19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

行橋市議会 2016-12-13 平成28年12月 定例会(第4回)-12月13日−03号

そして先ほど言いましたように、基金が約100億円ということは、これもラフな言い方になりますけども、行橋市の今の財政上は、見かけ上分からないところは、国保の12億円を繰上充用している、これは中々分かりにくいトリックがというマイナス面が1点ある。その代わりにそういったトリックなしに見たとおりの数字で判断したら、実質上、借金はゼロなんですよ。

福津市議会 2016-03-15 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月15日−04号

それは、ラフな数値目標を設定していると、数値目標を達成できなかった場合、弁明の余地が出てこないと思われるからでございます。この点、市長はどのようにお考えになっておられるでしょうか。 ○議長(椛村公彦) 小山市長。 ◎市長(小山達生) 安易な状態でそうしたものを考えるべきではないということは、そのとおりだろうというふうに思っております。

大野城市議会 2015-06-10 平成27年予算委員会 付託案件審査 本文 2015-06-10

今までは、関井委員が言われたように、あるのであればもうちょっと出したほうがいいんじゃないですかという、ラフに言えばそういうことです。そういう情報が足りないから、地方も、国民も不安がってますよという意見を上げるんですから、反対というわけではないんですよ。  それから、マイナンバー制度は住基ネットと違って、いろいろな企業が入ってきます。

田川市議会 2012-06-19 平成24年第2回定例会(第2日 6月19日)

そういうことで、きょうはラフな気持ちで心にネクタイを締めて質問をさせていただきます。  市政研究会代表しまして、本日二つの質問をさせていただきたいと思います。まず一つは、田川の国際交流について、二つ目は、もうそろそろ動き始めると思われます田川の公共下水道について、2点の質問をさせていただきます。  

糸島市議会 2010-03-17 平成22年 第2回糸島市議会定例会・一般質問(第4日) 本文 2010-03-17

37 ◯14番(吉丸克彦君)  今ファームパークはいろいろな取り組みをされておるわけですが、研修会にはもっと多くのグループや個人参加してほしいなと思っておりまして、運営につきましても、もっとラフに、あるいはみんなが善意のもとに、だれもがいつでもどこでも仲間となってイベントの協力、アイデアの提供、おもてなしの提供、そして情報交換等をコーディネートができる

福津市議会 2010-03-10 平成 22年 3月定例会(第2回)-03月10日−03号

このようなラフ予算編成で私はいいのかなという思いでございます。  また、お聞きします。28年度までに5億円の人件費削減を掲げておられます。予算書の採用と退職の状況を見ますと、採用してはいけないとは思いませんよ。退職者9人、採用者9人となっております。その他もろもろ指摘したい点もありますけど、それでは時間が幾らあっても足りません。

小郡市議会 2007-09-19 平成19年 9月定例会-09月19日−04号

して、ここにもがばいばあちゃんとかいろんな、もう本当ラフな格好で、物すごく活発に動いてあります。カウンターとか全然なくて、もうすぐいつでもさっと入っていけるような、もうそこに打ち合わせできるようなテーブルがあるだけですね。

大野城市議会 2006-12-18 平成18年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2006-12-18

268: ◯3番(松下真一) 私もインターネット多賀城市情報を見ましたけれども、多賀城市では要介護認定結果の区分というのは、要介護1、2が障害者控除、3、4、5が特別障害者控除というふうなことで、ランクはラフになっているということを、インターネット上に掲示されてあります。  

大牟田市議会 2003-09-12 平成15年 9月 定例会(第423号)-09月12日−02号

ほかにも適正化の目標を掲げておりますが、これらの給与全般にわたる取り組みによりまして、本市職員給与はラスパイレス指数で申し上げますとちょっとラフな試算になりますから、限りなく100に近い水準と申し上げておきたいと存じます。  一方では、これらの取り組みは職員にとっては大きな勤務条件の変更でありますことから、職員の十分な理解と協力を得ることも必要であります。

大牟田市議会 1997-03-06 平成 9年 2月 定例会(第391号)-03月06日−02号

こういった方々が国保に大量に入ってこられた場合の財政への影響は、先ほど市長が答弁いたしましたとおりでございますけれども、国保の運営は医療費国庫負担等のほかは保険者の国保税で賄うという仕組みでございますので、医療費が高齢化等で一定水準以上の方で、しかも担税力が軽減制度に該当するぐらいの方ということになりますと、財政的にも大きな影響が考えられまして、極めてラフな推計でございますけれども例えば1,000

  • 1