56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宗像市議会 2018-07-13 宗像市:平成30年第2回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年07月13日

元興寺文化財研究所は、元興寺の発掘調査で発見された資料の調査と保存処理を目的として、昭和36年に中世庶民信仰資料調査室を独自に立ち上げたことに始まります。平成25年4月に公益財団法人元興寺文化財研究所となり、現在では、文化財の総合的な研究所として発展しています。  研究所は、人文科学研究室、保存科学研究室など九つの部屋に分かれており、それぞれの担当を分けて調査が行われています。  

福岡市議会 2018-06-18 平成30年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-06-18

福岡市には、国内で最も古い水田跡が確認される板付遺跡や日本最古の王墓と言われる吉武高木遺跡、元寇防塁、鴻臚館遺跡、中世の博多を今に伝える博多部の景観や由緒ある神社仏閣が数多くあります。また、国宝金印を常設展示している博物館や世界的に有名なアーティストによる作品を所蔵している市美術館などがあり、これらを観光資源としてさらに積極的に活用していく必要があると思います。  

北九州市議会 2018-05-18 平成30年 5月18日 総務財政委員会-05月18日−01号

まず八幡市民会館とその周辺は歴史を伝える貴重な戦災復興エリアであり、中世からの時間軸でも捉えられるエリアであるということに関して、当局の認識をもう一度教えていただけませんか。 ○委員長(宮﨑吉輝君) 都市マネジメント政策担当課長。 ◎都市マネジメント政策担当課長 八幡駅前エリアの認識でございます。八幡駅前地区は再開発事業に良好な居住空間の形成がなされている地域でございます。

古賀市議会 2018-03-20 2018-03-20 平成30年第1回定例会(第4日) 本文

色姫の墓は、中世末期の武将立花道雪の側室である色姫の墓碑で、歴史資料として重要なものです。  2点目についてお答えします。指定の経緯につきましては、それぞれの文化的、歴史的価値に鑑み、当時の古賀町文化財調査委員会に諮問を行い、その答申に従って指定されたもので、指定年月日はいずれも平成2年4月27日となっております。  3点目についてお答えします。

福岡市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-03-06

福岡市アジアとの交流を通して発展してきた長い歴史を有しており、国宝金印を初め、元寇防塁や鴻臚館跡といった遺跡など、貴重なものが数多くあり、昨年9月には中世を中心とした国際色豊かな2,000点を超える博多の発掘資料が博多遺跡群出土遺物として国の重要文化財に指定されたのは記憶に新しいところです。

直方市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会 (第5日12月 1日)

日若踊、三申踊は、いずれも江戸時代に上方の歌舞伎役者が伝えた思案橋踊を現代に伝えており、加えて三申踊は中世に流行した念仏踊の流れをくむものと伝えられております。また、類似した芸能として芦屋町のはねそ、北九州市の木屋瀬盆踊、宗像市の鐘崎盆踊があり、いずれも県の文化財に指定されております。  

福岡市議会 2017-10-11 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-11

今後の取り組みとして、博多部においては、中世博多に起源を持つ神社、仏閣や伝統工芸品、豊富な食文化や活気ある商店街など多彩な資源を活用しながら、観光振興に取り組んでいく。また、ことしの博多祇園山笠では、櫛田入りや台上がりについてバーチャルリアリティ技術を用いて撮影しており、今後のプロモーションに活用するなど、本市への誘客につなげていく。

古賀市議会 2017-06-08 2017-06-08 平成29年第2回定例会(第1日) 本文

交差点角の発掘調査の成果はの問いに、ガソリンスタンド、レストランの計画に先立ち実施したもので、古代から中世の住居、集落跡と判明。船原古墳関連で馬術場の馬に馬具を装着したDVDを製作してはどうかの問いに、今年度は馬の模型を製作する。当時の馬は体高150センチほどだが、馬術場の馬は180から190センチあり難しいと思われるが検討課題としたい。子ども考古学部の募集定員の問いに、小学生15人。

福岡市議会 2016-06-15 平成28年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2016-06-15

合併後、島名は改めて古代から中世で使われていた現在の、能力の能に古いで能古を正式な島名として使うようになったようであります。  一方、福岡市史には、残島村が合併条件に島の周回道路整備と渡船の市営化を挙げていたことが記されており、議会はこの条件を無修正承認したと記録されています。合併時の西方村長は、何よりも早く電灯をつけることと博多湾の小船避難所を整備することを要望として談話に残しています。