運営者 Bitlet 姉妹サービス
800件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 それは、子供が外的に見て、子供の仲間づくりの中で外的にあらわれる部分に顕著にあらわれてくる部分が小さいときからのそれが高校まで、そういった事象が起こったのではないかと思います。   もっと読む
2018-09-14 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月14日−03号 ◆7番(中嶋時夫) 部落の子供たちが大事にしてきたことは、仲間づくりとか集団づくりの根本には、全ての人間が幸せに生きる権利としての人権を低学年のときからきちんと身につける教育実践が柱にあります。部落の差別の現実に学ぶという取り組みが、今、本当に現実に教室の中ではどのように認識をされているのか、お伺いしたいと思います。 ○議長(山倉敏明) 大森参事。 もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) そして、その方は、全国のボランティア仲間とネットワークを組んで、活動に日々取り組んでおられます。現在も、たしか広島の方面へ軽トラックで出向いて、がれきの処理の作業中だと伺っております。  本市も、このようなリーダーの方たちとの連携を強め、その受援力を高めることが大切であります。  そして、最後に、朝倉市から広島県坂町へボランティアバスが出されております。 もっと読む
2018-09-07 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 7日) 農業のさまざまな情報を得るためには、本日、20階の傍聴にお見えになっている「ひまわり会」のように、みんなが切磋琢磨しながら、また、協力しながらの仲間づくりが重要なことではないかと思っております。  そこで、女性農業者の育成について、今後どのように取り組んでいくのか、お尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-03 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月03日−02号 この中には小中一体型施設整備基本計画概要として、「つなぐ学び舎、つながる仲間」といううたい文句のもとに5つの推進方針が掲げられています。これ見ても、これ今までの別々の学校でもできるんじゃないですか。小中一体型になれば、こういうふうな、もっともっと大きなことができるんじゃないですかっていう、そこ全然わからないんですよね。 もっと読む
2018-06-22 福岡市議会 平成30年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-06-22 学童保育には幼児とは違って、仲間をつくって逸脱や悪さをしながら遊びをするギャングエイジの子どもたちの発達、成長に責任を持ってかかわるという独特の難しさがあります。 もっと読む
2018-06-21 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第4日 6月21日) 利用者ですからね、私も、仲間ですから。その中で、結局3年間、私、この案件について何とかならんかということを打診しまして、今誰が使っているのか、どのグループが使っているのかということの資料ができました。これ、今までできてなかったんですよ。それができました。  それと今おっしゃるように、40回開催したら、団体がサークルを40回開催したら、年にですね、40回行かないかんやったんです、申し込みに。 もっと読む
2018-06-21 福岡市議会 平成30年第2委員会 開催日:2018-06-21 4 ◯ 学童保育は幼児と異なり、いわゆるギャングエイジの発達成長に責任を持って、子どもたちの自主的な仲間づくりや生活や遊びを支援する複雑なかかわりが求められることから、支援員は本来、保育士や学校教諭と同様の高い専門性が必要であると考えるが、専門性を維持するための取り組みを尋ねる。 もっと読む
2018-06-20 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第3日 6月20日) また、弁護士が1人で案件を抱え込むことで精神的にも大変なことであり、任期付職員として仲間がいることで孤立せずに悩みを共有できるということも重要であると。それぞれの得意分野で、また力が発揮できていくのではないかということもあります。以上でございます。 もっと読む
2018-06-20 宗像市議会 宗像市:平成30年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月20日 また、療育の場が日々の育児の悩みを相談し共有できる場となり、子どもの発達の課題と向き合う保護者同士の仲間づくりにもなっているところでございます。また、適切な就学先を保護者と一緒に考えることができるので、子どもの特性に適した就学先を選択することができます。   もっと読む
