25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

直方市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会 (第4日 9月21日)

流産を繰り返す患者は全国で約140万人、毎年約3万人が新たに発症し、妊娠した女性の16人に1人がであると言われております。  の原因には、子宮形態異常が7.8%、甲状腺の異常が6.8%、両親のどちらかの染色体異常が4.6%、抗リン脂質抗体症候群が10.2%で、原因不明は65.3%にもなります。

行橋市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月11日−03号

今回は3件させていただきますけれども、まず初めにの周知、支援の推進について、ということでございます。というのは、皆さん聞きなれない言葉かと思いますけども、私は今回、質問に当たり勉強させていただいて、非常にこれから大切なことだなと思い、質問させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  

行橋市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月10日−02号

─────┼──────────────────────────┤│  │        │野生動物について  │1.農業従事者からの苦情について          ││  │        │          │2.被害現状から見る今後の取組みについて      │├──┼────────┼──────────┼──────────────────────────┤│ 6 │小原 義和   │

福津市議会 2018-09-04 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月04日−02号

3番目、の周知や患者支援の推進について。  とは、2回以上の流産、死産や早期新生児死亡、これは生後1週間以内の赤ちゃん死亡のことを言いますが、これらを繰り返して結果的に子どもを持てないことと一般的には言われております。流産の確率は年齢とともに上がるため、晩婚や晩産化が進む近年では深刻な問題の一つでもあります。  

春日市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第5日) 本文 2018-03-15

県では不妊専門相談センターにおいて、不妊症やなどの悩みに関し、専用電話による相談のほか、専門の医師、助産師による面接相談を実施しております。なお、このセンターは県内3カ所に設置されています。本市では、不妊等についての相談があった場合には、基本的に保健師や助産師が応じることになりますが、状況や内容に応じて、これらの県の専門のセンターを紹介しているところです。  

大野城市議会 2017-12-15 平成29年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2017-12-15

次に、について質問をいたします。  厚生労働省研究班では、2回以上の流産、死産、もしくは生後1週間以内に死亡する早期新生児死亡によって子どもが得られない場合を定義づけております。妊娠した女性の約4割が流産の経験があり、流産を繰り返す患者は全国で約140万人、毎年約3万人が新たに発症していると推計されております。  

大野城市議会 2017-12-15 平成29年第5回定例会(第4日) 名簿 2017-12-15

無効票 │ │         │            │   をなくすための啓発や有権者としての意識向上 │ │         │            │   のために成人式での模擬投票を実施してはどう │ │         │            │   か                     │ │         │2.について    │(1) の周知、啓発について

志免町議会 2014-12-08 平成26年第6回12月定例会-12月08日−02号

それから、への治療も、これは志免町でも質問が出ましたけれども、町長のお答えは必ず財政的にそういったことができないということなんですが、志免町はまだまだ子どもさんの数が多いということもあって、そういったところには行ってないと思いますけれども、子どもさんが少なくて人口が減少しているという町村にとっては、本当に大変な問題なので、こういったところへの財政的支援をしておられるんだろうというふうに思いますけれども

北九州市議会 2014-12-03 平成26年12月 定例会(第4回)-12月03日−03号

不妊だけではなくて、先般からの議会の御指摘もありまして、とか、そういったものについても相談を受けている窓口があります。それからもう一つは、申請をするのは区役所になりますので、その区役所の窓口で申請の際にいろんな相談を受けるという、この2つのルートがあります。  

北九州市議会 2013-12-04 平成25年12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

1点目に、妊娠しても流産や死産を繰り返すの支援について伺います。  は、夫婦のいずれかに染色体異常があるなどさまざまな原因で発症し、流産や死産を繰り返すと言われています。しかし、検査と適切な治療を行えば、約80%の高い確率で出産できると聞いていますし、有効少子化対策にもなります。

小郡市議会 2012-09-25 平成24年 9月定例会-09月25日−05号

次に、対策についてお伺いいたします。  という言葉自体を知らない方も多いのが現状ですが、厚生労働省研究班では、2回連続して流産、死産があればと診断すると提議しています。2009年に厚生労働省がまとめた調査によりますと、妊娠経験がある方で流産を経験したことがある人は41%にも達しています。2回以上流産し、と認められた方は約6.1%でした。

福岡市議会 2012-09-11 平成24年第4回定例会(第3日)  本文 開催日:2012-09-11

さて、初めにの啓発と公費助成について。  このという言葉もやや聞きなれない言葉かもしれませんので、まずはこの定義から入りたいと思うんですけれども、とは不妊症と違って、妊娠することはできるけれども、2回以上の流産を繰り返してしまうと、こういう症例を言います。

福岡市議会 2012-09-07 平成24年第4回定例会(第1日)  資料 開催日:2012-09-07

──┼────────┨ ┃楠正信        │市営住宅管理業務の指定管理者制度の導    │神戸市      │平成24年8月7日┃ ┃           │入及び基金債権運用について調査      │         │        ┃ ┠───────────┼──────────────────────┼─────────┼────────┨ ┃           │かほく市の治療

春日市議会 2012-03-19 平成24年第1回定例会(第4日) 本文 2012-03-19

少子高齢化社会の中で、本市においてもさまざまな施策が講じられていますが、今後の施策として対策が必要と考えています。今、妊娠はするものの、流産、死産を繰り返すに悩む女性がふえています。「育たず」と書いて「ふいく」と読みます。とは、不妊症と異なり、妊娠はできても出産までには至らず、死産、流産を2回以上繰り返す病気のことをいいます。

福岡市議会 2012-03-05 平成24年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2012-03-05

次に、についてです。  は、妊娠が困難な不妊症とは異なり、妊娠はするが流産や死産を繰り返す症状で、患者数は全国で約140万人と推計していますが、適正な検査や治療を行えば85%が出産を迎えることができると言われています。ことし1月からヘパリン在宅自己注射保険適用になりましたが、周知が進んでおりません。

志免町議会 2012-03-05 平成24年第1回 3月定例会-03月05日−02号

町長3助 村 千代子1.について。(1) 妊娠はするけれど流産を繰り返す。主な原因はさまざまですが、適正な検査や治療を行えば、8割以上の患者が出産を迎えられることがわかっています。しかしそこには経済的な負担という“壁”が有ります。支援の取り組みを。  ①母子健康手帳への記載と周知。  ②相談機関の設置。  ③保険適用外の検査・治療に公的支援を。町長2.緑のカーテンの推進。

  • 1
  • 2