5064件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日市議会 2020-01-10 令和2年広報広聴委員会 本文 2020-01-10

それから、14ページ、議会報告会のページですが、これは2回目の記事になりますので、まずタイトルのところには「パート2」という表現を、それから、今回は上段のほうにありますピンクの期日、内容、参加者等々のお知らせ、それから、真ん中あたりにあります議会報告会当日の流れに関するところのお知らせ、これは、今回はもう削除してください。

福岡市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-12-18

さらに、安倍首相や自民党、公明党がこの会を私物化して参加者を野放図に広げる中で、反社会的勢力も引き入れることとなりました。そのことを追及された官房長官は、反社会的勢力が入ったのだろうと開き直ったあげく、反社会的勢力を限定的かつ統一的に定義することは困難であるなどとする閣議決定まで行いました。

久留米市議会 2019-12-18 令和元年第6回定例会(第6日12月18日)

補正予算の大方は賛成ですが、ただ一つ、補正予算、第2条 繰越明許費の補正中、8款中心市街地再整備事業、いわゆるJR久留米駅前再開発事業について、6月議会でも質問いたしましたが、この事業について納得がいかないことを述べて討論に参加します。  それは、1つは費用対効果が明らかになるのが26年後だということ。

春日市議会 2019-12-16 令和元年議会運営委員会 本文 2019-12-16

2階の各委員会室において、生徒さんには二人ずつ3班に分かれていただき参加していただくよう予定しています。また、意見交換会終了後は、全員協議会室にて修了証授与式を予定しています。  最後に、委員長報告等に対する質疑、討論締め切りは本日の午後2時となっております。  以上でございます。

古賀市議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第5日) 本文

障がい者や高齢者の外出を促すことは、地域参加のきっかけや地域とのつながりづくりに重要であり、その外出を支援することは、地域福祉の推進につながると認識をしております。社会福祉議会バスにつきましては、地域福祉の推進を図るため、社会福祉目的とした事業及び社会福祉活動に対する市民参加を支援する一助として運営されていると考えております。  3点目についてお答えします。

春日市議会 2019-12-13 令和元年地域建設委員会 本文 2019-12-13

それでは、議会報告会での参加者の方の御意見に対しての委員会としての回答の協議、調整については、以上のとおりであります。  本日予定されておりました日程は全て終了いたしました。  次回の委員会は、12月16日の議会運営委員会終了後に閉会中の調査事件の調整を行います。  そのほか、委員から何かございませんでしょうか。                 

糸島市議会 2019-12-12 令和元年 第4回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2019-12-12

この時点の70歳代は、いわゆる団塊の世代でございまして、身体年齢が若く、社会参加に対する意欲も高いという傾向がございます。このような結果にそれが影響しているのではないかというふうに考えております。  しかし、一般的に80歳を超えますと、心身の機能が低下いたしまして、介護が必要な状態になる方もふえておられます。

古賀市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

「何から始めていいかわからない」「活動が続かない、続ける活動が思い当たらない」「行政担当者の意識が低い、非協力的」「災害時に組織が機能するか不安」「若者が全く参加しない、協力しない」「構成員、住民の高齢化」などで、これに対する住民の方々の言いわけといいますか、言い分ですね。

春日市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-12-11

コミュニティ・スクールの根幹は地域特性であり、地域行事などへの参加、実践方法、サポートの仕方など、地味ですが、毎年毎年続けることこそ大事なことだと思います。独自性を保つために各学校に任せることはよいことだと思いますが、一度決めたら、学校判断で簡単に変えないほうがよいと思います。

福岡市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-12-11

参加者アンケートの速報値によりますと、約5割の人が取り組み前と比べ休養がとれていると感じるようになったとし、約6割の人が睡眠を大切にするようになった、また、約4割の人が仕事の能率が改善したといった結果が出ておりまして、参加者の健康の維持増進に一定程度つながっているものと考えております。

久留米市議会 2019-12-11 令和元年第6回定例会(第5日12月11日)

今後とも、学校と連携を図りながら、教員の時間外での活動や休日の研修会への参加など、長時間労働につながる仕組みや制度の見直しを含め、総合教育会議等で議論しながら、教職員の働き方改革についても進めていきたいと考えております。  (3)は子ども未来部長より回答させていただきます。私からは以上でございます。 ○議長(永田一伸君) 楢原総務部長。