488件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

なお、国道、県道につきましては、県の事業といたしまして、新町の直方消防署付近から丸山町の平成筑豊鉄道岩鼻踏切付近までの国道200号線や県道筑前植木停車場線におきまして、通学路の歩道整備に取り組んでいただいておるところでございます。  今後とも、交通安全プログラムを生かしながら、事業の進捗を図り、児童生徒の安全を確保してまいりたいと考えているところでございます。以上です。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

市内では、コミュニティバスとカミーリヤバスが行き交う様子、御笠自治会バスがカミーリヤでコミュニティバスと並んで停車している様子などを目にする機会がふえました。  また、市広報紙3月15日号では、乗客の「便利になった」、「乗りやすい」、「助かっている」、「子どもたちが喜んでいる」等の感想が掲載されて、乗車を促されています。  

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−03号

また行橋停車場線、駅前通りですが、この拡幅計画におきましても、自転車安全に通行できるような歩道の幅員を確保しております。  このように今後も通行量を考慮して、安全自転車が利用できるよう、道路整備を計画していく方針でございます。以上です。 ○議長(田中建一君)  小原議員。 ◆11番(小原義和君)  ありがとうございます。

春日市議会 2019-06-05 令和元年地域建設委員会 本文 2019-06-05

ちょっと色が薄くてあれですが、駅の名前の上に黄色の丸印がある駅が急行停車駅となります。新しい駅が設置されることで、急行停車駅が変更になるのではないかという御質問を受けることがありますが、その点については西鉄に変更がないことを確認しており、既に春日原駅については、急行停車駅の構造体としての工事に着工しています。  

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

次に、都市政策課では、地域公共交通計画策定委託料や平成筑豊鉄道路線バスにかかる負担金及び補助金図書館等複合施設等購入費、行橋停車場線に係る県営事業負担金、長井浜公園整備費やJR行橋駅高架橋耐震補強事業にかかる負担金が計上されております。  次に、建築政策課では、耐震診断補助金耐震改修工事補助金ブロック塀等撤去費補助金等の耐震化促進事業にかかる経費が計上されております。

行橋市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号

例えば一礼として、都市機能誘導施策に係る都市機能の集積による市街地の活性化の中では、本市市街地の縦軸に当たる行橋市停車場線等についての記述はあるものの、いわゆる横軸の発想がこの中にはどうもないようです。  例えば、民間活力の導入を図るために、この中では容積率や用途制限の緩和を行うということであるんですよね。

岡垣町議会 2019-03-06 平成 31年 3月定例会(第1回)-03月06日−03号

また、西鉄バスコミュニティバス停車位置に車を停車し、降車させている車も少なくありません。バス停車位置に停車できないという光景も目にしたことがあります。  帰宅時のときは、早く迎えに来たドライバーが駐車場を利用せず、ロータリーに停車して帰宅を待っているという光景をよく目にします。また、駐車場内に車を停車させているものの、駐車スペース外に停車させている車もあります。

行橋市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月05日−01号

土木費では、図書館等複合施設整備事業、長井浜公園整備事業、行橋停車場線拡幅事業、都市公園長寿命化事業、JR行橋駅高架橋耐震補強事業、公営住宅の維持管理に係る経費などを計上しております。  消防費では、消防車両等配備事業、消防団車両等配備事業、防火水槽等整備事業などの経費を計上しております。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

・ 停留所で停車した車両の位置が取り付け道路等からの離隔5メー       トルが確保できない。    ② 今後の対応等      ・ 試走結果を踏まえ、運行主体である西鉄バス九州株式会社におい       て、ルートや停留所の選定、停留所での3ドア運行の運用方法などの       検討を行う。      

糸島市議会 2019-03-01 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2019-03-01

また、都市環境・基盤の整備としましては、夢プロジェクトの“どこでもバス”の実現に向けた地域公共交通網再編実施計画策定事業をはじめ、波多江駅自由通路整備事業、加布里停車場線歩道設置事業、前原潤線整備事業などに取り組むとともに、都市計画道路の必要性や実現性を調査する都市計画道路検証事業やJR筑前前原駅などに転落防止柵を設置するバリアフリー施設等整備事業などに取り組んでいきます。  

