運営者 Bitlet 姉妹サービス
328件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-12-19 月19日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様      提出者 福岡市議会議員          森   あや子      熊 谷 敦 子      倉 元 達 朗          星 野 美恵子      近 藤 里 美      田中 しんすけ                  教員の長時間労働の是正を求める意見書  教員の長時間労働が問題となっている中,文部科学省中央教育審議 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 教員の長時間労働の是正を求める意見書  教員の長時間労働が問題となっている中、文部科学省中央教育審議の学校における働き方改革特別部会は、「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申素案)」をまとめ、2021年度から1年単位の変形労働時間制を導入することを盛り込みました。 もっと読む
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 本日、新聞の切り抜きの資料を提出しておりますけれども、教員の残業上限、月45時間年360時間など、中央教育審議から働き方改革に関する指針案が出されています。  嘉麻市における残業時間の実態はどのようになっているのかお尋ねをいたします。 ○議長(山倉敏明) 大森学校教育課参事。 ◎学校教育課参事(大森雅明) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-20 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第3日 9月20日) そして、この教育指導要領の前に中央教育審議でこれは検討なされております。この中央教育審議の答申において、「よりよい学校教育を通じてよりよい社会をつくるという目標を学校と社会が共有し、連携、協働しながら新しい時代に求められる資質・能力を子供たちに育む、社会に開かれた教育課程の実現を目指し」とあります。ややもすると、学校というのは、非常に村社会的な閉鎖された環境に陥りがちだと思います。   もっと読む
2018-09-05 糸島市議会 平成30年 第4回糸島市議会定例会(第2日) 本文 2018-09-05 81 ◯教育部長(泊 早苗君)  まず、文部科学省では、平成29年8月に中央教育審議から学校における働き方改革に係る緊急提言を受け、学校における働き方改革に関する緊急対策を策定し、平成30年2月に、この緊急対策並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取り組みの徹底について通知がなされました。 もっと読む
2018-06-22 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第5日 6月22日) 平成20年1月に、中央教育審議の答申において、平成20年小中学校、平成21年高等学校、特別支援学校の学校指導要領の改訂において、安全に関する指導について新たに規定されると。学校における防災教育、減災教育は、災害安全に関する教育と同義であり、安全教育の一環として行われるものであるというふうにされております。  これはもう、幼稚園から高校まで全部目標を書いてあるわけですよね。 もっと読む
2018-06-22 福岡市議会 平成30年第3回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-06-22 このような中,2017年12月の中央教育審議において「学校における働き方改革に関する総合的な方策」がまとめ られ,教員以外の専門スタッフ・外部人材の活用,学校が担うべき業務の効率化等も求められています。   もっと読む
2018-06-22 福岡市議会 平成30年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-06-22 このような中、2017年12月の中央教育審議において「学校における働き方改革に関する総合的な方策」がまとめられ、教員以外の専門スタッフ・外部人材の活用、学校が担うべき業務の効率化等も求められています。   もっと読む
2018-06-07 岡垣町議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月07日−02号 そんな中、平成29年、文部科学相の諮問機関である中央教育審議が、学校における働き方改革についての審議の中間まとめを決めました。  その中間まとめでは、教員の業務の整理・削減にテーマを絞り、その中で、標準を大きく超えた授業時数は、教師の負担増加に直結するとし、勤務時間の上限の目安を検討する必要があると述べています。 もっと読む
2018-03-23 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23 調査結果を受けて、文部科学大臣からの諮問を受けた中央教育審議は、12月22日に中間まとめを公表し、文部科学大臣はそれを受け、学校における働き方改革に関する緊急対策を公表、ことし1月には全国の教育委員会に通知が出された。その通知の内容について尋ねる。 もっと読む
2018-03-16 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会第2分科会 質疑・意見 開催日:2018-03-16 昨年末に中央教育審議が、学校における働き方改革に関する中間まとめを出しているが、どのような内容を国に示したのか。 [答弁]  平成29年12月に中央教育審議において、中間まとめ案が公表された。 もっと読む
2018-03-14 春日市議会 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 2018-03-14 そのような実態の中、平成29年12月22日の中央教育審議で、教員の働き方改革に関する中間のまとめとして大臣に提出しており、その中で教員の業務として、1、学校以外が担う業務、2、学校の業務だが、必ずしも教員が担う必要がないもの、3、教員の業務だが負担軽減が可能なものとして明確化され、中学校の部活動は2の「学校業務だが、必ずしも教員が担う必要がないもの」に分類されております。   もっと読む
2018-03-01 田川市議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月 1日) 昨年の12月、中央教育審議からの答申で、2020年度から小学校に英語の導入が予定をされています。この2020年度からの英語の導入による一つの大きな変化は、現在は小学校5・6年生では、外国語活動が必修となっています。そして、それにかわり2020年度からは英語が教科として導入されるということになります。なるというふうに言われていますね。 もっと読む
2017-12-18 大牟田市議会 平成29年 12月 定例会(第497号)-12月18日−03号 そしてまた、当日でございますけれども、安西祐一郎さんという前の中央教育審議の会長をされてございまして、ユネスコ国内委員会の会長もされておられる方、あるいは、宮川典子さんという文部科学省の政務官、それから、福岡県の城戸教育長、そして、私と、それから、安田教育長も交えたところで少しお話しする時間もいただきましたけれども、そういう中においても宮川政務官、あるいは安西ユネスコ国内委員会の会長ですけども、そちらのほうからも もっと読む
2017-12-12 春日市議会 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 2017-12-12 そしてまた、何か解決策はないものかというようなことがありまして、平成27年12月21日中央教育審議答申「新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について(答申)」を読ませていただきました。まあ、この答申も題名が長いもんですから、「平成27年12月中教審答申」と略させていただきますことを御了解ください。   もっと読む
2017-12-07 田川市議会 平成29年第5回定例会(第2日12月 7日) しかし、国の中央教育審議答申の一方、中央教育審議答申の中に、こういう文章があります。 もっと読む
2017-11-28 宗像市議会 宗像市:平成29年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2017年11月28日 近年教職員の長時間勤務の是正が求められる中、中央教育審議では、教職員の勤務時間管理の徹底を教育委員会、また校長等に求めています。  本市では、教職員の勤務状態をどのように把握されておられるのかお尋ねいたします。 ◯花田議長  伊達議員の2項目めの質問に対し、執行部の答弁を求めます。   もっと読む
2017-10-10 福岡市議会 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-10 この結果を踏まえ、文部科学省はことし6月に、学校における働き方改革に関する総合的な方策について中央教育審議に諮問し、現在、学校における働き方改革特別部会が設立され、8月には緊急提言が出された。学校現場において長時間の勤務が続いている現状の中、教師が特に負担と感じる業務に関して、平成26年10月に文部科学省が教職員の業務実態調査を実施している。 もっと読む
2017-09-26 小郡市議会 平成29年 9月定例会-09月26日−04号 こうした実態を深刻に受けとめた文部科学省の諮問機関である中央教育審議は、つい先日8月29日ですが、学校における働き方改革に関わる緊急提言を発表しました。緊急提言です。もう待てないということであります。  その中では、特に中学校における長時間労働の原因の大きなものとして、部活動指導が指摘されています。 もっと読む
2017-09-26 小郡市議会 平成29年 9月定例会-09月26日−04号 こうした実態を深刻に受けとめた文部科学省の諮問機関である中央教育審議は、つい先日8月29日ですが、学校における働き方改革に関わる緊急提言を発表しました。緊急提言です。もう待てないということであります。  その中では、特に中学校における長時間労働の原因の大きなものとして、部活動指導が指摘されています。 もっと読む