運営者 Bitlet 姉妹サービス
4294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-12-19 ─────────┼──────────┼───┨ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┃  │   │中央区渡辺通五丁目1-26- │             │          │   ┃ ┃  │   │307             │倉元、中山、堀内     │全ての子どもに安心、│   ┃ ┃15 │ 〃 │福岡市保育団体連絡会 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 同跡地をめぐっては、2017年に青果市場跡地を考える会から3,000筆を超える請願署名が市議会に提出されており、その請願趣旨には、大型商業施設ではなく、保育所、児童館、文化施設、特養ホームなどを望む住民の声が紹介されています。   もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 幼児の保育や教育の現場で得られる貴重な情報をぜひ生かしてください。幼児教育を通じ、変化する社会状況を身をもって実態把握するために、本市として市立幼稚園を手放さず、1園でも残すことが重要でした。今後においても、大きなまちだからこそ小さな子どもたちの変化をつかみ、市政運営全体に反映していただくことを要望いたします。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 入所の申し込みがあった3人の児童については、看護師と保育士の立ち会いのもと、集団保育が可能であるかを観察保育し、医師、保育士、児童発達支援センター、こども未来局で構成する医療的ケア検討会議で受け入れの可否について検討し、その検討結果を踏まえ、1人の医療的ケア児の受け入れを決定しております。 もっと読む
2018-12-10 直方市議会 平成30年12月定例会 (第6日12月10日) 次は、3款2項1目の病児保育事業補助金に関してです。これ、一般質問でも触れましたけど、子ども・子育て支援事業の一環として取り組まれておりますし、近年、利用者がかなりふえてきておりますし、昨年度からは、鞍手乳児院とあわせて市内の小児科医の方の御厚意によって取り組まれております。 もっと読む
2018-12-10 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月10日−04号 また、学童保育についても手狭で窮屈となると考えます。どのように対処されるのか。  安易な校区変更は、子どもたちの地域に根づいた成長を阻害するものだと私は考えます。子どもたちは、地域のそれぞれの行事の中で育ち成長していきます。多くの人にとって、年を取ってから心の支えとなるものです。昔の農耕を中心とした共同体は崩壊に近くなっています。 もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 実態としましては、以前と比較して学習塾や学童保育、スポーツクラブ活動など、さまざまな学習の場がふえたことにより、子どもの選択肢が広がったため、自治公民館で行われていた書道教室などの学習教室が減ってきているのではないかと推測いたします。  教育委員会では、類似公民館の活動に対する支援として、特色のある自治区活動の事例発表など、公民館長の情報共有を図る研修会の場の設定を行っています。 もっと読む
2018-12-07 直方市議会 平成30年12月定例会 (第5日12月 7日) まず、平成27年度から多子世帯と市民税非課税世帯を対象にした学童保育料の減免制度、また保育保育料につきましては、1人目の半額が第2子にかかりますけれども、この第2子分の無償化を平成28年度から実施しているとこでございます。  保育保育料と幼稚園就園奨励費補助金につきましては、税制上、寡婦控除の対象とならない未婚のひとり親に対するみなし寡婦控除も適用しているとこでございます。   もっと読む
2018-12-06 直方市議会 平成30年12月定例会 (第4日12月 6日) 直方市では、新たに保育所、小規模保育事業ほか子育て支援事業に参入する事業者に相談、運営支援などを行う多様な主体が参入することを促進する事業と、保育所利用の際に必要な実費を生活保護世帯を対象に補助する実費徴収に係る補足給付を行う事業の2事業を除く11の事業を実施している状況でございます。以上です。 もっと読む
2018-12-05 遠賀町議会 平成30年第 8回定例会−12月05日-03号 しかも、同社は、平成30年度の防犯灯管理委託契約及び遠賀南学童保育空調工事を、遠賀町から請け負っております。遠賀町議会議員政治倫理条例を制定した本議会の一員として、尾下康文議員の責任は重大であります。  そもそも、この遠賀町議会議員政治倫理条例を制定した経緯は、地方自治法第92条の2の規定を補完するために制定したものであり、全議員が賛成しての提出であります。 もっと読む
2018-12-04 直方市議会 平成30年12月定例会 (第2日12月 4日) ○こども育成課長(熊井康之)  まず、病児保育事業でございますが、平成27年度から鞍手乳児院で事業を開始することができました。一方で、直方市内でも事業実施できないかという声は当時より多くあったとこでございます。 もっと読む
