運営者 Bitlet 姉妹サービス
1194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 また、コンセッションを導入するとされるコンベンションセンターによる一体運営についても、リスク分担が不明朗かつ不公正になると考えられ、公共施設の運営手法としては問題であると考えます。  また、議案第237号、第3給食センター整備運営事業に係る契約の締結についても、積算根拠や事業効率性の根拠は不透明で、議会として費用対効果についての検証ができないことは問題です。   もっと読む
2018-12-05 直方市議会 平成30年12月定例会 (第3日12月 5日) 企業側としては、返礼品の拡大継続を見込んだ人的や設備的な投資を行うケースもあるため、やはりリスクを見込んだ丁寧な状況説明が行政側として企業に対する親身な対応であるのではないかというように考えておりますが、現在の事業者側への説明対応状況についてお教えいただければと思います。 もっと読む
2018-12-04 直方市議会 平成30年12月定例会 (第2日12月 4日) 議員御案内の児童相談所強化プランでは、児童の健康や性格行動、保護者の育児・養育能力、世帯の経済状況、親族との関係などを記録し、真につなげるためのリスクアセスメントシートの活用を推進していくようになっております。潜在的な虐待リスクを事前に見つけ出し、虐待に至る前に原因を取り除く手当てをする。客観的な視点から保護の要否を判断し対応するリスクアセスメントが重要になっております。   もっと読む
2018-09-27 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第7日 9月27日) 場合によっては、訴訟に発展するリスク等も考えられることから、今回の条例案においては事業者名の公表については規定しておりません。以上です。 ○1番(安永浩之)  今、第6条、第7条についてはわかりました。 もっと読む
2018-09-26 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第6日 9月26日) 元本割れするようなリスクは抱えられませんけども、少しでも歳入確保という点では有益なことだろうとは思っております。  先ほど答弁ありましたように、国債の売却による売却益が五百数十万円ということで、結構大きく占めております。じゃあ、この国債の売却のタイミングは、どのように、誰が判断してやっているのか、お尋ねをいたします。   もっと読む
2018-09-21 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第4日 9月21日) ○こども育成課長(熊井康之)  まず、議員御案内のマニュアルには、不育症の定義やリスク因子、その検査や治療法について詳しくわかりやすく書かれております。また、当事者はもとより家族全体の精神的ケアの重要性も記載されているところです。 もっと読む
2018-09-19 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号 ところが、温暖化が進むと蒸発する水分が大幅にふえ、その結果、水分を奪われた陸地では乾燥化が進み、干ばつや火災のリスクも増す。  一方、熱帯の海では、さらに大量の水が蒸発し、大気中に含まれるようになる。しかも、海水が蒸発するときに奪う熱が型を変えて大気を運動させるエネルギーになるため、台風などの暴風雨が強く発達しやすくなる。 もっと読む
2018-09-18 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月18日−04号 特に、平成27年度から対象を40歳までにリスク検査、ABC検査というのを開始されて、約3割の方が受診者の中で陽性反応の結果で、早い段階でのピロリ菌の除菌につながって胃がん撲滅の効果が顕著であるという旨のこの説明も受けて帰って参りました。  この胃がんリスク検査、ABC検査の効果、メリットについて、担当課の認識というか、どういうような考えをお持ちなのか、この点をお尋ねいたします。 もっと読む
2018-09-14 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月14日−03号             │  する留意点について  │      │       ││  │・保健行政について   │・胃がん対策について   │      │市長     ││  │            │ @胃がん検診の内容につい│      │関係課長   ││  │            │  て          │      │       ││  │            │ A胃がんリスク もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 保健所設置主体の変更事由に、1、設置意義の変遷、2、設置要件との乖離、3、都市機能の縮小、4、財政基盤の脆弱性、5、専門職確保の困難性等、6、健康危機対応のリスク、7、災害時等対応のリスクが挙げられていますが、私は今日の本市の市政運営上、変更事由として財政基盤の脆弱性を最も重視しております。   もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) 今後の危機管理体制についてでございますけれども、現状におきましても、先ほど述べましたように、災害の際には市長直轄の体制に移行しており、現行の組織機構でも機能していると考えるところでございますが、近年の災害発生の状況やさまざまなリスクに的確に対応して市民の皆様方の生命財産を守り、日常の生活、事業活動を確保していくためには、より機能的な組織体制を構築していく必要があると考えております。   もっと読む
