運営者 Bitlet 姉妹サービス
2754件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 将来、家族を持ち、子育てにも夢を描けるような若者世代の支援、そして年々ふえ続けている障がい者の支援など、市民生活の足元からの支援を優先すべきです。  わずか数分程度の時間短縮のために多額の税金を使うようなことが許される時代ではないと考え、本議案に反対いたします。   もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 このことに関しては後ほど触れますが、城浜校区のように、ほぼ公営住宅などで構成される校区では急速に高齢化が進んでおり、子育て世帯などの若い世代を呼び込むための誘導策が必要であると考えます。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 政令市の中でも比較的に若い世代が多く、活気にあふれる福岡市ですが、高齢化の流れは例外ではなく、ついに超高齢社会に突入し、介護需要は今後ますます増加することが予想されます。介護が必要になった高齢者の皆さんにとって、いつでも介護サービスを速やかに受けられることが安心して生活する上で最も大事なことではないでしょうか。 もっと読む
2018-12-10 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月10日−04号 また本年3月より、海老津地域にせせらぎの郷の宅地分譲が開始され、子育て世代等の住宅建設が進んでいます。これらの人口増加がもたらす商業圏の変化も考えられますので、出店を検討する企業等の情報があれば速やかに対応できるよう、土地情報などを整理しておきたいと考えています。  なお、「2.海老津小学校の児童数適正化について(1)宅地開発に伴う学級編成について」に対しては、教育長から答弁させます。   もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 2つ目は、11月の岡垣町青少年育成町民会議主催の青少年の主張大会のことで、町内小中学校の発表者15名の皆さんが自分たちの将来の夢や人権を守る・命の尊さ、自然保護の大切さ、岡垣に生きることなどを、朗々と明瞭に語る姿には、団塊の世代の我々が経験したこともない、表現能力の高さや探究心の深さで自分の目でものを見る。そして納得するの意味を込めて楽しませてくれました。   もっと読む
2018-12-07 直方市議会 平成30年12月定例会 (第5日12月 7日) 出生数はベビーブーム世代、団塊の世代が出産適齢期を迎えた1970年代前半に回復します。  これが第2次ベビーブームであり、この時期に生まれた子供たちは団塊ジュニアと呼ばれます。 もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 何が言いたいかというと、世代間で文化が違ってきていると。私は70年前に生まれて、この70年の間の社会の動きというんですか。もうどれだけ進んだかって。それで、総合計画にこうですよ、ああですよと言葉で示しても、書いてある中身が理解できる若い年世代と、我々よりも上の世代は多分理解できると思うんです。   もっと読む
2018-12-05 直方市議会 平成30年12月定例会 (第3日12月 5日) さらに、今後の地域を担っていく若い世代の人たちが地域づくりに参画できるよう、子供会を対象とした地域で気軽に取り組めるレクリエーションの講習会を実施いたします。以上です。 ○14番(貞村一三)  ありがとうございます。次に、主催講座を見直しますということも前回言われたんですね。議会の中で答弁されました。 もっと読む
2018-12-05 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月05日−01号 公共施設等総合管理計画に基づき、若潮荘、乳垂荘、ことぶき荘について、入浴施設の廃止や多世代が利用できる施設へ転用する見直しを行うため、関係する条例の一部改正と新規制定を行うものです。  なお、詳細については、長寿あんしん課長に説明させますので、よろしくお願いします。 ○議長(太田強君) 船倉長寿あんしん課長。 もっと読む
2018-12-04 直方市議会 平成30年12月定例会 (第2日12月 4日) 母子保健関係では、母子手帳交付時の支援プラン作成、平成28年度から開始しました産後ケア事業、1歳6カ月健診からの発達相談支援と子育て世代の包括支援センター機能を実現してきております。目立たない事業ではございますけれども、子育てを支える重要な事業として他市町村に先駆けて体制を整えており、講演依頼や視察は大変多くあっているとこでございます。   もっと読む
2018-09-27 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号 20.子供の医療費の助成については、子育て支援、子育て世代の定住策として有効であることから、一層の助成拡大を図られたい。 21.病後児保育事業については、事業休止で利用者から不満の声も出ており、仕事と家庭が両立できる環境づくりのためにも、関係機関との協議を進めるとともに、財源の確保にも努め、早期の事業再開を図られたい。 もっと読む
