5892件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2030-12-11 12月11日-04号

まず、議案第184号について委員から、幼保連携型認定こども園の副園長等人材確保のための支援について質疑があり、当局から、幼保連携型認定こども園の副園長等人材確保のための支援については、国において、幼稚園教諭免許又は保育士資格のいずれかを持ち、一定の勤務経験を有する者が、もう一方の免許又は資格を取得する際の特例が設けられている。

北九州市議会 2023-06-10 06月10日-04号

また、大学院のマネジメント研究科では、観光を含め、幅広い業種の経営マネジメント人材を目指しまして、観光経営マネジメント人材育成する実践的な修学を現在55名の社会人が学んでおります。 御提案の観光MBAは、観光立国を掲げる国が、観光産業をリードするトップレベル人材育成強化目的に国の支援のもと立ち上げたもので、平成30年4月、京都大学と一橋大学に開設をされました。

北九州市議会 2022-09-27 09月27日-06号

奨学金返還支援事業について、優秀な人材確保できる仕組みを検討されたい。 関門地域魅力向上に当たっては、企画調整局が司令塔として各局の取り組みに積極的にかかわり、門司港の魅力を十分に生かす努力をされたい。 西部地区からの北九州空港利用者をふやすよう、引き続き取り組まれたい。 北九州空港観光目的での利用を更に伸ばすため、引き続き関係局とも連携されたい。 

大牟田市議会 2022-09-09 09月09日-03号

人口減少に伴う水の需要減少水道施設老朽化、深刻化する人材不足等水道事業が直面する課題に対応し、水道基盤強化を図るため水道法が改正されました。平成30年12月公布令和元年10月1日施行であると思います。 そこで、お尋ねいたします。 今回の水道法改正の概要並びに本市水道事業現状課題、将来の老朽管更新考え方についてお尋ねいたします。 ○議長境公司)  松田企業管理者

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

ただ、1つ今できてないのが、ご指摘の特別支援に関する支援ができる人材です。これは教育センターの構想の中でもぜひそういう人材確保して位置づけて、そういう面からスクールカウンセラー、ソーシャルワーカー、特別支援教育専門員ということで学校支援をぜひしていく必要があるというふうに捉えております。 ○入江和隆議長 田中雅光議員。 ◆12番(田中雅光議員) ぜひお願いしたいと思います。 

行橋市議会 2021-12-11 12月11日-04号

いま答弁いたしました保育士処遇改善事業補助金等ございまして、これが出てきた要因としては、どうしても北九州地域のエリアのほうの保育園のほうに人材が流出するという話が当時、保育所のほうからもあげられておりまして、これを少しでも是正して待機児童の解消を図ることを目的として開始した補助金という経過がございます。 

大牟田市議会 2021-09-26 09月26日-06号

50.地域防災力強化事業については、地域での防災力強化地域防災リーダーとなる人材育成が必要であり、防災士等育成に努められたい。また、訓練等活動が停滞している地域には啓発に努められたい。 以上のような意見・要望が述べられました。 審査の結果、無所属委員2名より認定しがたいとの態度表明がありましたが、結局、多数をもって、原案どおり認定すべきものと決定いたしました。 

岡垣町議会 2021-09-09 09月09日-02号

それと、道路を覆っている樹木の除去につきましても、シルバー人材センターのほうで、年間契約している路線等がありますので、そういったところは定期的に行っております。 あと、やはりこの夏場ですね。草が伸びたり、樹木がかなり覆いかぶさってくるところがありますので、そういったところは町民の皆さんからの御連絡であったり、区長さんからの御要望を受けて、必要に応じて、草刈り、伐採を行っております。以上です。

行橋市議会 2021-06-10 06月10日-02号

また高齢者の増加に伴いまして、在宅サービス需要は拡大し、ヘルパーや訪問看護師、看取りが行える医師などの人材不足が懸念されるため、医療や介護人材確保育成に対する取り組みが重要になります。以上でございます。 ○議長田中建一君)  米谷教育部長。 ◎教育部長米谷友宏君)  それでは、教育部におきます現状、そして重要事項等について、申し上げます。

北九州市議会 2021-06-07 06月07日-03号

同時に、中小企業高度外国人材との交流事業を通じて、人材不足に直面する市内中小企業外国人人材受け入れ支援いたします。 これらの政策を通じまして経済活性化を図り、人口社会動態をプラスにつなげ、若者を初め市民が本市成長、住みやすさ、暮らしやすさを実感できるまちづくりを進めてまいりたいのであります。 次に、宿泊税について御質問がございました。