821件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2020-12-15 令和2年第6回定例会(第4日)  本文 開催日:2020-12-15

86 ◯41番(はしだ和義) 先週末、猟友会有害鳥獣捕獲隊に所属をしている九州大学社会科学部門安田准教授に会いに九大を訪問し、実際に捕獲現場に立ち会ってきました。九大では農学部の大豆が全てやられ、近隣住民からはイノシシを駆除できないかと相談があったことから、20名程度の学生とチームをつくり捕獲を始めたそうで、今年はキャンパス内で40頭を捕獲

糸島市議会 2020-12-14 令和2年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2020-12-14

具体的な内容につきましては、留学生生活支援を行っている九州大学准教授日本語教室講師国際交流協会職員行政の多文化共生担当者などの多文化共生に詳しい専門家市内在住外国人を招いて講演やワークショップを実施されております。  受講者がまず多文化共生地域づくりの現状と課題を知り、課題解決のために自らができることを話合い、それを実践することを目的とした講座を年計6回開催予定でございます。

大野城市議会 2020-12-14 令和2年第7回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2020-12-14

次に、3番目として、九州大学との連携によるまちづくりについてでございます。  まず、1点目、平成31年3月18日、大野城市と九州大学との包括連携協定が締結されました。九州大学は総合大学で、様々な行政課題に対応できる分野があることから、それぞれの行政課題九州大学の英知を活用することで、大きく市の発展や市民の福祉の向上に寄与することが期待できるわけでございます。可能性は無限でございます。  

大野城市議会 2020-12-14 令和2年第7回定例会(第3日) 名簿 2020-12-14

や一時避難場所が想定されている  │ │         │            │   が、コロナウイルス感染症対策も含めて、避難 │ │         │            │   所や一時避難場所を抜本的に見直す必要がある │ │         │            │   のではないか                │ │         │            │(3) 九州大学

糸島市議会 2020-12-09 令和2年 長期総合計画審査特別委員会 本文 2020-12-09

134 ◯波多江委員  その次に、インターチェンジ構想を見据えながら、九州大学また国道202号バイパス中央ルート西回りルート産業活動として民間投資を促すと、稼ぐ力を高めていくというふうな記載がありますが、特にこの中央ルートに関しては、これはバイパスにつながる前からこの視点を持って取組をしていくのか。

大野城市議会 2020-12-09 令和2年予算委員会 付託案件審査 本文 2020-12-09

具体的には、九州大学との連携協力推進事業において、九州大学との連携事業を中止としたため、報償費を11万円減額まちづくり調査支援事業において、上半期にまちづくり視察旅費を活用した視察等を実施しなかったことから、旅費予算の半分の50万円を減額、そして、都市間友好交流事業において、交流事業の実施を見送りとしたため、旅費を13万5,000円減額しております。  

志免町議会 2020-12-09 12月09日-04号

あと検討会文化財保護審議会の会長の石瀧さん、あと九州大学名誉教授九州産業大学名誉教授九州大学名誉教授。アドバイザーは文化庁、それから福岡県の教育庁、事務局はずらっと担当社会教育課でしょうけども、庁内調整会議牛房さん、小池さん、安楽さん、内野さん、藤野さん、高木さんはもうおられません。5名、今だここにおられます。

志免町議会 2020-12-08 12月08日-03号

茶話会等はちょっと今私把握しておりませんが、事業としては、九州大学から留学生を招き、町民との交流を行う国際交流パーティーを行っておりました。そのほか近隣在住外国人講師として親子でその国の文化等に触れる親子で異文化交流等も行っておりました。   以上です。 ○議長(丸山真智子君) 岩下議員。 ◆2番(岩下多絵君) そのような交流会、ぜひとも復活させてほしいと思うのですが、4番の質問になります。