2018-09-25 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第5日 9月25日) また、約15万人の子育て世代のうち約4割が減額され、ひとり親世帯の母子加算は約2割カット、児童手当に当たる児童療育加算も一部減額されます。政府が掲げる子育て支援充実とは逆行し、子供の貧困、貧困の連鎖をさらに拡大することが懸念をされます。  今回の見直しは、進め方も異常です。2013年度の見直しの影響について何ら調査をしていません。 もっと読む
2018-09-21 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月21日−06号 また、委員からは、保護者の方々、子育て世代の方々への周知が不十分であり、理解や合意を得ないまま進めるべきでないという反対意見や、一体型校を整備することで財政的に建設費等を削減できることや、有利な財源が活用できるときであることから、積極的に進めてほしいという賛成意見が出されました。  委員会としましては、慎重に審査を行いました結果、賛成多数をもって可決すべきと決しましたことをご報告申し上げます。   もっと読む
2018-09-19 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第2日 9月19日) 私、団塊の世代は。だけど、40人、30人を相手に、1人の先生がするのに、自主的にやる方は切磋琢磨して成績上がると思うんですよね。ついていけない方、みんなもうついていけないと、授業にね、という方は多々出てくるかと。そうすると、そういう学力向上を前提にマンモス校にしようというのは、かなうわけないじゃないですかという方がいらっしゃったんです。それはそう、理屈よねと、確かに。  不登校も一緒です。 もっと読む
2018-09-19 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−03号 今後、この岡垣町に似合ったまち・ひと・しごと創生総合戦略を熟慮して、少子高齢化と定住政策のさらなる充実を主要にし、子育て世代が住める町、出生率の向上を推進する町、良好な自然の宝庫を生かして若者を呼び込む町としての魅力ある施策を掲げ、町民が安全で安心して暮らせるまちづくりや行財政経費の削減、事務事業の見直し等を図り、弾力性を持って安定した行政運営を推進されることを願い、平成29年度岡垣町一般会計歳入歳出決算認定 もっと読む
2018-09-19 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号 本市は、子育て世代応援を標榜して、保育料の減額、子供医療費の補助、学校クーラー設置、就学援助入学金の前倒し支給など政治を進めていることに、大いに高評価をします。さらに推し進めるべき課題が、学校給食の補助です。この間、議会側からも何人かの議員から給食費補助の要求が出されてきたことは、ご承知のとおりであります。  私は、憲法の全条項の完全実施を望みます。 もっと読む
2018-09-14 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月14日−03号 学校現場では、今、団塊世代等の職員の大量の退職等があり、教職員養成課程での部落問題の履修率の低下など、今までに培ってきた同和教育の実践の継承が大きな課題であると思います。  まず、教職員自身が状況の変化に対応した部落問題に対する正しい認識を培う研修の充実や指導力が大事ではないかと思います。   もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 3、将来世代への責任を果たす項目では、公共施設の統廃合や市民サービスの縮小などが挙げられています。  いずれも、厳しい財政状況にある本市にとってはやむを得ないことであると思いますが、これらに取り組むに当たっての判断基準が重要になってくると考えます。行政がやりたいこと、やるべきと思うことと、市民が求めるものの優先順位が一致していればよいのですが、そうとも言い切れません。 もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) 我が国では、団塊の世代の方々が後期高齢者となる平成37年、2025年は高齢化率が30%に達し、約5人に1人が後期高齢者という状況が見込まれています。いわゆる2025年問題といわれておりますが、久留米市でも同年において高齢化率は約29%となり、単身や夫婦のみの高齢者世帯や介護が必要な高齢者、認知症の人など支援を要する方々の増加が続くといわれております。   もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) 子育て世代の女性就業率が、この20年間で二十数%から七十数%まで飛躍的に伸びております。社会構造が激変しているということです。さらに、教育・保育の無償化によってもたらされる保育ニーズの高まりは容易に想像でき、久留米市における待機児童のさらなる増加を危惧しております。 もっと読む