運営者 Bitlet 姉妹サービス
2737件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 よりよい社会をつくるためにも、人間が感性を豊かに働かせながら、どのような未来にしていきたいのか、どのような社会や人生が本当に豊かなのかをみずから考え出すことが必要な時代なのです。  このように、教育に求められる人を育てる教員にかかる負担はますます大きくなっています。  私は、先日の一般質問でも子どもたちの教育環境について取り上げていました。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 170 ◯教育長(星子明夫) 大規模校のよさにつきましては、集団の中で多様な考え方に触れ、切磋琢磨することを通じて一人一人の資質や能力をさらに伸ばしやすいことや、豊かな人間関係の構築や多様な集団の形成が図られやすいことなどがあると認識しております。 もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 人間としてもどうかと思いますよ。  次に、神谷候補が正式に文書で申し入れた公開討論に対して、返事一つよこさず無視し続け、実現を妨げた理由についてお尋ねします。 もっと読む
2018-12-10 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月10日−04号 目に見える相手と話しながら、相手の表情を観察しながら、生活することの楽しさを実感することが、人間の感性を育て、豊かな町をつくることだと考えています。スマホでは物質的な欲求は解決できますが、感情の豊かさはなかなか手に入れることができなと思っています。 もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 地球上に73億人の人間が住んでいます。北斗の水くみ現象を観察できる人はごくごく限られた一部の人間だけです。両手で砂をすくって、その中の一粒を当てるのと同じくらいの幸運なことではないでしょうか。こんな幸運な位置にある岡垣町を、北斗の水くみをもっともっと世界中に発信するべきです。  そこで私からの提案です。岡垣町は北斗の水くみで有名であり、観光発信の拠点である観光施設も北斗七星と名づけています。 もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 この社会的共通資本とは、全ての人々が、豊かな経済生活を営み、優れた文化を展開し、人間的に魅力のある社会の安定的な維持を可能にする自然環境と社会的装置のことで、これを社会共通の財産とする考え方と理解しています。   もっと読む
2018-09-19 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号 災害時の避難所の状況を見てみますと、自由に過ごせる空間は狭く、食糧や水などの配給が始まっても回数が少なかったり、人間関係やプライバシーに関する不満を感じる人の増加、また要支援者が設備面の支障、周りに迷惑がかかる、精神的にいづらいなどを理由に退所する者も多いなど多数の課題を聞き及んでいるところでございます。   もっと読む
2018-09-18 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月18日−04号 自伐型林業者が面的に里山に入って里山が人間の区域、生き物が入りづらい鹿とかイノシシが入りづらい聖域、領域を減らしていくと。結果、それが頭数を減らすことにつながっているというふうになっています。  自伐型林業は、環境保全を広域で実践をし、地域を自然災害から守っていくことができる事業であるということを認識していただければと思っています。  続きまして、3点目の嘉麻市の市有林の活用についてです。   もっと読む
2018-09-14 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月14日−03号 ◆7番(中嶋時夫) 部落の子供たちが大事にしてきたことは、仲間づくりとか集団づくりの根本には、全ての人間が幸せに生きる権利としての人権を低学年のときからきちんと身につける教育実践が柱にあります。部落の差別の現実に学ぶという取り組みが、今、本当に現実に教室の中ではどのように認識をされているのか、お伺いしたいと思います。 ○議長(山倉敏明) 大森参事。 もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 この言葉からは、リーダーとは、決断ができて、その決断に対して責任をとられる立場の人間のことだなというふうに思いますが、まさしく、そのお手本となるような発言である、そのように感じているところでございます。  以上でございます。 ○議長(境公司)   光田議員。 ◆24番(光田茂)   御答弁ありがとうございます。 もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) 自宅から通勤すること、大学時代からの人間関係を持ち続けることなど、地方都市久留米に住むことが、健康で長く働き続けられることにつながることなどをアピールし、若者の人材の確保、若者の定住につなげる一要素にもすることができると思います。  