658件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 2019-06-24

とてもすばらしく、住民参加の市政を貫こうとする市長の思いが感じられます。しかしながら、市の施設指定管理者制度導入の際や民間業者委託など、市がどういう理由で選んだのか、なかなか伝わってこないのが実情です。  平成最後の議会でもある本年3月議会においても、中学校司書の業務委託を含む小中学校図書館支援委託事業という事案が、2020年度の債務負担行為という形で上がりました。

宗像市議会 2019-06-21 宗像市:令和元年第2回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年06月21日

これで宗像市も全国に先駆けて、住民参加のまちづくりが進められると。こういったことで議員は全員一致でこの提案を採択をしました。  ところが、これが本当に実施されてきたのかということであります。企画段階あるいは実施段階、そういったところで市民の意見を聞くと。これがこの請願の趣旨であります。ですから、予算がそのときどうだとか、あるいは予算市民がそれにかかわるとか、そういった内容ではないんです。

糸島市議会 2019-03-15 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2019-03-15

また、さいたま市、これは人口125万人なんですけれども、これは住民参加型のワークショップを2014年度は5回、2015年度は2回、糸島市もたしかそういったパブリックコメントとか、そういった説明会を64回とかしたと言っていましたけれども、ただそういったことをやって、さいたま市の場合は住民の声を丁寧に聞いて、公共施設のあり方を決めていく、そういった政策を進めているんですよ。

大野城市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2019-03-04

地域包括ケアシステム実現のための生活支援体制整備事業は、住民参加による支え合い活動の仕組みづくりを目指した事業であります。平成27年度から着手しました本事業の中において、学識経験者や区長会、民生委員児童委員連合協議会などの団体で構成される第1層の協議体を設置しております。この第1層協議体では、市全体の互助を中心とした地域づくりの方向性の検討を進めているところであります。

遠賀町議会 2019-03-01 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号

住民参加の促進。  協働のまちづくりを推進するため、出前講座や遠賀町がんばる地域まちづくり事業を継続するとともに、協働について考えるきっかけの場となる事業報告会や交流会への参加を積極的にPRし、住民による事業のさらなる活用促進を図ってまいります。また、NPOやボランティア団体などの活動団体やコミュニティ活動団体人材づくりに努め、その活動を支援してまいります。  人権啓発の強化。  

福岡市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-02-27

次に、地方分権住民自治を進めるため、自治と参加協働による豊かな地域社会の実現のために、住民が地域に関する予算策定ができる住民参加予算制度等の仕組みや、区の事業に関して区民が予算に関与できる地域経営会議のような仕組みが必要と考えます。また、総合区設置の検討を進めることを求めますが、御所見を伺います。  

田川市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4日12月20日)

当該負担金は、高校生と食をテーマとした御当地映画住民参加型で製作・誘致するに当たり、目的に賛同する企業関係者、文化観光関連団体地域団体及び市民等で組織する実行委員会へ支出するものであり、財源については、地方創生推進交付金及び地域の芸術環境づくり助成金などを活用する予定とされております。  

久留米市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第6日12月17日)

「そのために住民説明会、利用者アンケート、専門家の意見聴取、ワークショップ地域別住民検討会設置などの住民参加を徹底させていくことなどが重要だ」と述べています。久留米市においては、全くの勉強不足であると言わざるを得ません。住民、市民を置き去りにした一方的な廃止方針であります。  

行橋市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会(第12回)-12月11日−03号

貸出だけ中心の図書館ではなく、レファレンス機能の強化、学校行政への支援、子育て支援、地域住民の交流、住民参加など、地域の課題解決を図る地の拠点、知る拠点、そしてその土地の拠点となる図書館を目ざして具体的に取り組んでいただきたいと思いますし、図書館では、障がい者の方が利用しやすい図書やサービスを充実させるという障がい者読書環境整備推進法、読書バリアフリー法なども検討されているようです。

川崎町議会 2018-12-04 平成30年度第7回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年12月04日

この表紙の題字を住民参加にしている企画がとてもよいということと、写真の子どもたちが後ろ向きで小さいので、もう少し子どもの顔が見えるショットが望ましいということでした。  そして、2ページ目と3ページ目は視覚的に情報区分が図れているという高評価をいただきました。

福津市議会 2018-11-28 平成 30年12月定例会(第6回)-11月28日−01号

全国の県市区町村議会の調査の結果、議会改革度調査2016ランキングでは、情報共有住民参加、機能強化の3項目の採点で全国4位(1,318自治体中)の評価を受けている。加賀市と福津市では定例会進行委員会審査など取り組みは異なるが、本市では取り組んでいない課題が沢山あり、本市でできる議会改革に向けて、事務局を含めて検討をすべきであると考える。

春日市議会 2018-10-05 平成30年議会運営委員会 本文 2018-10-05

ここで、委員の皆さんの御紹介をして、議会運営委員会の役割、地方自治法第109条に基づいて、調査事項と協議事項、それから、今回、早稲田大学マニフェスト研究所が2010年から議会改革の調査を発表しておりますけれども、その調査の目的とか調査方法、それから調査の観点ということについて、中でもこの調査の観点の三つの柱、情報共有住民参加議会機能の強化、これについてはここ書いていませんが、詳しくは口頭で御説明

北九州市議会 2018-09-18 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月18日−04号

それから、この公共事業評価システム住民参加のあり方も問われております。この公共事業評価システムでは住民の声を聞くといいましても、パブリックコメントの募集だけであります。これでは不十分ではないでしょうか。公共事業評価システムでは、ほとんどパブコメによります市民意見は聞きおくだけという傾向が強いと私は思っております。

北九州市議会 2018-09-14 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

また、さいたま市の公共施設マネジメント計画では、住民参加による公共施設再編計画を実施しています。学生によるパンフレット作成や約100回にわたる地道な市民説明会と市民がパネリストのシンポジウムを行い、ワークショップ市民と一緒に検討し、その案を計画に反映しています。  そこで、お尋ねいたします。  門司区大里地域モデルプロジェクト再配置計画は、住民合意のもとに行うべきです。

久留米市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第5日 9月12日)

自然災害が相次ぐ今だからこそ、危険性が高い地域では、ハザードマップを使い、実際につえをつきながら、また車椅子を押しながらの住民参加避難訓練の実施をぜひしていただきたいと思います。  2項目めのプラスチックごみ問題について。  プラスチックの分別回収が始まり、我が家の燃やせる生ごみは半減しました。