81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮若市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月11日

また、労働基準監督にも同様の内容を確認したところ、福岡県同様、現場内での作業員の休息、休憩時間を取得する場所を確保することが望ましいことではあるが、設置の義務はないということでございました。しかしながら、今、御質問の中で、確認等について、どこで行うのかというのがありますが、実際、その都度、その都度、現場で行っているものが実情でございます。  

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

まず、工事計画届を労働基準監督に、特定粉じん排出等作業実施届出書を福岡県知事に届け出をいたします。この福岡県知事の届け出先は保健所でございます。  除去の準備作業といたしまして、床、壁面、天井に全て目張りをいたしまして密封をいたします。そして負圧除じん装置を設置し隔離された作業場内部の空間を負圧に保ち、内部の汚染された空気を外に漏らさないようにいたします。

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

国は福岡市内において労働局労働基準監督のほか、総合労働相談コーナーを3カ所設置していることに加え、平日の夜間及び土日も電話相談が可能な労働条件相談ほっとラインを開設するなど、国による相談体制の充実、強化が図られているところでございます。福岡市におきましても、国、県を補完する形で市民相談室で労働問題に関する相談を受けた場合は弁護士による法律相談も行っております。

久留米市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第6日 3月 5日)

また、市内企業健康管理室や労働基準監督等にポスター、チラシを送付しまして、事業主並びに働き盛り世代への制度の周知を図っているところでございます。  今後の対応に関して申し上げますと、商工労働ニュースへの啓発記事の掲載を初め、さまざまな機会を捉えまして、制度の周知・啓発を行っていく予定でございます。

直方市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会 (第2日 2月25日)

さらに同監査の実施を受け、直方労働基準監督に対し就業規則等を提出したものの、その内容については不備が多く、十分に検討し真摯に取り組んだものとは認められなかったという事実がございます。以上です。 ○16番(佐藤信勝)  過去にも認められた問題点についてお聞きします。  教育委員会として、どのように、本当に指導されたのか。指導の内容を具体的に説明してください。

直方市議会 2018-06-21 平成30年 6月定例会 (第4日 6月21日)

行政官庁というのは、労働基準監督のことでございますけれども、そういうふうに規定をされております。  体育協会では、10人以上を常時雇用しておりますので、これが一般社団法人、任意団体ということを問わず作成しなければならなかったということでございます。以上でございます。 ○9番(河野祥子)  それは任意団体かどうかは関係ないと思いますが、つまり、これは労基法違反みたいなことなんでしょうか。

春日市議会 2018-06-13 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-06-13

〔「なし」と呼ぶ者あり〕 317: ◯委員長(米丸貴浩君) 以前議員やる前、会社の社用車の事故の時間帯、発生する時間帯、それを統計とったことが1回あってですね、これ、労働基準監督も出してあったかもしれませんけど、多いのはですね、お昼前後。ああ、もう御飯食べに行こう、それから御飯終わって、スタートするこの時間帯と、前田委員おっしゃいましたけど、5時前がやっぱり多いそうです。時間帯でいくとね。

福岡市議会 2018-03-28 平成30年第1回定例会(第8日)  資料 開催日:2018-03-28

よって,福岡市議会は,政府が,労働者に対し無期転換ルールについてあらゆる媒体を活用して周知徹底し,事業 主に対し無期転換ルールを避ける目的で合理的な理由なく雇い止めにしたり6か月の空白期間を悪用したりするなど の脱法行為が起こることのないよう法の趣旨を徹底するとともに,有期契約労働者を多く雇用する自動車や電機メー カー等への実態調査を緊急に実施し,無期転換ルールに関する専門相談窓口を都道府県労働局労働基準監督

福岡市議会 2018-03-28 平成30年第1回定例会(第8日)  本文 開催日:2018-03-28

よって、福岡市議会は、政府が、労働者に対し無期転換ルールについてあらゆる媒体を活用して周知徹底し、事業主に対し無期転換ルールを避ける目的で合理的な理由なく雇い止めにしたり6か月の空白期間を悪用したりするなどの脱法行為が起こることのないよう法の趣旨を徹底するとともに、有期契約労働者を多く雇用する自動車や電機メーカー等への実態調査を緊急に実施し、無期転換ルールに関する専門相談窓口を都道府県労働局労働基準監督

