454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

古賀市議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

340 ◯議員(9番 吉住 長敏君) この大河と立花道雪か、それに関連してですね、古賀市と一体何がどこが関連があるのかという裏づけについて、私は市長、副市長らが柳川のほうに乗り出されたことについて、意味合いにつきましてですね、さらっと第4次総合マスタープラン、総合振興計画を見ましたら、第4次つながりにぎわう快適安心都市の古賀市の歴史というのが前文でありますね

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

508 ◯37番(山口湧人) 福岡市の生活交通条例には、その前文に、市民の生活交通を確保し、全ての市民健康文化的な最低限度の生活を営むために必要な移動を保障するということがうたわれており、緊急時の代行輸送の確立はどんなときでも市民の移動の権利保障する自治体の責務だと自覚すべきと申し上げておきます。  次に、奨学金の問題について質問します。  

古賀市議会 2019-03-27 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

7、前文子育て会議メンバーの議論の中で、委員の思い、市民としての思いを掲げるべきという議論を経て決まった。  8、第16条子どもが大切にすることは、他市でも記載はさまざまあるが、大人が大切にしてほしい願いを込めた形を盛り込むべきだとの結論に至った。  意見。賛成意見。子どもの権利に関しまだ弱い面もあるが、これから先、発展的な支援条例になることを願う。

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

この条例前文には、北九州市の全ての子供が虐待から守られ、愛される幸せを実感して生きていくことができるよう、市民が一丸となって子育て支援を充実し、子供の命と育ちを守るため制定するとの思いが書かれており、また、市、市民保護者、事業者、関係機関などの責務も定めています。条例制定はスタートであり、ここから子供を守るための具体策を進めていかなければなりません。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

条例前文には、北九州市議会意思として、子どもには、子どもの権利条   約に記された4つの権利、すなわち、生きる権利、育つ権利、守られる権利、   参加する権利があること、そして、本市の全ての子供が虐待から守られるよう、   市民が一丸となって、子育て支援を充実し、子どもの命と育ちを守るために、   この条例を制定することなどを記載した。    

古賀市議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

議案書から1枚おめくりいただきまして、まず、条例の冒頭には、条例制定の背景、趣旨を明らかにするため、前文を設けており、子どもが健やかに成長するための環境をつくり、子ども生きる力を育むための子ども・子育て支援に古賀市全体で取り組むことなどを規定しております。  次に、第1章総則の第1条から第3条について説明いたします。  

久留米市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3日 2月28日)

平成32年度から完全実施されます新学習指導要領においては、前文及び総則に「持続可能な社会の創り手の育成」が掲げられるなど、持続可能な開発のための教育が基盤となる理念として組み込まれました。  また、久留米市の特色ある教育として、くるめ学や理科教育の充実は継承していくべき取り組みであると考えています。次期プラン策定に当たっては、第3期教育改革プランの検証と総括を十分にすることが不可欠です。  

古賀市議会 2019-01-30 2019-01-30 平成30年第4回定例会(第6日) 本文

古賀市議会基本条例前文には「自由闊達な議論を通して自治体事務の立案、決定、執行状況及び評価における論点や争点を発見し公開することは市民からの要請であり討論の場でもある議会の使命である」と規定している。すなわち、私の発言は直前の質問内容と照らし合わせ、対置したもので、評価における論点や争点を発見し、公開する意味にほかならない。  

筑紫野市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-18

さて、文部科学省からの平成19年4月1日付の県などへの特別支援教育の推進についてという通知によりますと、その前文に、「特別支援教育は、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものである。  

北九州市議会 2018-12-06 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−02号

この権利条約は、前文と本文54条から成る包括的内容で、子供自身が受け身の存在ではなく、親に属する存在でもなく、まさに権利主体者であることが明記されています。  このたびは私も北九州市子どもを虐待から守る条例プロジェクトチームの一員として、子どもの権利条約の大きな4つの柱を虐待から守る条例に反映してほしいと要望を重ねてまいりました。  

宗像市議会 2018-12-05 宗像市:平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月05日

学習指導要領前文には、「一人一人の児童・生徒が自分のよさや可能性を認識するとともに、あらゆる他者を価値ある存在として尊重し、多様な人々と協働しながらさまざまな社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓き、持続可能な社会の創り手となることができるようにすること」と記述されております。

春日市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第5日) 本文 2018-09-26

この中のスポーツ体育成費として、トップチーム育成助成金について、附帯決議前文補助基準が曖昧とありますが、補助基準に対し、執行部からはどのような説明がなされたのでしょうか。  また、報告には、要綱を制定し、最終的に補助する団体協定などを締結した形で補助したいと考えているとの回答を得ているとあります。その上で、附帯決議の2には、個別の補助金交付要綱の作成に努めることとなっております。

嘉麻市議会 2018-09-14 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月14日−03号

1947年に制定された教育基本法前文には、「われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家建設し、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現において、教育の力にまつべきものである」と。教育には、憲法の理想の実現という使命があることを宣言しています。しかし、平成18年には、この教育の力が文言から削除をされております。  

大野城市議会 2018-09-12 平成30年総務企画委員会 付託案件審査 本文 2018-09-12

前文」と書いてある分は、ネットで私が調べて、朝日新聞が訳した文をつけております。これは最後の20条を見てもらえばわかるんですが、ここでは日本語条約文というのはございません。読み比べていただければ、この内容は、訳し方、こういうふうに読み取れるというところが微妙な違いがあるというところを確認していただければと思います。 8: ◯委員(井福大昌) 委員長、質問いいですか。

遠賀町議会 2018-09-06 平成30年第 6回定例会−09月06日-03号

また、JR九州グループ倫理行動憲章では、前文で「お客さまをはじめ、社会の当社に対する期待に応え、安全サービスを基盤として、地域とともに発展する企業グループを目指しています」とうたってますし、その行動憲章の7番目には「地域社会への貢献」ということで、「私たちは、地域の活性化に貢献し、地域とともに発展することを目指します」と、そのようにうたってるわけですので、このとおりJR九州には会社を経営するように