2018-09-07 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月07日−02号 また、近年は、人口減少に伴う都市機能の縮小や財政状況の悪化等から、保健所機能を維持していくための専門人材や資機材の確保に苦慮し、市民の健康危機管理や災害時対応等へのリスクにつながりかねない、厳しい業務運営を余儀なくされております。   もっと読む
2018-06-25 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第6日 6月25日) やっぱりそういうところも考えて、この、もし、こういったのがあるときに、やっぱりそのリスクをしょうわけですから、その中で誘致する企業のめどがある程度立っているのか、また予算的なめどはある程度ついているのか、この2点についてお答えをお願いいたします。   もっと読む
2018-06-22 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第5日 6月22日) できるだけリスクを減らすことも大事なことではないかと思います。  それでは、直方市の地質等について、どのようなもので構成されているのか、お尋ねいたします。 ○総務・コミュニティ推進課長(村津正祐)  遠賀川、彦山川、犬鳴川の周辺部の低地層につきましては、砂、れき、粘土からなる沖積層が分布しております。遠賀川の東側につきましては、砂岩、頁岩、れき岩からできた洪積層が多く分布しております。   もっと読む
2018-06-21 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第4日 6月21日) 金額については適正に振り込みはされておりましたけれども、そのような一旦個人の口座に振り込むということがコンプライアンス上どうかという、非常に、節約をするという名目でありながら、やはりリスクを負うようなそういう会計処理をしていたということは不適切であろうという判断をいたしております。以上でございます。 ○14番(貞村一三)  ありがとうございます。 もっと読む
2018-06-21 福岡市議会 平成30年第4委員会 開催日:2018-06-21 28 △ 他都市の事故については、国土交通省からの情報提供のほか聞き取り調査などを行い、本市交通局でのリスクの洗い出し及び対応策の検討を行っている。ヒヤリハット事案については、大きな事故につながらないよう情報の共有に努めている。 もっと読む
2018-06-21 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月21日−04号 また、人事秘書課において、交通事故のリスクという研修の伝達研修を平成28年7月と10月の2回に実施しております。  しかしながら、事故件数が減少していない状況に鑑み、今年度の安全運転管理者研修会後に伝達研修を実施し、今後も注意喚起を行っていく予定としております。  以上です。 ○議長(山倉敏明) 田上議員。 ◆8番(田上孝樹) それでは次に、近隣市町の設置状況についてお聞きいたします。 もっと読む
2018-06-20 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第3日 6月20日) そういった事務を行う上で、事前に法的判断をすることで想定されるリスク等を事前に予見して回避することができることもございます。また、気軽に法的なアドバイスを受けられることで対応の迅速化が図られ、確実性が向上する、また、知識や経験値からくる職員間での対応の格差も縮小されるということが考えられます。また、効率的で的確に業務推進に大きく寄与できるということもあります。   もっと読む
2018-06-20 春日市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018-06-20 監査委員は、長による内部統制体制の整備、及び運用の状況をチェックするとともに、その結果を踏まえた監査を実施することにより、リスクの高い分野の監査を集中して行うなど、専門性の高い部分に重点化した監査を行うことが可能となる。 もっと読む
2018-06-19 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号 ただ、現在は、年に1億5,000万円、毎日に割れば、毎日40万円のリスクが出ているという現実を、これは厳しく受けとめなければいけないと思います。  したがって、今、先ほど私が説明して、いろんな関係団体等々と、この作業は国、県も含めて同時並行的に進めるべきだ。 もっと読む