2018-11-30 直方市議会 平成30年12月定例会 (第1日11月30日) 次のページの13款1項2目民生使用料の2節児童福祉使用料では、説明欄記載のとおり、保育所使用料で413万8,000円の収入を見込み増額計上いたしております。  14ページをお願いいたします。  14款1項1目民生費国庫負担金では、1節社会福祉費負担金で、説明欄記載の内容で合計9,000万円の収入を見込み計上しております。   もっと読む
2018-11-30 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月30日−03号 また、小山前市長には、勝浦小学校の学童保育所を開設していただいたり、横断歩道の信号機がなかった宮司地区の的岡交差点、宮地浜交差点、川下交差点、津屋崎地区の宮ノ元交差点など、一般質問で対応していただきました。  原﨑市長には、勝浦郷づくりの拠点整備を平成32年度中には完成する旨の答弁をいただき、期待しているところでございます。  それでは、第1点目ですが、あんずの里市改修工事についてであります。   もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 これまでの対策につきましては、認可保育所、分園の新設、それから既存認可保育施設の再整備に伴う定員増、それから幼稚園の認定こども園化や特定地域保育施設としての小規模保育施設の新設などに取り組んでまいりまして、平成26年4月の定員が730名だったのですけれども、平成30年4月の定員が1,228人と、この4カ年で定員を498名増とさせていただいております。 もっと読む
2018-11-28 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月28日−01号 本市の保育所待機児童対策については、福間駅東開発に伴う若い世代の人口増加を見据えて、平成25年度から平成28年度まで認定こども園2カ所の開設を含む後期保育所再編計画を実施することにより、待機児童問題は解消の方向に向かっていた。  しかし、平成29年から平成30年にかけての急激な若い世代の人口増により、待機児童が急増している現状である。   もっと読む
2018-09-27 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第7日 9月27日) 学童保育にかかわる、これ、補正予算です。市は、平成27年度に学童保育に関する条例を定めました。それに基づいて、今、運営をしているということです。直方市が実施主体であるということを明確に位置づけました。それまでは保護者会等に運営を任せておりましたし、施設整備もなかなか思うようにいかない状況が続いておりました。 もっと読む
2018-09-27 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号 かかる状況下において、本特別委員会では、大牟田の魅力発信に関すること、休日保育に関すること、ごみの福祉収集に関することなど、幅広い視点から議論が交わされました。  なお、審査の過程で述べられました意見・要望を、起草委員会を中心に集約した結果、次の2件については、全会派及び無所属委員全員による積極的な賛同により、議会の合意形成が図られたものであります。 もっと読む
2018-09-26 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第6日 9月26日) 最後は、3款2項6目保育所事業費についてお尋ねをいたします。  平成29年度から技能・経験に応じた保育士等の処遇改善が従来の制度に上乗せで処遇改善Ⅱとして上乗せされております。実施されております。新たに副主任保育士、専門リーダー、分野別リーダーなどが設けられまして、キャリアアップに取り組む保育所に処遇改善を実施するということで始まりました。   もっと読む
2018-09-25 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第5日 9月25日) また、生活扶助基準の引き下げは、住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などで低所得世帯の生活悪化に連動します。生活保護基準を目安にした諸制度としては、生活福祉資金の利用、介護保険料の利用、保険料の減額制度、障がい者自立支援料の減額、地方税の減免などに影響してきます。  現在、全国で3,100万人の方たちが住民税非課税となっていますが、基準が下がれば課税される人が多く出てきます。 もっと読む
2018-09-21 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月21日−06号 現在の路線は、山田を発車して牛隈から嘉穂総合高校を経由し、桂川駅までの路線だが、西鉄バスの28番線を補完する意味で、第二保育所から桂川町の笹尾橋、下臼井口、石田病院前、弥栄、吉隈保育所、又手を経由して嘉穂総合高校へ至る経路を新設する議案であります。  この路線新設については全く異論がありませんが、総務財政委員会の中で質疑の中で申し上げたことは、桂川町と協議をしたかということであります。 もっと読む