1109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第1日)  資料 開催日:2019-12-10

   ~11月19日┃ ┃南原茂        │ける客引き行為等の禁止に関する条例制定の経緯│        │        ┃ ┃           │及び制定後の現状について調査        │        │        ┃ ┠───────────┼──────────────────────┼────────┼────────┨ ┃山口湧人       │国民健康保険,後期高齢者医療制度

春日市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2日) 名簿 2019-12-04

      │     │ │ 番号 │      件          名      │ 上程日  │送付委員会│ │    │                        │      │     │ ├────┼────────────────────────┼──────┼─────┤ │    │「国による妊産婦医療費助成制度創設」並びに、  │      │     │ │ 24 │「福祉医療制度

田川市議会 2019-10-04 令和元年第4回定例会(第5日10月 4日)

この実現に向けた事業計画については、1、市立病院の果たすべき役割、2、三方よしの病院経営、3、再編・ネットワーク化などで構成されており、特徴ある病院への運営強化と地域住民が求める医療提供体制の確保に努めるとともに、健全で自立した運営基盤の構築や国が進める医療制度改革に的確に対応できる病院として、新たな第一歩を踏み出す内容となっております。

田川市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4日 9月20日)

策定に当たっては、10年後の目指すべき、あるべき病院像を明確にして、その実現に向けた課題と対応策を盛り込むとともに、国が進める医療制度改革に基づいた地域医療構想及び福祉介護を取り込んだ地域包括ケアシステムなど、これらの課題への対応についても検討しながら、田川市立病院の経営の安定化を図りたいと考えております。  

遠賀町議会 2019-09-20 令和 元年第 5回定例会−09月20日-04号

また、後期高齢者医療制度は廃止して、老人医療保険制度に戻すことを求めまして反対討論とします。 ○議長(仲野新三郎) ほかにございませんでしょうか。  ─── 討論なし ─── ○議長(仲野新三郎) ほかに発言もございませんので、これで討論を終わります。  これより、採決に入ります。採決は、個別に行います。  

大野城市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-09-18

人工内耳につきましては、医療制度の適用範囲になる部分があり、日常生活用具に係る国庫補助の対象品目に該当するか否かについて、国の見解が十分に定まっておりません。このことから、本市におきましては、日常生活用具としては現在給付をしていない状況でございます。  今後、人工内耳に関するサービスにつきましては、市民ニーズの状況や国の動向を注視しながら調査・研究を行ってまいりたいと考えております。

大野城市議会 2019-09-12 令和元年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2019-09-12

562: ◯長寿支援課長関戸哲二) それでは、49ページ後期高齢者医療特別会計は、主に75歳以上の方が対象となる医療制度で、保険者は福岡県後期高齢者医療広域連合で、市では受付業務や保険料の徴収業務を行っています。当市の被保険者数9,898人で、前年度に比べ4%の増となっています。  

春日市議会 2019-09-09 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-09-09

平成30年度高齢者医療制度円滑運営事業費補助金の返還金でございます。実績報告に伴い返還金を計上するものでございます。 374: ◯委員長(内野明浩君) 武末高齢課長。 375: ◯高齢課長(武末竜久君) 続きまして、その下の丸、老人在宅福祉費でございます。負担金、補助及び交付金、高齢者住宅改造費助成金の増額でございます。先ほど歳入で説明いたしました住みよか事業県補助金に対応するものでございます。

春日市議会 2019-09-06 令和元年総務文教委員会 本文 2019-09-06

平成30年度高齢者医療制度円滑運営事業費補助金システム改修分になりますけども、これの返還金でございます。実績報告に伴い、返還金を計上したものでございます。 488: ◯委員長(高橋裕子君) 武末課長。 489: ◯高齢課長(武末竜久君) 続きまして、その下の丸、老人在宅福祉費でございます。  負担金、補助及び交付金、高齢者住宅改造費助成金の増額でございます。

春日市議会 2019-08-21 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-08-21

続きまして、一般会計歳出のほうでは、高齢者医療制度円滑運営事業費補助金の実績報告に伴う返還金を計上いたします。一般会計は以上でございます。  次に、国民健康保険事業特別会計の歳入のほうでは、平成30年度決算に伴い繰越金が発生しておりまして、当初予算で計上しておりました国民健康保険事業費納付金等支払準備基金からの繰入金を減額しております。次に、30年度決算に伴い繰越金を補正増しております。

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

ちなみにというか、後期高齢者医療制度、これはもう75歳以上の人たちだけの部分でつくっている保険制度でありますが、この後期医療制度でもちいう言い方申しわけないんですが、この制度は8.4%の負担率、後期高齢者医療制度よりも国保加入世帯の負担率が高いということが、この質問一つでもわかるかと思うんですが、それでは、続いて、現在、所得に応じて2・5・7、それぞれ割合で法定減免制度というのがございます。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

これは保険税軽減措置の見直しに伴うもので、社会保険加入者の方が75歳になり後期高齢者医療制度に移行することにより、その被扶養であった方が国民健康保険加入する際には保険税の軽減措置が設けられていますが、軽減措置の期間が令和元年度からは資格取得後2年間と限られることからシステム改修を行うものでございます。  43ページをお願いいたします。  

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

また、医療介護の連携につきましては、医療制度改革により、長期療養病床の大幅な減少が見込まれる中で、医療介護を必要とする状態の高齢者が住みなれた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、在宅医療介護サービスを一体的に提供していくための体制づくりを目的として進めているものでございます。

春日市議会 2019-05-16 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-05-16

たまたま、そこの金額が高額療養費に該当していましたので、その高額療養費部分につきましては、既にその医療制度をもって負担してますので、負担していますけども、その健康保険制度としては高額療養費の部分までは保険者が見るように、健康保険が見るようになっていますので、後日健康保険保険者が支払いをしています。

古賀市議会 2019-03-27 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

本案は、後期高齢者医療制度と同様の内容で実施している旧被扶養者に係る国民健康保険税の軽減措置について、後期高齢者医療制度における軽減措置の改正が平成31年4月1日に施行されたことに伴い、条例の一部を改正するものでございます。  審査内容。議案の趣旨、確認した事項は次のとおり。  

遠賀町議会 2019-03-19 平成31年第 2回定例会−03月19日-03号

2008年4月にはじまった後期高齢者医療制度は、75歳になれば、それまで入っていた医療保険から切り離され、独立した保険加入させる仕組みであります。公的医療費への国の財政支出削減を狙う医療構造改革の柱に位置付けられ、強行されました。この制度を廃止し、もとの老人保険制度に戻せば、75歳を過ぎても国保や健保等から切り離されず、際限ない保険料アップの仕組みもなくすことができます。