また、市の立場では、国民健康保険加入者を対象にした健康づくりはできるものの、社会保険加入者に対するアプローチは難しく、職域保健と地域保健の連携は不十分です。 もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) あらゆる差別の中で、部落差別は人間がつくり出した差別だから、人間の力でなくしていけるはずだという展望のもとに、これまで行政を初め、多くの方々が努力を重ねてこられました。そして、1回目の質問で申し上げましたように、久留米市のこれまでの人権・同和行政の成果が少しずつ出てきております。一方で、結婚差別、また、たとえ結婚できたとしても親戚づき合いが絶たれるような深刻な部落差別は存在しているのです。 もっと読む
2018-09-10 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月10日−03号 そして、また、環境省が出しております動物愛護管理法の基本原則でございますが、全ての人が動物は命あるものであることを認識し、みだりに動物を虐待をすることのないようにするのみでなく、人間と動物がともに生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知った上で適正に取り扱うよう定めております。   もっと読む
2018-09-07 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 7日) で、使ってもいない人間がいろいろ言っているということを市民にアピールしたかったのではないかと。久留米市に住む両親が健康で元気を維持しようと通っているサンライフ久留米をつぶしてほしくないと、市外や県外の子供たちや家族が署名をするのは当たり前じゃないでしょうか。  また、共同ホールは市外の方々がさまざまに利用して、ここは使いやすい、交通の便利もいいから残してほしい。これも当たり前のことだと思うんです。 もっと読む
2018-09-07 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月07日−02号 ですから、こういうものが社会保障を破壊するというふうに考えておられるのか、それと、実際、今後3年間やられるとすれば、5年間ぐらい連続して改悪をやられるわけですが、それによって大牟田市における生活保護利用者の皆さんの暮らしが、また、権利が、憲法25条のいう人間らしい健康で文化的なそういう生活レベルが維持できるのかどうか。この辺について見解をお聞きしたいと思います。 ○議長(境公司)   中尾市長。 もっと読む
2018-09-06 遠賀町議会 平成30年第 6回定例会−09月06日-03号 そういう背景とかもありますので、一概に表面だけで「お前がこっち向かんけ、だめ」とか何とかとか言うのは、教員はみんな、何て言うか、軽い、こう、それで優劣とかつける教師は、中には変なんもいますけど、ほとんどの方がそういうことを、子どももやっぱり基本的には田代議員と一緒で、大人のミニチュア版やなくて、一人の人格を持った立派な人間ですから、やっぱりそういう基本的な構えは一緒だと思いますけど。 もっと読む
2018-09-06 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号 直接的な原因としての不登校がというのは約12%ですが、人間関係がうまくいかなかったことや、病気、受験に失敗したなどきっかけはさまざまです。  私はことし3月に不登校問題について取り上げました。不登校になった原因はさまざまですが、相談体制の充実、特にスクールカウンセラーの配置について強く求めました。 もっと読む
2018-07-25 春日市議会 平成30年総務文教委員会 本文 2018-07-25 自分より弱いものに対して一方的に何々、というのがありましたけれども、そうではなくて、一定の人間関係のあるものから心理的、物理的な攻撃を受けたことがいじめの定義という形で変わってきております。  なおですね、平成25年度からはですね、この攻撃という言葉がなくなりました。 もっと読む
2018-06-25 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第6日 6月25日) 担当する、今から担当される職員が事業所等の現場を自分の目で体験されて、障がい者を理解する上では、非常に大切なことではないのかなあというように思うんですけども、市の窓口に、例えば障がいを持つ職員の配置だとか、ピアカウンセラー、これ、非常に単なるアドバイザーではなくて、当事者のことをもっとよく理解しているのはその人自身であるという人間信頼、自己信頼にのっとった立場に立つ人という、載っとったんですけども、 もっと読む
2018-06-22 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第5日 6月22日) 私は常々公共交通というのは、人間の体でいえば血管だというふうに考えております。その血管をどこにはわせることによって、その血管を通して人間の場合は、積極的には動脈は酸素を送り込んで肉体を元気づけるわけであります。 もっと読む