1774件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

古賀市議会 2019-12-18 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第6日) 本文

花鶴丘3丁目の避難訓練では、1日目に災害図上訓練とあるが、避難ルートや防災マップを使ったものになるのかとの問いに、図上訓練の内容については、実施主体福岡県福祉課が調整しながら検討していくことになるが、一般的な図上訓練に関していえば、市の総合防災マップ、花鶴丘3丁目の地図危険箇所を落とし込んだものを使用するとのこと。

筑紫野市議会 2019-12-17 令和元年第5回定例会(第3日) 本文 2019-12-17

受動喫煙により、肺がんや喉頭がん等のがん、虚血性心疾患や慢性閉塞性肺疾患等の疾患を引き起こす危険因子であり、また、ぜんそくを悪化させるなど、健康へ重大な影響を与えます。  子どもや患者等に特に配慮しなければならない学校児童福祉施設病院診療所行政機関の庁舎等は第一種施設に該当し、敷地内は全面禁煙となっております。

筑紫野市議会 2019-12-17 令和元年第5回定例会(第3日) 名簿 2019-12-17

  計画は、いつ頃策定を予定しているのか伺う          │ ├──┼──────┼────────────────────────────────┤ │ 8│(18)   │1.福岡県が実施している「大規模盛土造成地の所在調査」について │ │  │ 田中  允│ (1)筑紫野市の調査結果はどうなっているのか           │ │  │      │ (2)現在各コミュニティでは災害危険場所等

大野城市議会 2019-12-13 令和元年第6回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-12-13

昨日、17番議員の一般質問でも触れられました、井の口区危険箇所マップづくりのまち歩きのときなど、公民館の位置が遠いとこもあるなとご指摘も受けたところであります。  公民館設置の条例を拝見しました。1,000世帯の線引きにより今の公民館建設されているものです。ただし、位置に関しては所在地の住所のみの記載しかなく、移転、転居ということは文章で読み取ることができませんでした。

古賀市議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

それに比して、周辺の貧弱な、危険極まりない狭い狭い道路というのはいかがなものかというのが私の発想の出発点なんです。しかもですね、3号線ボックスは、ここの下のほうに書いておりますが、幅30メートルありまして、斜線の引いている2.7メートルは、ここはですね無料駐車場になっております。平日でもですよ。日曜なんかは多分、写真で示してますように数台とまってますわ。

大野城市議会 2019-12-12 令和元年第6回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-12-12

330: ◯13番(平井信太郎) 先ほども申し上げましたが、スマートフォンというのは使い方によって本当に危険なものであります。このスマートフォン危険性は子どもたちに周知していますでしょうか。 331: ◯議長(山上高昭) 教育部長。 332: ◯教育部長(平田哲也) 全ての小中学校において、学級活動の時間などを用いて規範意識育成を重視した学習会を行っております。

宮若市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月11日

そうしたことから、本市といたしましては、早目の避難情報の発令を心がけるようにしておるわけでございますが、身の危険を感じた場合は、市からの情報を待たずに避難行動を開始していただくということで、この点につきましては、訓練等において周知を行っておるところでございます。

久留米市議会 2019-12-10 令和元年第6回定例会(第4日12月10日)

また小児では、中耳炎や熱性けいれん、そして非常に危険な状態ともいえる急性脳炎などに至る可能性も高くなります。そこでインフルエンザワクチンを接種しておくことは、重症化を防ぐ上で有効とされております。  インフルエンザワクチンの接種は現在、久留米市では65歳以上の自己負担金は1,650円で接種できるようになっております。インフルエンザの感染拡大は、集団生活を送る幼児から中学・高校生が挙げられます。

田川市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第3日12月 6日)

総務部長(米田 昭彦 君)  タイムラインは、事前の防災行動計画とも言われてまして、突然発生する地震には適しませんが、次第に危険性が高まって災害が起きる可能性のある豪雨や特に台風有効とされております。本市では、台風の接近を想定したタイムラインを作成し、実際に活用しております。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○副議長(田守 健治 君) 石松議員

田川市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第2日12月 5日)

これは、ただ実際に決算を迎える段階、3月末とかですね、5月の出納整理期間中に、そこの収支状況が完全に見通せるのであれば、そういうことができるのですけど、やはりここは確実に黒字決算で終わらせないといけないという使命もありますので、そこで危険性を配慮して、財政調整基金を取り崩すということを行っています。

直方市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会 (第5日12月 5日)

そのうち放置され倒壊などのリスクがある危険な空き家を自治体が強制的に撤去するケースが相次いでおります。急増の背景には、通学路への屋根瓦の落下や放火による火災の発生など、周囲への悪影響から自治体が対応を迫られるケースがふえていることがあります。  一方、こうした空き家は所有者と連絡がとれなかったり所有者がいなかったり、自治体が撤去を肩がわりしても費用を回収できず9割以上が公費負担となっております。

直方市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第4日12月 4日)

次に、昨年度の豪雨のとき、犬鳴川も危険水位に達しまして、力丸ダムが満水になったということで緊急放流をすると。私も、当時、団長をしておりましたので、災害対策本部におりまして、急にぽっと電話が入ってきまして、非常に私からすりゃ、えっ、そんなに急にそんなことするのっていう感じやったんですよね。1時間か2時間ぐらい前に、9時20分か10時20分から放流をしますというような連絡だったですね。