3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野城市議会 2005-03-17 平成17年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2005-03-17

市民にとって、バスは最も身近な地域に密着した公共交通機関であり、増加の一路をたどる高齢者障害者や子どもたちなど、自分でマイカーなどを運転できない人たちに不可欠な交通機関であると言われております。さらに、バス事業者や行政地方自治体などの側からのバス活性化、交通改善の取り組みと課題を整理し、バス公共交通の活性化事例をさまざまな形で検討していく必要があります。  

宗像市議会 2001-12-07 旧宗像市:平成13年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2001年12月07日

5月28日でしたか、日赤看護大学で行われた大学のまちシンポジウムで、基調講演の講師の九州保健福祉大学教授の峰尾一路さんですか、のお話で、大学の公開講座から市民大学院に発展させて、地域市民自治を引っ張る人を育てているということを聞きました。大学との連携を地域コミュニティにつくり、特にリーダーの養成に活用することは検討されていますでしょうか、お聞きいたします。それが1点ですね。  

大野城市議会 2000-03-16 平成12年第1回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2000-03-16

近年の出生率は、低下の一路をたどり、人口を維持するに必要な水準を大幅に下回っております。こうした急速な少子化は、労働人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大など、経済成長へのマイナス効果地域社会の活力の低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に広く深刻な影響を与えることが心配されます。

  • 1