32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大野城市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文 2018-09-26

皆さんもご存じの三権分立がその例です。請願者も、質疑において核五大国を含む全ての国での核廃絶が目的とおっしゃっておりましたので、そういう内容の意見書を総務委員会はこのたび独自で案をつくりました。そもそも国連の同条約には日本語訳がありませんが、賛成するならば、最低限、一度は同条約日本語訳にして読んでいる必要があるかと思います。皆さんはいかがお考えでしょうか。  

嘉麻市議会 2018-09-21 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月21日−06号

意見書は立法府行政府に提出することになっているが、言うまでもなく政治の原則は三権分立です。この意見書では、国会における憲法論議の推進と言いながら、意見書提出によって国会だけでなく内閣にも改憲論議を求めることにつながるのではないかとの疑問、憲法との整合性がないと思うからであります。  言うまでもなく憲法改正手続は国会の専権事項です。

大野城市議会 2018-09-07 平成30年総務企画委員会 付託案件審査 本文 2018-09-07

三権分立がその例だと思っています。なので、現実を直視せずに、理想だけで国民の命を危険にさらすことは政治の無責任だと思っております。  最後に、この意見書の中で、日本国憲法の理念を世界に発信しと、この意見書の中に書いておりますが、核廃絶に関しては、皆さん、ほとんどの委員さんが賛成だと思います。私もそうです。

大野城市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-06-14

言うなれば、管理の三権分立といった感じですね。わかりました。  では、次ですが、出生率に関して質問いたします。  全国的に出生率2どころか、3ないし4でなければ、もう対策が間に合わないと言われている現在、本市の合計特殊出生率は現在1.59ですが、出生率アップまたは維持のための施策はどのようなものがありますでしょうか。 412: ◯議長(白石重成) こども部長

福岡市議会 2016-12-14 平成28年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2016-12-14

飲酒運転による職員懲戒免職については、行政の長である市長が最高裁判決に対して批判的であり、憲法が定める三権分立を理解していないと言わざるを得ず、姿勢を改めるべきとの意見。  市債については、将来に過度な負担を残さないため、引き続き市債残高の縮減に努めるべきとの意見。  

福岡市議会 2016-10-20 平成28年決算特別委員会 本文 開催日:2016-10-20

憲法が定める三権分立を全く理解していない。立法行政司法が互いに抑制、均衡することによって、権力の集中と濫用を防ぎ、国民権利自由保障する仕組みである。司法には行政を抑制する役割がある。これを否定することは憲法違反、独裁政治につながる危険な考えだと言わなければならない。三権分立さえないがしろにする、これは市長のおごりとしか言いようがない。

福岡市議会 2016-10-13 平成28年決算特別委員会第2分科会 質疑・意見 開催日:2016-10-13

23 [質疑・意見]  三権分立の観点からも、司法が判断したことは行政機関として重く受けとめる必要がある。現在の懲戒処分の指針においては、特段の事情があれば懲戒免職としない場合もあるとなっているが、一律に懲戒免職とすることは、今後さまざまな問題を生みかねない。飲酒運転撲滅については、重い処分を与える以外の方策を探求することも行政の責務ではないか。

行橋市議会 2016-06-20 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月20日−02号

ゆえに、法律上、この場で、ここは三権分立がありまして、司法の場ではございませんから、ですから判決などを求めるものではないんですが、同じく憲法があり、国の法律があり、条例がある。この中で、法に込められた理念、また法令遵守のコンプライアンスの側面から、やはり自粛していくことが必要なんじゃないかということを考えております。  併せまして、もう1つの法論拠を述べさせていただきます。

嘉麻市議会 2016-03-11 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月11日−03号

中でも、三権分立における国会の働きにおいて選挙権について触れ、国民政治をするための大切な権利であることが指導をされております。  次に、中学校では、社会科の公民の学習において、国や地方自治体における民主政治の意義、政党の働き、選挙の仕組みなどがあり、国民として積極的に政治参加することの大切さが指導されております。  

行橋市議会 2015-09-08 平成27年 9月 定例会(第16回)-09月08日−03号

それでこのような憲法が実際にあり、各種の最高裁の判例が出ている以上、その判例の1つひとつをこの場で論じることはありませんが、三権分立である以上、別の件、司法の場で様々な見解が示されている以上は、条文にあります、どんなに良い内容であっても、教育若しくは博愛の事業に対し、支出若しくは利用に供してはならない、ドンドンドンドンやればいいというわけではないという部分も鑑みて、様々な判断がありますから、良さそうな

福津市議会 2014-12-02 平成 26年12月定例会(第5回)-12月02日−04号

それはそれで、三権分立司法あるいは警察署が調べることですから、そりゃ私どもが、適正にやっぱり入札してくださいという、議会の立場から言うべきであって、それをとやかくどうこうとは私言いませんけれども、ただ、そのことによって、やっぱり税金が多く使われておるなと、逆に。やっぱり適正に価格を設定をして、入札率、落札率もそこそこに常識の範囲内でやっぱりやるべきだろうというふうに思います。

川崎町議会 2014-09-16 平成26年度第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2014年09月16日

現代憲法は、国民主権の原則に基づいて、象徴天皇制を採り、個人の尊厳基礎基本的人権の尊重を掲げて、各種の憲法上の権利保障し、戦争の放棄と戦力の不保持という平和主義を定め、また国会内閣裁判所三権分立国家統治機構基本秩序を定めています。古さを感じない、とてもすばらしい憲法だと思います。  

行橋市議会 2014-09-08 平成26年 9月 定例会(第12回)-09月08日−02号

4点目、三権分立、及び執行権の及ぶ範囲について、認識の確認をします。  5点目、外国籍者への生活保護の新規受入れ、及び強制送還についてでございます。  資料になります。B1からB4です。これは最高裁の判決全文であります。恐らく、このような通告が出ておりますから、全て読んできていると考えて、質問をさせていただきます。  まず1点目、問わせていただきます。

宗像市議会 2014-07-10 宗像市:平成26年第2回定例会(第7日) 本文 開催日:2014年07月10日

集団的自衛権行使の容認は閣議決定され、関連法案の議論が進められようとしていますが、改めて国政において三権分立が機能するよう、国民主権政治が貫かれるよう、強く要望します。したがって、この意見書の提出に賛成します。 ◯吉田益美議長  ほかにございませんか。  

古賀市議会 2013-12-13 2013-12-13 平成25年第4回定例会(第4日) 本文

204 ◯議員(15番 吉住 長敏君) 日本法治国家の中では、司法行政云々、議会ということで、三権分立であるわけですけれども、市長は行政権限を行使する最高の長という立場であるわけです。いずれにしましても、市長の上告に関する最高裁の判断は下されるでしょう。  裁判の確定に関して問います。

行橋市議会 2013-12-09 平成25年12月 定例会(第8回)-12月09日−02号

先程、ここは議会であって法廷ではございませんというふうに言いましたが、三権分立というものがございます。地裁とはいえ判決が出ており、報道に載っております。そしてここ公の場で議事録に残る形で私は要望させて頂きました。この状態で、この川崎市の状態から、さらに後退するようなアンケート内容であったら、それこそ何らかの圧力があったのではないか等の誤解を生みかねないと考えております。

  • 1
  • 2