3576件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大牟田市議会 2060-09-10 09月10日-04号

◆16番(森竜子)  ESDと市民のまちづくりについて。 小さい1、本市におけるESDとSDGsの考え方。 少子高齢化が進む中、人口減少に歯どめをかけるためには、本市に生まれ、育ち、住み続けたいと思えるまちづくりが重要であります。 

北九州市議会 2025-09-13 09月13日-05号

また、千葉市では東京大学や他の自治体、民間企業等とでMy City Reportというアプリを開発し、現在ちばレポとして道路の損傷だけではなく、地域におけるさまざまな困っている課題を共有するツールとして活用されているという事例もございます。 これらのアプリは、市民が手軽にスマートフォンから位置情報つき写真レポートを送付し、専用サイトで市民と市役所情報共有するものでございます。

北九州市議会 2024-06-11 06月11日-05号

今後も関係者として研究事業を進めてまいりたいのであります。 次に、発達障害のある全ての人への支援についてであります。 議員御指摘のとおり、子供への支援と同様に重要な課題であります。今後は進学、就職、結婚、出産、育児など、生活環境の変化に合わせた支援について検討を進めたいと考えております。まずは、本年8月を目途にアセスメントツール研究会を拡充した発達障害者支援地域議会を開催します。

大牟田市議会 2024-06-10 06月10日-01号

   部長             吉田尚幸   調整監             鴛海 博   契約検査室長             藤丸直也   総合政策課長             高口雅実   財政課長             木村真一   人事課長            市民部             黒田省二   部長             井口英則   調整監            市民

北九州市議会 2022-09-27 09月27日-06号

今後は、地域学校がパートナーとして連携、する地域学校本部について、検討してまいりたい等の答弁がありました。 なお、委員から、教員が産休や育休、病休を安心してとれるよう代替教員を配置されたい。 小中一貫連携教育は、他都市の成功事例やモデル校の経験を生かし、引き続き取り組まれたい。 みらい塾が、北九州市のよりよい教員育成につながるよう努められたい。 

大牟田市議会 2022-09-09 09月09日-03号

今後におきましても、市民の皆さん、事業者、市がしながら3R--リデュース・リユース・リサイクル、こちらを推進することで、なお一層のごみの減量化・資源化に取り組んでまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議長(境公司)  平山議員。 ◆20番(平山伸二)  ありがとうございます。 

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

去年7月豪雨では、大原校区のまちづくり協議会被災者の皆さんへ地域備蓄していた食料をご提供いただいたことや、発災後に環境保全協議会、あるいは建設業協会、みい青年会議所、久留米大学医学部看護学科、ボランティア連絡協議会などにご協力をいただき、浸水家屋の防疫作業や災害廃棄物の収集運搬や受け入れ作業を行うことができました。

志免町議会 2021-12-19 12月19日-05号

また、場所については、教育長学校教育課で各校と精力的に協議を展開しているとの報告を受け、来年度の申し込みの状況も確定してきており、その状況によってはいろいろな課題と方法が考えられ、いずれにしても来年4月からの待機学童ゼロに向けて行政議会して実現できるよう全力で取り組みたいとの思いで、引き続き予算常任委員会閉会中の審査付託案件といたしました。 

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

その中で、以下の事項については適切な対応を求めますということと、サービスチェック事業についてと、2番目にのまちづくりについてということについて意見書を出しておりますが、このことについてご承知でしょうか。 ○入江和隆議長 意見書を出したということに関してきちんと把握されてますかというお尋ねでよろしいですね。 答弁を求めます。 山下経営政策部長

大牟田市議会 2021-09-26 09月26日-06号

   部長             吉田尚幸   調整監             鴛海 博   契約検査室長             藤丸直也   総合政策課長             高口雅実   財政課長             木村真一   人事課長            市民部             黒田省二   部長             井口英則   調整監            市民

岡垣町議会 2021-09-09 09月09日-02号

現在の進捗状況としては、町道浜山・海水浴場線から西側地域の約0.7ヘクタールを昨年度までに整備し、現在、の取り組みの一つであるアダプト制度により、地域団体等による管理が行われています。 今後の松原の可視化整備については、今年度中に当該地域がおおむね完了することから、次年度以降は、周辺の道路沿いを中心に整備を進めます。 

北九州市議会 2021-06-07 06月07日-03号

この取り組みでは、市と事業者が、コラボレーションするため、より多くの空き家所有者に対しての信頼度が向上いたします。このことから空き家の面的な利用が促進されるものと期待をしております。 空き家のリノベーションの推進につきましては、旧新興住宅地における子育て世帯も含めた多世代共生のまちづくりに有効と考えております。

大牟田市議会 2020-12-25 12月25日-05号

   部長             吉田尚幸   調整監             鴛海 博   契約検査室長             藤丸直也   総合政策課長             高口雅実   財政課長             木村真一   人事課長            市民部             黒田省二   部長             井口英則   調整監            市民

大牟田市議会 2020-12-20 12月20日-04号

議長(境公司)  中島市民部長。 ◎市民部長(中島敏信)  本市におきましては、校区まちづくり協議会制度の導入から9年目を迎えておりますことから、校区まちづくり協議会については、設立期から自立期へと移行していると、このように状況を捉えておりまして、第6次の総合計画の策定の中において、校区まちづくり交付金制度の大幅な見直しの検討を進めているところでございます。 

大牟田市議会 2020-12-18 12月18日-02号

議長(境公司)  中島市民部長。 ◎市民部長(中島敏信)  現状におきまして、私どもは毎年、まちづくり市民アンケートということで各施策についての市民の満足度でありますとか意向を伺う、そういった仕組みをとっておりますが、その中で「人権が守られていると感じるか」といった設問を設けさせていただいております。