3065件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

歳入の主な内容といたしましては、まず、国民健康保険税において、保険加入者の減少が見込まれることに伴い、昨年度と比較して約1900万円の減額、県支出金において、被保険者数の減少による保険給付費の減少などに伴い、約2億9200万円の減額、繰入金において、被保険者数の減少による保険税の減少に伴い、約180万円が減額計上されております。  

筑紫野市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 2019-03-22

委員会では、対象者は何人いるのか、また周知方法はどのように行うのかとの質疑があり、執行部からは、対象者は平成31年2月末現在107世帯であり、周知については、社会保険から国民健康保険に加入する手続の際、職員が窓口で行うこととしているとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、報告を終わります。

宗像市議会 2019-03-20 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 議事日程 開催日:2019年03月20日

自治会の加入率が高いことや、全国に先駆けて生涯学習都市  宣言し、人づくりとまちづくりができていることがその要因であるとのことであった。 ・掛川市をより良いものにしていこう、行政に任せず自分たちが参画しようという市民意識の熟成は、議  会をより身近なものにするためには欠かせないことだと感じた。 ・議会報告会のテーマ設定は会派選出8人で決定し、具体的で市民が関心を示しやすいものが選ばれてい  る。

宗像市議会 2019-03-20 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日

主な要因は、加入者の増加によるものである。  2、保険料の徴収については、特別徴収が約63%、普通徴収が約37%である。30年度の保険料滞納者は170人(30年6月1日時点)。また、短期証交付者は24人(31年1月末時点)。丁寧に相談などに対応することで短期証交付者数は減少しており、今後も収納課との連携や進め方などを確認していく。  意見。  賛成意見。  

遠賀町議会 2019-03-19 平成31年第 2回定例会−03月19日-03号

2008年4月にはじまった後期高齢者医療制度は、75歳になれば、それまで入っていた医療保険から切り離され、独立した保険に加入させる仕組みであります。公的医療費への国の財政支出削減を狙う医療構造改革の柱に位置付けられ、強行されました。この制度を廃止し、もとの老人保険制度に戻せば、75歳を過ぎても国保や健保等から切り離されず、際限ない保険料アップの仕組みもなくすことができます。  

筑紫野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 2019-03-18

外国人労働者にとってなれない生活環境の中で、不安定な就労形態や雇用保険未加入などの課題が残る中で、雇用の拡大だけが進んでいくのではないかと危惧しているところでございます。  そこで、外国人労働者が安全で安心して働ける労働環境の整備は重要な課題であると思われることから、この労働環境整備に関しましてお尋ねいたします。  第1項目として、現在、筑紫野市に在住する外国籍の方は何人なのか。  

春日市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 2019-03-13

国保税均等割は、春日市国民健康保険税条例に基づき、加入者1人当たりに対して課税されます。具体的には、医療給付費分として1人当たり年額2万5,000円、後期高齢者支援金分として年額6,500円、最後に介護給付費分として、これは40歳以上65歳未満の介護保険第2号被保険者のみですが、1万1,000円となっております。  

行橋市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号

現在、国のほうからも地方公共団体に労働環境の改善のため、退職者の共済制度、それから社会保険加入など、法定福利費の確保に向けた取り組みを促進するようにと、そういった要望がなされておりまして、本市におきましても、今後、建設業者の状況を注視し、対応を検討してまいりたいと、そのように考えております。 ○議長(田中建一君)  大池議員。

大野城市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-03-13

この課題を解決するため、予防・健康管理の推進に関する新たな仕組みづくりとして、全ての健康保険組合に対し、レセプト等のデータの分析、それに基づく加入者の健康維持増進のための事業計画として、データヘルス計画の作成・公表、事業実施、評価等の取り組みを求めるとともに、市町村国保が同様の取り組みを行うことを推進することが掲げられました。  

行橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号

国保加入者の構成が、かつては7割が農林水産業・自営業でしたが、今では無職と非正規雇用など、貧困層が8割にもなっています。保険料に事業主負担がないこともあり、国保の構造的な危機を打開するためには、国庫負担を増やす以外にありません。  国保財政への公費負担は、国と都道府県で4.6兆円、その内、国が75%、都道府県が25%です。これを1兆円に増やせば協会けんぽ並みに引き下げることはできます。

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

私は、12月の議会で全国知事会、全国市長会、全国町村会などの地方団体が、他の医療保険加入者より所得が低い国民健康保険の保険料が高く、負担が限界になっているとの認識のもとに、国民健康保険の定率国庫負担の増額を政府に要望し続けていること、2014年には公費を1兆円投入して、協会けんぽ並み負担率にすることを政府・与党に求めたことを紹介しました。

古賀市議会 2019-03-05 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2日) 本文

最後に、さきの議会で区長制度改革の端緒につかれましたが、危惧されている自治会未加入者の増加に対する対策が施政方針に記載されていないように感じられますことから質問をします。  1、自治会未加入者の増加可能性を抑止、減少させる対策はどのように考えられていますか。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

││ ・ さまざまな取り組みを行っているにもかかわらず加入率は低い。自治会の││  加入率を上げるための方策を検討すべき。               ││ ・ 加入率を上げるには子育て世代の加入が必要。学校と地域との連携を更に││  推進すべき。                            

大野城市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2019-03-04

このことから、自転車に関する交通ルールなどの安全教育や自転車事故の加害者となった場合のリスク周知などの啓発活動のほか、損害賠償責任保険などへの加入促進につきましても、本計画の中で検討を進めてまいります。  次に、2番目の空き家バンク制度についてであります。本制度は、所有者から登録をいただいた空き家の情報を希望する方へ提供し、両者を結びつけることで、空き家の流通を促進する制度であります。

春日市議会 2019-03-04 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-04

265: ◯安全安心課長(猪口 功君) 新入団員につきましては、うちの市の職員でございますが、入った後に消防団員が市役所の中にもいますので、加入のほうは直接行わせていただいているということでございます。  以上でございます。 266: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかに。岩切委員。

遠賀町議会 2019-03-01 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号

また、自主的な活動である小学校区ごとの勉強会を支援し、自治会への加入促進や自治会の安定的な運営に向けた積極的な取り組みの支援を継続してまいります。さらに、少子高齢化社会に対応するため、「自助・共助・公助」の役割のもと、住民・地域・行政が一体となった協働のまちづくりを推進してまいります。  広報・公聴活動の充実。  

宗像市議会 2019-03-01 宗像市:平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年03月01日

国民健康保険制度については、今議会でも岡本議員が取り上げ、非常に危機的な状況にあるんだということも市の答弁の中にありましたけれども、国保加入者の平均保険料を政府が試算した中でも、一人当たりで見ますと、中小企業の労働者が加入する協会けんぽの国民健康保険税は1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準であると。