85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

そこについては、私、今回この直方市を元気にしたいという思いで立候補したこともございまして、直方市を元気にするときに、急がば回れという考え方でその先行投資をどこにするかという話があろうかと思います。  その中で、私は、やはりこの地域の発展を期していくために必要なことは何か。それは、私、市民所得を上げることがやはり重要なキーになるのではないか。

古賀市議会 2019-01-25 2019-01-25 平成30年第4回定例会(第5日) 本文

であれば、市が企業誘致をして、安定税収雇用の拡大、定住化を図るために思い切って土地を購入して造成をして、企業が進出しやすいように先行投資をするなど、市長の政治力を発揮するという考えもあると思うんです。実際、玄望園は造成が進んでおり、この間、玄望園開発を後押しする市の支援も積極的に行うことで企業の進出も目前に迫ってきていると私は認識しています。

直方市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会 (第6日12月10日)

この歴史ある旧車寄せを復元することは、直方市にしかできないまちの未来への先行投資だと考えております。  また、これにあわせてイベント広場を整備し、地域商店街、各種団体と連携して活用することで相乗効果を期待しておりますし、また市民や来訪者が憩い、集う、にぎわいの場を創造することは、まちの活性化の起爆剤と考えております。以上です。 ○1番(安永浩之)  2回目です。

田川市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日)

それから三つ目は、先行投資による後年度負担の予防、いわば余り財政負担をしなさんなよと、先々、それが必ず財政負担になってくるんよと、これは非常に大事なところなんです。何もかにも予算をつけたからそれでいいということではないわけです。必ずそれには費用対効果と将来の後年の財政負担にならないということは、これは要諦なんです。  

大野城市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-06-13

したがいまして、今後とも井本市長が常々言われてある次世代に負担や責任を先送りしない、選択と集中、先手・先取の対応を基本とした戦略的な財政運営に取り組んでいただき、財政健全化を図るとともに、次世代先行投資をも行っていくような、しっかりと10年とは言わず20年、30年先の将来を見つめた第6次大野城市総合計画を策定することを切にお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。以上でございます。

宮若市議会 2018-06-11 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月11日

先行投資で、冷蔵装置といいますか、それがついた車両とかの確保等について、非常にちょっと金額がかさむということで、なかなかその採算ベースに乗らないということで、今現在、実績のあるグリーンコープさんのほうにお願いをいたしているところでございます。  今後の予定といたしましては、今、毎週水曜日の部分を週2日に曜日を拡大して、新たな場所で移動販売も実施をしていきたいということでございます。  

古賀市議会 2017-03-02 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第2日) 本文

3、健康子育て教育先行投資は怠るべきではないと思うが、盛り込まれているか。  4、財源確保の具体策の決め手はあるのか。効率的財政運営とは新たに予定があるのか。  第6は、市民職員への呼びかけです。古賀市の市民はさまざまな分野で自主的活動、ボランティア活動に参画しています。職員は限られた体制の中で頑張っています。

田川市議会 2016-12-08 平成28年第5回定例会(第2日12月 8日)

また、本市行政運営における目指すべき姿として、トップランナーを目指した取り組みを継続することや、事業及び予算の新陳代謝を常に行うこと、それから先行投資により後年度の負担軽減を図ること、事業の遂行方法が構築されている状態にすることにより、経常収支比率や基金積立目標額などといった管理目標が常に至るところで見える化されるようにすべきといった提言をいただいております。  

古賀市議会 2015-12-16 2015-12-16 平成27年第4回定例会(第5日) 本文

1、バックキャスティング手法による先行投資、メリハリある重点配分が必要です。市長の将来展望、並びに長期財政フレームの策定についてお尋ねします。  2、2016年度予算編成から枠配分予算方式が中断されました。その背景や目的、これまでの10年間の総括について。計画行政につながるのか、市民の暮らしに負の影響はないのか。  3、2025年問題の備えの切り札は、健康地域です。

古賀市議会 2015-09-30 2015-09-30 平成27年第3回定例会(第5日) 本文

私は本会議の大綱質疑、特別委員会での質疑を通じまして、特に、財政規律基準の問題、また、2025年問題に対応するという戦略的な視点から、人的先行投資路線バス運行補助、老人クラブ連合会補助、新人保健師研修プログラム、ヘルスステーション設置拡大に対する市としての支援体制などについて質疑を行い、課題を明らかにするとともに、改善の方向性を提案させていただきました。