985件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田川市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4日 9月20日)

その結果、公営企業の経営状況を判断するとされております経常収支は、消費税差し引き後で833万3千円の黒字、病院事業全体の収支につきましても同様に、税引き後の当年度純利益が1億2,895万円と、ともに黒字決算となっております。  次に資本的収支では、資本収入が6億3,677万9千円、資本的支出が8億8,025万9千円となっております。  

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

この残額は、平成31年4月1日より下水道事業について地方公営企業法が適用されたことに伴い同法の規定による特別会計へ引き継いでおります。  主な事業内容といたしましては、管渠築造工事等として9億6,061万円を、遠賀川中流流域下水道建設負担金として1億2,105万円を支出したところです。  

川崎町議会 2019-09-03 令和元年度第5回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月03日

認定第1号から認定第5号までについては、地方自治法第96条第1項第3項及び第233条第3項の規定により、また認定第6号については地方公営企業法第30条第4項の規定により、各会計決算を別冊のとおり関係資料並びに監査委員の意見をつけて議会の認定に付すものでございます。御審議の上、認定くださいますようよろしくお願いいたします。

筑紫野市議会 2019-08-30 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-08-30

本2件は、平成30年度筑紫野市水道事業会計及び下水道事業会計決算に伴い、地方公営企業法第32条第2項の規定に基づき、各会計の剰余金をそれぞれ剰余金処分計算書(案)のとおりに処分をし、あわせて同法第30条第4項の規定に基づき、各会計決算監査委員の意見をつけて議会の認定に付すものでございます。  まず、認定第11号平成30年度筑紫野市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定の件でございます。  

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

これは地方公営企業法第26条第3項の規定によりまして、平成30年度直方市水道事業会計の新設改良事業及び営業費用の繰り越しを報告するものでございます。  6ページをお願いいたします。  上段は、建設改良費の繰り越しでございます。1款資本的支出1項新設改良事業費では配水設備新設改良事業で1億6,556万4,000円を繰り越しており、全額が請負工事費の繰り越しでございます。  

筑紫野市議会 2019-05-27 令和元年第2回臨時会(第1日) 本文 2019-05-27

本2件に関し、地方自治法施行令第146条第2項並びに地方公営企業法第26条第3項の規定により、執行部から報告願います。市長。 84: ◯市長(藤田 陽三君)〔登壇〕 報告第6号及び報告第7号の2件を一括して御説明申し上げます。  報告第6号平成30年度筑紫野市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告の件でございます。  

大野城市議会 2019-05-09 令和元年第3回臨時会(第1日) 提案理由説明・質疑・付託・討論・採決 本文 2019-05-09

その後、市長部局においては業務量が増加し、一方で、教育委員会事務局及び公営企業においては民間委託が進んでいることなどから、各部局における定数の内訳に過不足が生じる状況となっております。このことから、各部局における定数の内訳を実際の配置数を踏まえた人数に改めるものであります。  第30号議案は、大野城市税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。  

宗像市議会 2019-03-20 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日

漁業集落排水管理費において、複式簿記化に係る会計システムへの移行経費などとして、地方公営企業法適用業務委託料を計上する。また、漁業集落排水事業費において、大島、鐘崎処理場の改築更新工事に係る施工監理の委託料と、大島処理場の電気機械設備に係る改築工事費及び鐘崎処理場のポンプ施設化などに係る工事費を計上する。  審査結果。委員会は、全員賛成で原案のとおり可決いたしました。  

糸島市議会 2019-03-13 平成31年 予算特別委員会(第5日) 本文 2019-03-13

この事業は、地方自治法第153条第1項の規定に基づき、公営企業管理者の権限を行う市長に委任された事業でございまして、下水道整備計画区域外において、合併処理浄化槽を設置される方に対しまして補助金を交付するものでございます。  なお、国及び県、市でそれぞれ3分の1ずつを補助するものでございます。  平成31年度は110基分の予算を計上いたしております。

直方市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会 (第8日 3月13日)

条例については、農業集落排水事業の起債償還を円滑に行うことを目的として、平成8年3月に制定されましたが、平成17年度に80万円を取り崩して以降は、毎年運用益の積み立てのみが行われ、現時点での基金残高は111万3,376円であるものの、今後、基金の原資となる積立金の歳入の見込みはなく、平成31年4月1日には、農業集落排水事業特別会計が、公営企業会計である直方市下水道事業会計へ移行することに伴い、財務処理

大野城市議会 2019-03-12 平成31年予算委員会 付託案件審査 本文 2019-03-12

1款資本的支出1項建設改良費1目施設整備費では、職員の人件費及び契約事務に係る一般会計への負担金356万7,000円、2目資産購入費では、公営企業会計システム更新事業として882万円を計上しております。  125ページをお願いいたします。  最後に、2項1目企業債償還金は、企業債償還元金として5億6,000万円を、3項1目国庫補助金返還金は166万7,000円を計上しております。

遠賀町議会 2019-03-01 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号

平成31年度から、公共下水道事業、農業集落排水事業の二つの特別会計地方公営企業法に基づく下水道会計として一本化し、複式簿記に移行することにより、さらなる透明性の確保、経営の健全化を進めてまいります。  幹線道路の整備。  国道3号今古賀交差点改良事業につきましては、多くの方のご協力により、ようやく立体化が完成致しました。

古賀市議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

歳出の性質別概要としましては、扶助費は少子高齢化の影響などにより前年度比5.1%増の59億4,300万円、特別会計等への繰出金は、公共下水道事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計公営企業会計方式となることに伴い、従来の繰出金分が負担金として補助費等に区分されることから、前年度比17.9%減の19億2,300万円、公債費は前年度とほぼ同額の13億4,500万円を見込んでいます。  

田川市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2日 2月28日)

博学多才である齋藤管理者におかれては、よろしいですか、平成22年度の公営企業法の全部適用に合わせて本市に着任いただきました。医師不足、あるいは過大な建設費の償却等、多くの難題を抱え、破綻と言っても言い過ぎではない本市病院の管理者として、9年もの長期にわたり手腕を発揮し、厳しい状況の中、資金不足からの脱却をなし遂げ、事業会計を黒字化し、見事に再生をなし遂げたところと承知しております。