11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

久留米市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3日 2月28日)

久留米市で発生した窃盗未遂事件で容疑者として逮捕された人が起訴になったが、ネット上で誹謗中傷を受け続けている件。また、お隣韓国でもネット上の誹謗中傷により、芸能人が自殺をするというような事件が続きました。このように、枚挙にいとまがないほど多数の事案が発生しています。  続いて、私に起こった類似案件についてお話しします。

古賀市議会 2017-06-21 2017-06-21 平成29年第2回定例会(第5日) 本文

それから、起訴の判断が出たのが1カ月足らず、25日後ぐらいです。このこと、この早さというのは、過去の事例を見ても極めて異例の早さであります。ここに理由が一つあると思っております。理由といいますか、わけがあると思っています。  また、結論から先に申し上げますと、検察起訴となった場合に、市で処分はしますけれども、重い処分は課せられないというのが、これは顧問弁護士の見解でもあります。

嘉麻市議会 2016-03-17 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月17日−05号

と申しますのは、今、中村議員が言われたとおり、これは有罪かどうかということはまだわからんにしても、示談をすれば起訴になったりするんですよ。  しかし、やったことは、これは間違いないとでしょう。趣意書に書いてありますから。逮捕されたということは、警察の誤認逮捕ですか。それはそれなりの証拠があって逮捕したと、私は思っております。

嘉麻市議会 2013-12-18 平成 25年12月定例会(第4回)-12月18日−06号

12月9日に開催されました全員協議会において、吉永雪男議長議長の職を辞する意向はないと確認された旨の報告が出されたところでありますが、嘉麻市議会代表する議長というその職責の重さを考慮いたしますと、容疑の内容、起訴起訴、有罪・無罪に関係なく、吉永雪男議長市民の皆様に多大なご迷惑をかけ、さらに議会を混乱させた責任は重く、議長として不適格であり、まずは議長の職を辞することが相当であると言わざるを

古賀市議会 2013-03-21 2013-03-21 平成25年第1回定例会(第4日) 本文

1、市長が公職選挙法違反の容疑で告発された件が福岡地検で起訴処分になったことの報道。この質問は、市長が市長選に出馬表明して以降、法人登記されていない会社代表と記した名刺を配るなど、虚偽の経歴を公表したとして落選した前市長の支援者らが市長選で虚偽の経歴を公表したとして、公職選挙法違反の疑いで刑事告発されていた問題で、市長はこれまで「会社が閉鎖していたとの認識はなかった。

古賀市議会 2012-11-29 2012-11-29 平成24年第4回定例会(第1日) 本文

なお、新聞テレビ等の報道でもございましたとおり、このたびの私に対する公職選挙法違反虚偽事項の公表容疑で刑事告発されていた件でございますが、福岡地方検察庁から正式に起訴との決定が弁護士を通じて確認できましたので御報告をさせていただきます。まずは、市民の皆様、私を支えてくださっている関係者の皆様には御迷惑と御心配をおかけいたしましたことを心よりおわび申し上げます。  

岡垣町議会 2010-03-05 平成 22年 3月定例会(第1回)-03月05日−01号

第5項は、無罪判決の確定、起訴などによる退職手当の支払い差し止めの取り消しを定めたものでございます。  右のページをお願いします。第6項です。遺族に対する退職手当の支払い差し止め処分を行い、1年以内に退職手当の支給制限の処分を受けることがない場合には、支払い差し止め処分の取り消しを行うことを定めたものの規定でございます。  24ページ、次のページ、お願いします。

古賀市議会 2008-03-10 2008-03-10 平成20年第1回定例会(第2日) 本文

265 ◯議員(5番 内場 恭子君) まず、米海兵隊員による少女暴行事件起訴となったとはいえ、本当にこの事件自体は許すことができない、また人権をじゅうりんする、しかも女性の人権というのを全く無視した対応だと思っております。特に、米兵による被害というのはその後も続出しておりますし、こういう面ではこの意見書を出すことに非常に私も大賛成です。  

直方市議会 1997-12-05 平成 9年12月定例会(第1日12月 5日)

第3点目としては、任命権者は一時差止処分を受けた者が当該処分にかかわる刑事事件に関し、禁錮以上の刑に処せられなかった場合、または一時差止処分にかかわる刑事事件に関し、起訴処分になされた場合、一時差止処分を受けた者が現に逮捕されている場合を除き、起訴されることなく、期末手当基準日から1年が経過した場合には、速やかに一時差止処分を取り消されなければならないこと。  

大牟田市議会 1997-03-11 平成 9年 2月 定例会(第391号)-03月11日−05号

その結果がこのような大惨事に結びつき、通産省は三川鉱炭じん爆発危機感を感じ、手段を選ばず何が何でも起訴を勝ち取れ、勝ち取った暁には三井鉱山に対し、100億円の立ち上がり資金を出すとの約束が取り交わされたのであります。さらに有明鉱も通産省が日鉄二瀬の所有を三井鉱山へ無償で下げ渡したのであります。

  • 1