3141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

公開する場所につきましては、図書館の一角に準備を進めております開架展示スペースで実施していく予定でございます。以上でございます。 ○1番(安永浩之)  質疑2回目です。1点目の旧直方駅舎車寄復元及び直方駅前イベント広場に関する基本設計業務委託に関して、委託の実施内容を御答弁をいただきました。

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

平成になり供用開始した主な投資には、国道200号バイパス、勘六橋、菜の花大橋と市道知古感田線、福智山ダム公共下水道事業、直方駅建てかえと交通結節点事業など基盤整備事業、須崎町土地区画整理事業、感田東土地区画整理事業などの定住を促進する事業、また、ユメニティのおがたと市立図書館火葬場、上頓野産業団地等が浮かびます。

直方市議会 2019-07-11 令和元年 6月定例会 (第6日 7月11日)

について  第16 議案第55号 直方市立学校施設使用条例の一部を改正する条例について  第17 議案第56号 直方市税条例等の一部を改正する条例について  第18 議案第57号 直方市火災予防条例の一部を改正する条例について  第19 議案第58号 直方市介護保険条例の一部を改正する条例について  第20 議案第59号 直方市営駐車場条例の一部を改正する条例について  第21 議案第60号 直方市立図書館条例

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

(1番 安永議員 自席より) ○1番(安永浩之)  議案第60号 直方市図書館条例の一部を改正する条例について、4点質疑をさせていただきます。  まず、1点目です。図書館の附帯施設としての駐車場、これは条例の中に名称、場所等が明記されておりませんが、駐車場とは直方駅西口広場駐車場を指すのかどうか教えてください。  2点目、第8条に、初めの30分以内は無料とすると定められております。

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

それから有吉市長のときに労働省A型という、これは、今、ユメニティと図書館になってます。このときも福祉の部分が外されたんですね、補助金に合わないということで。そして、向野市長、3期12年、そのうちの最後の3期目の4年間は副市長もかかわったんです。だから、これ以上言われてももう計画ないでしょうから。じゃあ、今度もしこれを見直すというなら、いつまで、それぐらいは答えてください。いつまでにしますか。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

本案は、直方市立図書館の南側に設置されている直方駅西口広場駐車場について、市営駐車場から外し、新たに直方市立図書館駐車場として位置づけるために改正するものでございます。  当該駐車場につきましては、利用者の大半が図書館の利用者であることから、土木課より移管を受け教育委員会で管理をしようとするものでございます。  

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 2019-06-24

市民図書館やふれあい文化センターなど、これまで市が直営で業務を行っていたところでの民間業者の指定管理者制度導入が進む中、実はこれまでも、図書館の窓口や移動図書館は業務委託で民間業者の職員が対応して担当していたのだと、後になって知ることも多いと感じます。  市長はこれまで660回を超す出前トークを行い、市の施策を伝え、市民の声を聞いてこられました。

古賀市議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

中学校の普通教室小学校図書館、和室に対するエアコン整備につきましては、この6月市議会定例会に空調設備整備工事契約案件として御提案させていただいております。また、音楽室、美術室、図工室などの特別教室については現在設計中であり、いずれも本年度中に整備を完了する予定です。  2点目についてお答えします。

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

また、練馬区光が丘団地では、ショッピングセンターや病院図書館などが建ち並び、一見、何の不便もないように感じますが、団地からショッピングセンターまで10分以上かかり、つえをついたり、カートを押しながら出かける高齢者の中には、買い物を困難に感じている人も多いようです。買い物支援だけを考えれば、宅配やネット販売なども考えられますが、それでは高齢者がますます孤立してしまいます。

行橋市議会 2019-06-12 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月12日−04号

現在、図書館等複合施設は槌音も高く、建設中でございますが、今もなお様々な意見をお聞きしております。その図書館等複合施設がかたちとなり、運営に向けて加速を増していくのは今からでございます。市民や利用者のために担当者の熱い思いが必要ではないでしょうか。読書は、人それぞれの感じ方があり、想像力が溢れます。文字は人の心を動かし、五感を刺激いたします。  

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−02号

         要        旨       │├──┬────────┼────────┼──────────────────────────┤│ 12 │大池 啓勝   │魅力ある未来都市│1 教育行政について                ││  │(一問一答方式)│づくり     │2 今川PA活用事業について            ││  │        │        │3 図書館等複合施設

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−03号

もちろん図書館だけは15年となっておりますが、公園というのは、その時々の経済状況、社会状況で、使われ方が大きく変わる可能性があると思いますが、なぜ10年間とするのか、その理由を御答弁ください。  4つ目に、これから公募するのだと思いますけれども、今後のスケジュールについて、明らかにしてください。市長のほうから、ぜひお願いいたします。 ○議長(田中建一君)  田中市長。

久留米市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日 6月10日)

4月より、市立図書館における新たなサービスを開始いたしました。まず、図書館のニーズや利用実態を調査した上で、これまで一律的に月曜日が休館となっていたものを、市中心部にある六ツ門図書館の休館日を水曜日に変更し、市内の図書館を利用者がいつでも利用できるような体制を整えました。  

行橋市議会 2019-06-04 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月04日−01号

債務負担行為につきましては、図書館及び視聴覚センター跡地活用事業、長井浜公園指定管理料及びゆくはしビエンナーレ2021補助金に関する経費につきまして、新規に設定するものであります。  以上、今回提案いたしました案件の概要につきまして、御説明申し上げましたが、いずれも市政運営上、重要な案件でございますので、よろしく御審議をいただきまして、御賛同賜りますよう、お願い申し上げます。

大野城市議会 2019-06-03 令和元年第4回定例会(第1日) 提案理由説明 本文 2019-06-03

まず第52号議案は、令和2年1月に納入を予定しております、大野城まどかぴあの移動図書館車の購入に関するものであります。本年5月9日に指名競争入札を執行し、仮契約の相手方を九州日野自動車株式会社古賀支店に決定いたしました。  次に、第53号議案は、令和2年1月に納入を予定いたしております、市内小中学校コンピュータ教室用のパソコン等機器の購入に関するものであります。

春日市議会 2019-05-16 令和元年第1回臨時会(第2日) 本文 2019-05-16

また、5年間の保守が必要と見込まれる市民図書館学校の図書室のパソコンについては、すぐ対応できる環境を整えるものとの回答を得ております。  採決の結果、全員が原案に同意することに賛成いたしております。  以上で、総務文教委員会の審査結果の報告を終わります。よろしくお願いいたします。 39: ◯議長(松尾徳晴君) ただいまの総務文教委員長の報告に対し、まず初めに質疑をお受けいたします。  

春日市議会 2019-05-16 令和元年総務文教委員会 本文 2019-05-16

125: ◯総務課長(内藤厚幸君) その65台、こちらに関しましてはですね、図書館学校の図書室のパソコンについて5年間の保守対応という形でさせていただいております。 126: ◯委員長(高橋裕子君) 川崎委員。 127: ◯委員(川崎英彦君) それは何か特別なソフトが入っているとか、使用頻度が高いというような理由、差し支えなければその理由を教えてもらえませんか。

古賀市議会 2019-03-27 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

また、昨年も改善を指摘した学校図書館、市立図書館の図書購入費はことしも減額となり、市立図書館の図書購入費は2年間で153万円も減額になっています。この状態で子どもたちや市民の要望に応えられるようになるでしょうか。また、古賀市の自慢すべき取り組みだった小1プロブレム対策の人的配置を今年度から小学校適応促進補助員として全学年に拡大されることになりました。支援の必要な子どもは増加傾向にあります。