福岡市議会 2017-12-19 平成29年第2委員会 開催日:2017-12-19

77 △ 国が定めた枠組みとしてはそのとおりであるが、今回の不正事案の発生を踏まえ、国の基準を上回る抜き打ちによる実地指導のほか、従来からの管理者との事前相談や現地確認に加え、法人役員への申請動機等のヒアリング、設立資金の確認、県警や労働基準監督など関係機関との連携強化や区役所との情報交換等を行うことで、事業の適正実施に努めている。

大野城市議会 2017-12-14 平成29年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2017-12-14

この説明会では、アスベスト飛散防止対策やダイオキシン処理の具体的な工事方法を、労働基準監督許可を受けてから工事施工とお聞きしています。10月より工事が始まっていますが、担当課は工事内容の周知をもっと努力するべきではないだろうかと、私は被害者代表として、そう質問させていただきます。

大野城市議会 2017-12-14 平成29年第5回定例会(第3日) 名簿 2017-12-14

│         │            │   イ 2回の説明会で、地域住民に十分な理解を │ │         │            │    得られたと思うか             │ │         │            │  4)第2回の説明会では、アスベスト飛散防止対策 │ │         │            │   やダイオキシン処理の具体的な工事方法を労働

筑紫野市議会 2017-09-19 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 2017-09-19

このことは、その後、労働基準監督により労災認定されました。亡くなる2カ月前には過度の労働によるうつ病と診断されていました。労基署は、1カ月の残業時間は100時間を超えていたとして、法人や管理職を書類送検しています。また、ブログには上司によるパワハラともとれる記載が数多く記載されていたようです。大手有名広告代理店がいわゆる大手有名ブラック企業だったわけです。  

宮若市議会 2016-12-13 平成28年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2016年12月13日

わからんのやったら、労働基準監督に皆さん、もう一回、講習受けたら。ちょっとあぐらかき過ぎとんやないですか。  何故、ここまで、今回、僕が言うかというと、皆さん、僕が何を言っているかわかっているかと思います。同じ工区内で、続けた現場で、作業員がガードマンをしている姿をずっと見てきています。本当にこれで大丈夫なのかって。今の内に是正させなさいと。執行部の答えは何ですか。ガードマンがいないから。

大野城市議会 2015-12-11 平成27年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2015-12-11

108: ◯市民福祉部長(三角哲朗) 市としては、福岡県労働者支援事務所や、国の関係でありますハローワーク労働基準監督との連携体制を強化いたしまして、市への相談等に対しまして労働者としての権利を知るための情報市民へ提供することで、権利法律で守られておりますことを知らせていくことが重要であると考えております。以上でございます。 109: ◯議長(田中健一) 松崎百合子議員

直方市議会 2015-09-17 平成27年 9月定例会 (第4日 9月17日)

先ほど御答弁いたしましたとおり、給料を差し押さえても最低生活費は手元に残るというわけでございますし、また、給料の差し押さえを解雇理由にすることは、法律上、許されるものではありませんので、こうした場合は、労働基準監督を御案内いたしております。以上でございます。

福岡市議会 2015-09-14 平成27年第4回定例会(第3日)  本文 開催日:2015-09-14

186 ◯38番(とみなが正博) 福岡市ホームレス巡回相談・アフターケア事業を委託しているのは公益社団法人福岡県社会福祉士会ですが、同法人は昨年の5月、職員時間外労働に割り増し賃金を支払わないということで、福岡中央労働基準監督から労働基準法に基づく是正勧告を受けていたことが昨年8月の新聞各紙で報じられております。  

福岡市議会 2015-06-23 平成27年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2015-06-23

次に、ブラック企業問題に関する相談員の対応についてでございますが、各区等の市民相談室などに労働問題に関する相談がありました場合には、弁護士による法律相談を案内しますほか、労働基準監督福岡県労働者支援事務所などの専門機関にスムーズにつなぐなど、国、県の関係機関と連携して対応いたしているところでございます。