2018-06-19 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号 またそのほかにも、読書ボランティアの方々によるお話し会など、親子や仲間とともにイベントを楽しまれている様子がうかがえました。  ともだちや絵本ギャラリー実行委員会におかれましては、これまでも中心市街地や商工会議所を会場に継続して取り組んでいただいておるわけでございまして、それが今回のイベントの成功に結びついたものと考えております。   もっと読む
2018-06-19 春日市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018-06-19 この診断の大きな特徴は、1、学校の教育目標・経営方針とその具現化、2、教育課程・教育活動と運営組織・校務分掌の診断に加えて、3、仲間関係や役割分担と、4、学校全体の雰囲気や校風が診断項目に入っていることです。  これらの診断結果で、自分の学校は働きやすい環境であるのかが把握できるようになっており、多忙感を感じない、やりがい感がある職場環境づくりにつながっていくものと捉えております。 もっと読む
2018-06-18 岡垣町議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月18日−03号 日ごろより社会教育・社会体育施設は、町民がスポーツや文化を通じて、仲間づくりと触れ合い交流の意義ある場であり、施設の使用料の改定についても、行政が配慮しなければならないことだと感じます。  町民へスポーツ振興や健康増進に向けて安全なる施設の維持管理と運営は、行政の必要不可欠な行為であり、町民を含めた利用者は、町の公共施設での利益者負担の原則を承知の上で施設を利用しています。   もっと読む
2018-06-18 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月18日−03号 しかしながら、今申し上げましたように、その当時のモデル事業の評価結果を見ましても、マシントレーニングを使って、そして、一人ではなく複数の人間で仲間づくりの中で取り組むことが非常に重要であり、参加者のモチベーションを高めるための健康運動指導士の役割というのが非常に大きなものがあるというふうに認識しております。   もっと読む
2018-06-15 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月15日−02号 そのような中でも、動物園に新しい仲間のキリンやナマケモノ、そして、熊本から一時避難してきているユキヒョウが来るなど、時代とともに顔ぶれも変化してきております。  そこでお尋ねいたします。  キリンやナマケモノ、ユキヒョウをそれぞれ迎えたときの来場者の反応や近況をお教えください。 ○議長(境公司)   黒田産業経済部調整監。 もっと読む
2018-06-01 糸島市議会 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2018-06-01 豊かな人間性・人権意識の育成については、可能性に向かって仲間と挑戦する心を育てるため、「中学校英語検定受験」の推進、「小学校音楽会」や「中学校勉強合宿」への支援、九州大学で中学生が学ぶ「伊都塾」などを継続して実施します。 もっと読む
2018-03-15 糸島市議会 平成30年 第2回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-03-15 実際の活動といたしましては、グラウンドゴルフなどのスポーツ大会や文化作品展や囲碁大会などの仲間づくり、生きがいづくり活動などに取り組んでおられるところでございます。行政がその役割を決めることは適当ではないのではないかと考えます。  また、今後一層の高齢化が進みますと、まちづくり、地域づくりを担っていただく方には、高齢者はおのずと含まれてまいります。 もっと読む
2018-03-15 春日市議会 平成30年第1回定例会(第5日) 本文 2018-03-15 このような市の取り組みとあわせて、シニアクラブの皆様が、会員の仲間づくり、世代間交流、子どもたちの見守り、友愛訪問、環境美化などさまざまな活動とあわせて、健康づくり・介護予防活動に活発に取り組んでいただいているところです。 もっと読む
2018-03-09 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第5日 3月 9日) 例えば、友達などに話せば済むこと、集う場があれば、不安を話せて解消できることが、集う場や仲間が少ないために、専門窓口に集中してはいないでしょうか。相談内容をそのような視点で分析して、地域づくりにフィードバックすることが必要な時期です。  このような課題認識を市も持っておられて、こども子育てサポートセンターでは、個別の相談だけではなく、支え合いの仕組みをつくることを業務に位置づけられました。 もっと読む
2018-03-07 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第3日 3月 7日) での連載小説の中で、佐賀のがばいばあちゃん宅で生活をしているとき、野球の仲間が修学旅行に行けないということで、みんなでアルバイトをして、その資金を稼いだということです。  また、私も小学校6年生のとき、これと似たようなことがありました。当時、子ども会はなかったが、学校内で地域ごとの単位で1年から6年までをまとめて学団会というのがありまして、この学団長は級長より威厳がありました。 もっと読む