26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

田川市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第2日 6月21日)

議員として必要最大要件の一つである発言や、議員の封鎖、口をつぐまさせるを強要するのは、私の政治生命を絶つ以外の目的以外何ものでなく、個人への誹謗、中傷、名誉毀損として断じて看過できるものではありません。  まず、法を超越したこの文書行為について、副組合長、また当組合執行部として陣容にいる市長は、どのような心証を持っているのか、まず尋ねていきたいと思います。  

嘉麻市議会 2016-06-10 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月10日−01号

具体的な事柄を挙げて、相手の社会的評価を下げる行為名誉毀損罪に当たります、とされていることを紹介しておきます。  以下、侮辱発言に当たる具体的表現をお示しいたします。  身元確認について、去る3月議会で、副市長の早期な辞職を促す会から出された請願文書の中に、2016年11月26日、田川市は嘉麻市スポーツ指導員S容疑者を強制わいせつと暴行の容疑で逮捕した。

嘉麻市議会 2016-03-11 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月11日−03号

そうすると、全くの冤罪であるということであれば、このS氏は嘉麻市と施設側に対して、名誉毀損訴えをしてしかるべきだと思うんですが、その訴えはありませんか。 ○議長(宮原由光) 西野課長。 ◎スポーツ推進課長(西野浩) 変更申請、契約が変わったということは、何らかの合意があったと思われております。  今、田中議員が言われるようなことにつきまして、私どもが把握しているところではございません。

久留米市議会 2015-12-09 平成27年第5回定例会(第3日12月 9日)

それから2点目、差別事件と言えるのかということでございますが、現在、連続して発生している落書きは、何者かがある特定個人を誹謗中傷するために行っている名誉毀損などの人権侵害に当たる犯罪行為であります。個人基本的人権を侵す不当差別行為であると考えております。以上です。 ○議長(別府好幸君) 鵜木健康福祉部長

古賀市議会 2014-09-10 2014-09-10 平成26年第3回定例会(第5日) 本文

次に、第2件目の御質問名誉毀損訴訟問題で本年3月5日の最高裁の上告棄却その後についてお答えいたします。昨日もお答えいたしましたとおり、最高裁の判決は事実誤認であり、事実無根であるという以前からの私の主張は変わっておりません。関係者の努力により、最高裁の審判を覆し得る新たな決定的な証拠が出てきましたので、現在法務関係者と協議し、民事再審請求などを検討しながら手続を進めております。  

古賀市議会 2014-09-09 2014-09-09 平成26年第3回定例会(第4日) 本文

週刊朝日に掲載された記事に対し、市長が名誉毀損訴えてあった裁判ですが、一審判決は市長の勝訴、二審判決では逆転敗訴となっています。それを不服として最高裁に上告されたということでしたが、それも退けられました。週刊朝日の記事は真実であると認められました。二審の結果についても、また最高裁への上告が退けられたことについても、市民には何の説明も行われないままです。

古賀市議会 2014-08-28 2014-08-28 平成26年第3回定例会 目次

164  諸報告 ……………………………………………………………………………………………………………… 164  一般質問 …………………………………………………………………………………………………………… 164  15番 吉住 長敏君 ……………………………………………………………………………………………… 164     1.集団的自衛権の一内閣閣議決定とその解釈変更手続について     2.名誉毀損訴訟問題

古賀市議会 2013-12-03 2013-12-03 平成25年第4回定例会 目次

「週間朝日」名誉毀損問題の審理の結論に関する行政長の立場  3番 前野 早月君 ……………………………………………………………………………………………… 133     1.先進地に学び健康寿命の延伸を     2.古賀清掃工場の将来構想は、古賀市の循環型社会形成にどう影響するのか 散  会 ……………………………………………………………………………………………………………… 146                     

小郡市議会 2012-12-17 平成24年12月定例会-12月17日−03号

去る5、6月ごろ、私が痴呆症の症状があるとちまたにうわさされましたが、全くの健全であり、名誉毀損で甚だしく感じましたが、何の偽りもないごらんのとおりの元気はつらつとしております。「丈夫志を為す、窮して益々堅さるべく、老いては益々壮んなるべし」の心境であります。なお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。  

みやこ町議会 2011-09-13 平成 23年第4回定例会( 9月)-09月13日−03号

何を言おうと名誉毀損にもならないし。しかし、地方議会というのは非常に厳しいものがありまして、そこの議会の品格を欠くようなことになってくるとそういうこともありますので私は言葉を慎重にしながら申し上げているわけでございます。その点は御理解を賜りたいと思っております。  なお、私は多分悪いもんですから、その辺のことはすべて忘れてしまって、どうだったかなと。あの当時はカッと来ました、正直言って。

古賀市議会 2011-06-17 2011-06-17 平成23年第2回定例会(第4日) 本文

名誉毀損訴えて、早く身の潔白を証明してくださいよ。そうすることが古賀市の、市民のためではないかと考えます。  時間がありませんので次に移ります。告発をしている首長政策について討議するというのは、大変むなしいものがございますが、市役所は一刻たりとも市民サービスを停滞するわけにいきません。今回の震災は、これまでの常識を覆す未曾有の出来事でありました。

小郡市議会 2008-03-13 平成20年 3月定例会-03月13日−03号

ただ、明らかに名誉毀損に当たると、あるいは誤った情報であるというふうなことであれば、法的に訴えたり、あるいは訂正、削除の申し入れをする等の措置も考えられるのではないかというふうなご意見をいただきました。基本的には、この情報開示、何を開示するのかという段階での不開示情報の見きわめがポイントであろうと。

小郡市議会 2006-12-14 平成18年12月定例会-12月14日−03号

いじめで相手をののしったり、身体的特徴をあげつらったりする行為は、侮辱罪や名誉毀損にも訴えることがあります。殴ったりけったりすれば暴行罪で、それでけがをさせれば傷害罪も成立をします。トラブルどころではなく、いじめ自体が犯罪であります。  いわゆるいじめの区分を明確にすべきではないでしょうか。さらに、行動規範を事前に示し、違反した場合の措置を限定的にでも定めておくことも大切であります。

遠賀町議会 2006-12-08 平成18年第 6回定例会−12月08日-03号

それから、相手をののしったり身体的特徴をあげつらったりする行為もこれは屈辱罪というんですか、あるいは名誉毀損罪に問われるわけです。また、殴ったりけったりすればこれはもう暴力行為ですよね、暴行罪。それでけがをさせれば、これはまた傷害罪等も成立するわけですね。ただのトラブルというようなことでいじめは直らんと思うんです。

  • 1
  • 2