5105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

議員中山茂樹君) 今、回答にありましたけど、自主サークルということになりますと、その活動に参加しているたちが、要は自分資金を出さなければならないのじゃないかと思いますが、そのサークル活動の種類によれば、町としても負担金を出せないとか、いろいろあるんでしょうけど、それぐらいの金額は余り大きくはないと思うんですが、資金の援助も継続はできないもんでしょうか、お尋ねします。

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

老年者がふえ続けることになりあすてらすの利用者はふえるけれど、肝心の交通手段がなくコミュニティバスに頼るたちが多くなると思います。あすてらすでは、温泉、プール、健康体操、その他料理や勉強会などがあり、その利用は10時からとなります。今の時刻表では開始まで30分以上ホールで待ち、利用後は2時間以上バスがない状況です。

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

じゃあ、次ですが、私は、教職員の長時間労働の問題を通して現場のたちと話をしていて思うんです。映画見に行ってますかって、行ってません。山登りはしてますか、していません。読書はしていますか、していません、暇がありません。そういう生活を送っている人が学校で夢を語れるのか、希望を語れるのか、非常に疑問を持つわけです。

みやこ町議会 2020-12-16 12月16日-03号

それとも、そういう思いもあるかもしれんけれども、もう少し優先順位として、できれば地元たちが少しでも収入の足しになるような、そういう場が欲しいと皆さん思っていらっしゃるのか、それとも、日常皆さんで顔を合わせるような場がほしいと思っていらっしゃるのか、若しくは、日常のさまざまな買い物の課題等々、解決したいと思っていらっしゃるのか、そこの本音の部分をぜひとも引き出していただきたいなと。 

春日市議会 2020-10-21 令和2年地域建設委員会 本文 2020-10-21

だから、そういうたちのために、いかにPRするかっちゅうこと、自主避難避難勧告の違いを教えてやらんと、僕は分からんと思うよ。やけん、公民館の方も、公民館自治会長あたりもあなたたちも、そら手が幾らあっても足りんと思う。その辺を常日頃からPRしていきよかんと、いざそのときになってから自主避難避難勧告の違いをどうのこうの言うたっちゃ、間に合わんて。そっちのほうが先って。  

北九州市議会 2020-10-01 10月01日-09号

本市で情報発信してきたたちクリエイティブディレクターとの交流会や 市職員への研修を実施されたい。●町を盛り上げていくため、商店街銀天街、NPOなどにクリエイティブデ ィレクターの力を貸すことを検討されたい。●本市にも規制改革110番をつくるとともに、規制緩和という言葉を規制改 革に変更することを検討されたい。

行橋市議会 2020-09-25 09月25日-05号

1千万円を超すたちは443人ですが、圧倒的に貧困層が多いと言えます。これらの市民状況に見合った市政になっているのかどうか、それが問われています。 次に、若干の分析を行いながら意見を述べます。まず、歳入です。前年度に比較し、合計では4億6376万円ほど増額になっていますが、自主財源は落ち込み、依存財源が増えています。自主財源では、増額している主なものは繰入金、減額している主なものは寄附金です。

小郡市議会 2020-09-24 09月24日-05号

こうしたたちの雇用を確保し、賃金労働条件を改善していくことは短期的に見れば市の出費を増加させることになるかもしれませんが、長い目で見れば内需の拡大、景気の好循環を生み出し、ひいては税収の増加など小郡市の財政健全化にもつながっていくと思います。緊縮財政だけではなかなか展望を見出すことはできません。

久留米市議会 2020-09-23 令和 2年第5回定例会(第6日 9月23日)

労務費が上がる、つまり働くたち賃金単価が上がるということは大賛成であります。しかし、質疑でも触れましたけれども、これには2つの問題があると思います。  1つは、労務単価が引き上がった分、下請労働者にもきちんと行き渡るのか。労務単価の引上げが額面どおり労働者への賃上げに回るのかということであります。  

みやこ町議会 2020-09-20 09月20日-03号

研修のなかなか内容がよかったと、ただそれだけで終わったんでは、せっかくの公費を使って勉強に行って、何も意味がなかったと思いますから、そういう成果については地元たちにもお話をして、今後やる気のある方については、もっと一生懸命勉強してもらえたらなと思っております。 

小郡市議会 2020-09-20 09月20日-04号

◆11番(百瀬光子議員) 知るだけではなかなか一緒にということになりませんので、そのたちをつないでいって1つ共有認識のもとに活動してもらうってことが大事になってくるかと思いますけど、そのつなぐための具体的な取り組みとしてはどのようなことをされてますか。 ○入江和隆議長 答弁を求めます。 有馬市民福祉部長

春日市議会 2020-09-16 令和2年第3回定例会(第4日) 本文 2020-09-16

親子で似た特性を持つ家庭も知っているが、障がい認定に至るレベルではないため支援も受けられず、自身の困り事を文章で発信するのも難しいたちは、案外多い気がします」と言われていました。  私は、この重層的支援体制整備事業の「断らない相談支援」は、新しい窓口をつくるという形にこだわるより、全ての市民を対象に、既存の支援機関を生かしてつくっていけるかが大事だと思っています。

春日市議会 2020-09-15 令和2年第3回定例会(第3日) 本文 2020-09-15

議員御案内の文部科学大臣が発信しましたメッセージでは、医療従事者社会活動を支えているたちへの敬意や感謝の大切さに言及されており、これを拡大したポスターにしたものを全小中学校に掲示しておりますとともに、児童・生徒・保護者全員に配布するよう、準備を進めているところです。  

北九州市議会 2020-09-15 09月15日-05号

今、4,106名とこの間答弁ありましたけども、それだけまだ北九州で働きたいというたちはいて、はっきり言えば知らなかったんだと僕らは思っているんですよね。

久留米市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第5日 9月14日)

しかし、そんなよりどころがない10代から30代のたちは、社会的養護出身者やヤングケアラーのみではなく存在し、ハンディを負っています。  若者支援は、ひきこもり、ニート、精神疾患に対応するメニューはそれぞれ若干あるものの、そのどれにも当てはまらない若者相談先、または居場所が必要です。専門の個別相談だけではなく、ほっとできる場、仲間、何げない日常会話が安心してできる場があればと思います。  

北九州市議会 2020-09-14 09月14日-04号

便利さを享受する社会の中で、化学物質や電磁波は完全に防げるものではありませんが、科学的根拠や解明を待っていては、今現実に苦しむたちは救えません。 本市でも、化学物質過敏症などについてホームページで広報していただけるようになりました。しかし、残念なことに情報不足であり、困っている人に手を差し伸べるというスタンスではありません。

行橋市議会 2020-09-11 09月11日-04号

また学校関係や普段利用しているたちに、説明を全く行わずに工事に着工することは、交通事故につながります。九州防衛局は、市が区長会説明すると、市の責任にしておりますけれども、行橋市として説明会開催を強く九州防衛局に申し入れるべきと思いますが、いかがでしょうか。また行橋市として、工事期間中はどうするのか、その予定を明らかにしてください。