがとうございます。

春日市議会 2019-06-18 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-06-18

まずは非課税の部分を申し上げますと、これは国土交通省が定めたものでございますが、平成32年度基準を10%上回るものが非課税でございます。それから、燃費基準平成32年度基準を達成したものが1%でございます。そして、最後のこの2%の部分がですね、燃費基準平成27年度基準を10%上回るものがこの2%に該当するところでございます。  以上でございます。 37: ◯委員長(内野明浩君) 北田委員。

久留米市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第5日 6月17日)

2点目が、同様に、その支流である長池川や池田川のしゅんせつ工事、3点目は、陣屋川・大刀洗川流域への調整池の設置、4点目が、陣屋川・大刀洗川の河道域の拡幅と管理道路のかさ上げなど抜本的な河川改修、5点目が、近年、北野周辺の筑後川は浅くなっている上に、一昨年の朝倉災害の土砂が大量に流れ込んでいるため、筑後川のしゅんせつ工事、6点目が、旧陣屋川には排水ポンプが設置されていないために、国土交通筑後川河川事務

古賀市議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

また、既に新聞報道等でされているとおり、国土交通省では全国にある道の駅防災機能を強化するという方針がございます。もちろん現在決定しておりませんが、国の動向を注視しながらですね、やっていきたいと思っております。また、グリーンパークは地震緊急避難指定場所ともなっております。

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

国土交通省では、園児等の交通安全について、警察等の関係機関と連携して点検を実施することを発表し、既に5月13日付地方整備局等に通知をしており、過去5年間で子どもが当事者となった交差点での重大事故の箇所や類似箇所を対象に、警察と連携して点検を始めているようです。  この事故を受けて、保育現場における園外活動の安全管理などについて、国からの通知はありましたでしょうか。

大野城市議会 2019-06-17 令和元年第4回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-06-17

2003年、国土交通省が都市公園における遊具安全確保に関する指針を立てたこともあり、重大な事故につながる可能性のある遊具が撤去され続け、公園遊具が少ないという声もあります。  自治体で管理している公園について、国土交通省が調べたデータによると、箱型ブランコの数は1998年に9,791件あったのに対して2013年には1,401件にまで減少しているとのことでした。

福岡市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-06-14

106 ◯44番(綿貫英彦) 違反と認められませんけれども、国土交通省の外郭団体公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団の出した啓発パンフ、すぐわかる障害者差別解消法には、あれこれの理由で交通事業者が人員配置を怠ることについて、利用できるようにするための配慮を初めから何もしようとしない姿勢が問題だとして、どうすれば人による対応が可能か、組織として検討

久留米市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第4日 6月14日)

国土交通省の地域公共交通の活性化及び再生の将来像を考える懇談会の提言によりますと、「次の10年に向かって何をなすべきか」というところで、  自家用車の普及に伴い、公共交通機関の利用は地方を中心に徐々に減少していった。地方公共団体交通事業者及び地域住民というそれぞれの主体が、みずからの地域公共交通の問題を十分認識していない、または認識していても問題を解決する実行力が不足しているという課題がある。