行橋市議会 2018-12-21 平成30年12月 定例会(第12回)-12月21日−05号

次に、事業費における補正の主な内容ですが、まず、都市政策課では、行橋駅自転車駐車場整備事業における監視カメラ設置工事費として、59万4千円、また、行橋駅東口の民間大規模再開発計画により、優先して、駅東口近くの停車場線を拡幅する経費として、850万円が、それぞれ増額補正されております。

大野城市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-12-13

月の浦方面からJR大野城駅に向かうバス路線は、平成15年3月にJR大野城駅が快速電車の停車駅になったことを受けまして、南地区のバス利用者から新規路線開設の要望が高まったことから、運行事業者である西日本鉄道株式会社との協議により、平成16年の6月に新規開設された路線でございます。  

嘉麻市議会 2018-12-13 平成 30年12月定例会(第4回)-12月13日−04号

それで、おのずと観光バス停車するような施設になってくると思いますので、それに加えてインバウンドの期待も出てくるのではないかなと思っています。これらをあわせて今後、協議していただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。  これで、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(山倉敏明) お疲れでした。  3番、石原浩二議員。石原議員。 ◆3番(石原浩二) おはようございます。

行橋市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会(第12回)-12月11日−03号

まず図書館等複合施設、長井浜公園整備事業、長浜公園整備事業、行橋停車場線拡幅事業、これは県の事業ですけれども行橋の負担分がありますから、これらについて、これまでの支出額、及び今後計画されている支出見込み額、それらの財源について、また事業終了年について、具体的に明らかにしてください。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長和田雄二君)  お答えいたします。

宗像市議会 2018-12-06 宗像市:平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月06日

12月の1日、東郷駅前、県道東郷停車場線にて、宗像ジャズというイベントが行われました。9月の一般質問の際に紹介しておりましたので、その結果を報告したいと思います。  5カ所の店舗の中で、18のバンドによりジャズライブが行われました。店舗内は満員で入れない状態で、音楽だけではなく人も街角にあふれ、ちょっとあふれ過ぎて少々迷惑をかけたところもありましたけれども、うれしい悲鳴ではありました。

岡垣町議会 2018-12-05 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月05日−01号

総務課長(高山昌文君) この事故については、平成28年9月にJA北九やすらぎ会館海老津斎場前の県道において、職員が運転する公用車を停車中の自動車に追突させたもので、事故の相手方の車両修理にかかる損害賠償の額については、平成29年9月議会で既に報告させていただいたところでございます。

行橋市議会 2018-09-27 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月27日−05号

はじめに、土木課において、新田原駅周辺道路の整備において、駅周辺の車道、歩道、停車場所の区切り線がないことや、道路幅が狭いこと、また、時間帯によっては大変交通混雑している。これから、整備を進める上で事故のないように、気をつけていただきたい、との意見が出されております。  

糸島市議会 2018-09-20 平成30年 決算審査特別委員会(第5日) 本文 2018-09-20

その下の道路整備事業費8,676万5,000円につきましては、新田久保田線、新駅北口停車場線等の整備費でございます。  次に、323ページ下段、交通安全施設整備事業費4,034万5,000円につきましては、通学路のカラー塗装、防護柵やカーブミラーの設置などによりまして、児童・生徒を初めとする歩行者の交通安全を図っております。  

嘉麻市議会 2018-09-19 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号

さらに、利用しやすいように、バス路線で交差点や混雑が見込まれる場所またはバス停より一定距離を設定し、それ以外につきましては、手を挙げれば停車し、乗車できるようにご検討いただきたいのですが。また、それをすることによって乗車率が上がれば、市バス運営にもプラスになると思うのですが、今後の取り組みや方針があれば、ご回答お願いいたします。 ○議長(山倉敏明) 安陪総務課長